内田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 宏(うちだ ひろし、1918年大正7年)2月23日 - 2014年平成26年)8月25日)は日本の外交官、元駐フランス大使。山梨県出身。

略歴[編集]

  • 1918年(大正7年) - 五郎の長男として生まれる。
  • 1941年(昭和16年) - 東京大学法学部を卒業、外務省へ入省。
  • 1969年(昭和44年) - ニューヨーク総領事
  • 1972年(昭和47年) - 駐ザイール大使
  • 1974年(昭和49年) - 外務省大臣官房儀典長
  • 1977年(昭和52年) - 駐オランダ大使
  • 1981年(昭和56年) - 駐フランス大使
  • 1984年(昭和59年) - 退官。
  • 1985年(昭和60年) - ソニー顧問
  • 2014年(平成26年)8月25日 - 急性呼吸不全のため、東京都渋谷区の病院で死去、96歳[1]
  • その他、外務省経済局総務参事官、外務省大臣官房外務参事官を歴任した。

同期[編集]

同期に西堀正弘(国連大使)、魚本藤吉郎(駐ソ連大使)、吉野文六(駐独大使)、奈良靖彦(駐加大使)、人見鉄三郎(駐コスタリカ大使)など。

脚注[編集]

  1. ^ 内田宏さん死去 元駐フランス大使 著名人の葬儀 2014年8月29日

参考文献[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年