林董

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
林董
Tadasu Hayashi.png
生年月日 1850年4月11日
出生地 Japanese crest Hotta Mokkou.svg 佐倉藩(現千葉県佐倉市
没年月日 1913年7月20日(満63歳没)
死没地 日本の旗 日本 神奈川県三浦郡葉山村
称号 勲一等旭日桐花大綬章伯爵

内閣 第1次西園寺内閣
在任期間 1906年 - 1908年

内閣 第2次西園寺内閣
在任期間 1911年 - 1912年
テンプレートを表示
後列右から2番目

林 董(はやし ただす、嘉永3年2月29日1850年4月11日) - 大正2年(1913年7月20日)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣明治時代の日本外交官政治家伯爵蘭方医佐藤泰然の5男で初代陸軍軍医総監・男爵松本良順は実兄。幼名は信五郎、名は董三郎(とうさぶろう)とも。変名、佐藤 東三郎(さとう とうさぶろう)。

生涯[編集]

嘉永3年(1850年)、下総佐倉藩(現在の千葉県佐倉市)の蘭方医佐藤泰然・たき夫妻の末子として生まれた。文久2年(1862年)、姉つるの夫で江戸幕府御典医林洞海の養子となり林董三郎と改名、両親と横浜に移り住み宣教師ジェームス・カーティス・ヘボンの塾(ヘボン塾、後の明治学院大学)で英語を学んだ。

慶応2年(1866年)、幕府の留学生として川路太郎中村正直らとイギリスへ渡りユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンキングス・カレッジ・ロンドンで勉強していたが、慶応4年(明治元年、1868年)6月に帰国、幕府滅亡後は縁戚の榎本武揚率いる脱走艦隊に身を投じ、箱館戦争時には佐藤東三郎と名乗った。翌明治2年(1869年)の敗戦後捕らえられるも明治3年(1870年)に釈放、兄松本良順の紹介で陸奥宗光と知り合い、翌4年(1871年)の陸奥の神奈川県知事赴任に伴い横浜へ戻り県庁へ出仕、続いて外務省に転勤して岩倉使節団に加わり、再度の外遊へ赴いた。

旅行中に工部大輔伊藤博文と知り合い、彼の依頼で海外工学の調査とヘンリー・ダイアーを始めとする外国人教師を選出し明治6年(1873年)5月に帰国、工部卿に昇進した伊藤の下で働き工部大学校設立に従事、以後工部省に移り工部省権大書記官まで進み、明治15年(1882年)に宮内省書記官も兼任、同年の有栖川宮熾仁親王ロシア皇帝アレクサンドル3世戴冠式列席に随行した。翌明治16年(1883年)に帰国、明治18年(1885年)の伊藤による内閣制度誕生につき工部省が廃止されると、代わりに新設の逓信省へ大書記官として就任、駅逓局長、内信局長を歴任した後、明治21年(1888年)に香川県知事、明治23年(1890年)に兵庫県知事を経験した[1]

明治24年(1891年)、外務次官に任じられ外務省へ戻り、第1次松方内閣外務大臣で旧知の榎本武揚、および第2次伊藤内閣の外務大臣陸奥宗光の外交を支えた。明治28年(1895年)に日清戦争の処理と三国干渉の対応に追われ、5月に特命全権公使として赴任、10月に日清戦争の功績で男爵に叙せられる。明治30年(1897年)に第2次松方内閣下の駐露公使に任命されロシアへ赴任(スウェーデンノルウェー特命全権公使も兼任)、明治32年(1899年)のオランダハーグで開かれた万国平和会議に委員として出席、翌明治33年(1900年)に駐英公使となりイギリスへ移り住んだ。

明治34年(1901年)、ドイツ代理大使から日独英三国同盟の提案が行われ、これをきっかけにして日英間の交渉が始まった。林は本国の指示でイギリス外務大臣の第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスと交渉を重ね、明治35年(1902年1月30日ロンドンで第一次日英同盟を調印した。この功績で2月に子爵に昇叙された。また明治36年(1903年5月、イギリスのエンパイア・ロッジ・ナンバー2108にてフリーメイソンに入会[2]。翌37年(1904年)には同ロッジのマスター(総責任者)に就任。日本人初のロッジ・マスターとされる。

日露戦争後の明治38年(1905年12月2日、ロンドンの在英日本公使館が昇格して大使館となった。それに伴い林は初代駐英大使に任命され、日本の外交官としては初めての特命全権大使となった。同年に第二次日英同盟を締結、明治39年(1906年)に日本へ帰国して西園寺公望首相の下で外務大臣として入閣(第1次西園寺内閣)。翌明治40年(1907年)に日仏協約日露協約第三次日韓協約と次々締結、功績により伯爵に叙せられた。明治41年(1908年)の倒閣で外務大臣を辞職、明治42年(1909年)から翌43年(1910年)にかけて口述筆記『後は昔の記』を制作・刊行。

明治44年(1911年)に西園寺が再び政権を樹立すると逓信大臣として第2次西園寺内閣へ入り、一時外務大臣も臨時の形で兼ねたが、大正元年(1912年)に内閣総辞職で引退。翌大正2年(1913年)7月20日に脳溢血のため[3]葉山で死去、享年63。墓所は東京都港区青山霊園神奈川県大磯町妙大寺にある[4]

官歴・履歴[編集]

※日付は明治4年まで旧暦
  • 嘉永3年(1850年)2月29日、誕生。幼名信五郎。
  • 文久2年(1862年)6月、幕府医家林洞海の養子となり、林董三郎を称す。
  • 慶応2年(1866年)10月26日、幕命により英国留学生となり、横浜より出航。
  • 慶応4年(1868年)6月、横浜に帰航。その後幕府海軍副総裁榎本武揚に従軍し、開陽丸乗組見習となる。8月、蝦夷函館に赴く。
  • 明治2年(1869年)5月、蝦夷函館政権降伏し、捕虜となり、弘前藩預けの上、禁錮に処せらる。
  • 明治3年(1870年)4月、禁錮の処分を解かれ、横浜に赴く。
  • 明治4年(1871年)9月、神奈川県奏仕出仕に就き、維新政府の地方官僚となる(神奈川県知事は陸奥宗光)。10月、岩倉具視遣外使節団(岩倉使節団)随行二等書記官に異動。11月、外務省七等出仕を兼帯(工部大輔伊藤博文へ依頼による)。11月12日、横浜より出航。時に林董三郎を称す。
  • 明治6年(1873年)5月、横浜に帰航。6月9日、工部省工学寮の工学助(奏任六等)を兼帯(奏任六等外務省二等書記官)し、工部大学校設立に従事(工部卿は伊藤博文)。
  • 年月日不詳、工部寮少丞に異動。
  • 年月日不詳、工部省権大書記官に異動。さらに工部省大書記官に異動。
  • 明治15年(1882年)4月、奏任四等宮内省大書記官を兼帯(有栖川宮熾仁親王の欧州歴訪随行員となったため)。月日不詳、参事院員外議官補を兼帯。
  • 明治16年(1883年)2月、宮内省大書記官の兼帯を解く。
  • 明治18年(1885年)12月22日、工部省廃止に伴い、新設の逓信省大書記官に異動。
  • 明治19年(1886年)3月3日、高等官(勅任官)二等逓信省駅逓局長に異動(第1次伊藤内閣。逓信大臣は榎本武揚)。
  • 明治20年(1887年)3月10日、逓信省内信局長に異動。
  • 明治21年(1888年)12月3日、香川県知事に転出。
  • 明治23年(1890年)3月、兵庫県知事に転出。
  • 明治24年(1891年)6月15日、高等官(勅任官)一等外務次官に転出(第1次松方内閣。外務大臣は榎本武揚)し、外務省総務局長兼帯。8月16日、総務局廃止に伴い、同局長兼帯罷む。
  • 明治28年(1895年)5月21日、外務次官の任を終える。任 特命全権公使[5]。6月22日、清国駐剳特命全権公使として着任(第2次伊藤内閣。外務大臣は陸奥宗光)。10月31日、男爵を授爵し、勲一等瑞宝章に叙勲受章。11月8日、遼東還付条約締結。
  • 明治28年(1896年)7月21日、日清通商航海条約締結。11月2日、清国駐剳特命全権公使の任を終える。
  • 明治30年(1897年)5月25日、露国駐剳特命全権公使として着任(第2次松方内閣。外務大臣は大隈重信)。同日、スウェーデン並びにノルウェーの特命全権公使を兼帯。
  • 明治32年(1899年)9月5日、露国駐剳特命全権公使・スウェーデン並びにノルウェーの特命全権公使の任を終える。12月27日、勲一等旭日大綬章に叙勲受章。
  • 明治33年(1900年)7月6日、英国駐剳特命全権公使として着任(第2次山縣内閣。外務大臣は青木周蔵)。
  • 明治34年(1901年)7月21日段階で従三位
  • 明治35年(1902年)2月27日、子爵に昇叙。第一次日英同盟締結に活躍し成功を得る。
  • 明治37年(1904年)、不平等条約の改正外交に現場として活躍。
  • 明治38年(1905年)12月2日、駐英公使が大使に昇格するに伴い、英国駐剳特命全権大使となる(第1次桂内閣。外務大臣は小村寿太郎)。第二次日英同盟締結に活躍。
  • 明治39年(1906年)3月19日、英国駐剳特命全権大使の任を終える。 4月1日、勲一等旭日桐花大綬章に叙勲受章。5月19日、外務大臣として入閣(第1次西園寺内閣)。以後、日仏協約・日露協約・第三次日韓協約(反故条約)締結に及ぶ。
  • 明治40年(1907年)9月14日、伯爵に昇叙。
  • 明治41年(1908年)7月14日、西園寺内閣総辞職に伴い、外務大臣を辞す。
  • 明治43年(1910年)5月段階で正三位。
  • 明治44年(1911年)8月30日、逓信大臣(第2次西園寺公望内閣)となり、外務大臣を臨時兼任。10月16日、外務大臣臨時兼任を解く。
  • 大正元年(1912年)12月5日、西園寺内閣総辞職に伴い、逓信大臣を辞す。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

家族[編集]

平成新修旧華族家系大成』と『近代日本の万能人・榎本武揚』と『蘭医佐藤泰然』を参照[18]

著書[編集]

  • 『有栖川二品親王欧米巡遊日記』(編)回春堂、1883年。
  • 『後は昔の記』時事新報社、1910年。
  • 『後は昔の記他 林董回顧録』(由井正臣校注、平凡社東洋文庫、1970年)

翻訳[編集]

  • ジョン・スチュアート・ミル『彌児經濟論』吉松四郎、1875年
  • テート『訓蒙天文略論』島村利助、1876年
  • ホンフレー・プリドウ『馬哈黙(マホメット)伝』干河岸貫一、1886年
  • 賓雑吾(ベンサム)『刑法論綱』干河岸貫一、1879年
    • 日本立法資料全集 別巻 406 信山社出版、2006年
  • 『泰西政史』抄訳 回春堂、1881年
  • マキァヴエリ羅馬史論』博文館、1906年
  • 『修養の模範』訳編 丙午出版社、1909年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本外交史辞典、P842、朝日新聞社、P1342 - P1343、臼井、P848、榎本、P291 - P292。
  2. ^ 七人の有名な日本人メィーソン”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月30日閲覧。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)23頁
  4. ^ 日本外交史辞典、P842、朝日新聞社、P1343、臼井、P848、榎本、P293。
  5. ^ 『官報』第3567号「叙任及辞令」1895年5月23日。
  6. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3151号「叙任及辞令」1893年12月28日。
  9. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  10. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  11. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  13. ^ 『官報』第7266号「授爵・叙任及辞令」1907年9月16日。
  14. ^ 『官報』第286号「叙任及辞令」1913年7月12日。
  15. ^ 『官報』第2430号「叙任及辞令」1891年8月5日。
  16. ^ 『官報』第2503号「叙任及辞令」1891年10月31日。
  17. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  18. ^ 村上、P19 - P20、霞会館、P376、榎本、P292、P332。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


公職
先代:
後藤新平
日本の旗 逓信大臣
第19代:1911年 - 1912年
次代:
後藤新平
先代:
西園寺公望
日本の旗 外務大臣
第21代:1906年 - 1908年
次代:
寺内正毅