小倉和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小倉 和夫(おぐら かずお、1938年11月15日 - )は、日本の外交官。学者。韓国大使フランス大使、国際交流基金理事長などを務めた後、青山学院大学教授、立命館大学教授、日本財団パラリンピックサポートセンター理事長。東京都出身。父親の小倉武一は政府税調会長を務めた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

同期[編集]

外務省同期入省には、高瀬尚一(駐バチカン大使)、西村元彦(駐ポルトガル大使)、丹波實木島輝夫(駐アルゼンチン大使)、木村崇之(EU大使)、川島純(駐ニュージーランド大使)、池田右二(ウィーン国際機関大使)、宮本信生(駐チェコ大使)、荒船清彦(駐西大使、中南米局長)、大和田悳朗(駐ユーゴ大使)、荒義尚(駐比大使)、久保田穣(駐パキスタン大使)、国安正昭(駐ポルトガル大使)など。

エピソード[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
藤井宏昭
日本の旗 国際交流基金理事長
2003年 - 2011年
次代:
安藤裕康
先代:
林貞行
日本の旗 外務省経済局長
1992年 - 1994年
次代:
原口幸市