山崎隆一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山崎 隆一郎(やまざき りゅういちろう、1944年 - )は、日本の外交官国連大使外務報道官や在フィリピン特命全権大使アジア生産性機構事務総長等を務めた。

人物[編集]

東京都出身。1967年一橋大学卒業、外務省に入省。北米局北米第一課長、イギリス公使、国連大使等を経て、2000年外務報道官就任。

2000年8月17日には外務報道官として「本記事では、日本が第二次大戦中の行為について、中国に対して一度も謝罪をしていないと書かれているが、実際には日本は戦争中の行為について繰り返し謝罪を表明してきている。とりわけ、1995年8月に、村山(当時総理)が公式談話を発表し、日本が「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」と述べ、「痛切な反省の意」と「心からのお詫びの気持ち」を表明し、また、1998年に、小渕(当時総理)が、日本を公式訪問した江沢民に対して、村山談話を再確認している。」と述べた。

2004年に駐フィリピン特命全権大使に就任、2007年にはフィリピンの中間選挙の公正さを確保するため、外国人監視団の一員として、投開票を見守った[1]。また同年ミンダナオ島イスラム教徒ミンダナオ自治地域シャリフ・カブンスアン州に訪れ、モロ・イスラム解放戦線の最高指導者ムラド議長と会談、日本の支援事業に対する安全確保を要請し、ムラド議長は、日本政府の支援への感謝を表明した[2]

2009年退官、同年立命館アジア太平洋大学客員教授[3]奈良県特別顧問、アジア生産性機構事務総長を経て、トヨタ財団理事、国際大学国際関係学研究科客員教授。

ボクシング陸上競技の経験があり、大学時代は100メートル競走で11秒3を記録、イギリス公使時代にはロンドンマラソンで2度完走した[4]

経歴[編集]

同期[編集]

外務省入省同期には、上田秀明(人権人道大使)、竹内行夫(外務次官)、高野紀元(駐韓大使、外務審議官)、阿南惟茂(駐中国大使)、浅見真(駐コロンビア大使)、阿部知之大臣官房長)、渡辺俊夫(駐アルゼンチン大使)、阿部信泰(ウィーン代表部大使)、西村六善OECD大使、欧亜局長)、渡辺彬(駐アルジェリア大使)、天江喜七郎(駐シリア大使、中近東アフリカ局長)、黒川祐次(駐ウクライナ大使)など。

著作[編集]

  • 「Key Person 山崎隆一郎 外務省 特命全権大使 国際貿易・経済担当--貿易交渉は一つの「生き物」」(川島睦保と共著)週刊東洋経済.(5834)、2003年7月5日
  • 「冷戦後の主要国間の防衛交流」外交フォーラム. 12(4)(通号 128)、1999年4月
  • 「ガット・ウルグアイ・ラウンドの展望(国際貿易体制の変容<焦点>)」国際問題(通号 357)、1989年12月
  • 「Op-Edから見た世界(1)(2)(3)(4)」外交フォーラム. 13(8)(通号 144) [2000.08] 他多数。

脚注[編集]

  1. ^ フィリピン中間選挙 進む与党離れ 2007年5月25日
  2. ^ 2007年7月5日毎日新聞
  3. ^ ニュース : 日本外交の課題-薮中外務事務次官特別講義を実施、2009-5-18 17:33:02、立命館アジア太平洋大学
  4. ^ 山崎隆一郎さん:フィリピン特命全権大使/NNA.ASIA、2005年3月15日
先代:
竹中繁雄
アジア生産性機構事務総長
2010年 - 2013年
次代:
天野万利