佐藤愛麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤愛麿

佐藤 愛麿(さとう あいまろ(よしまろ)、1857年4月22日安政4年3月28日〉 - 1934年昭和9年〉1月12日、満76歳没)は、日本のメソジスト牧師、後に外交官宮中顧問官になった人物である。

生涯[編集]

弘前藩家老山中逸郎泰靖の次男として生まれる。幼名を次郎と言った。勘定奉行佐藤清衡の養子になり、20歳の時に愛麿と改名する。

1875年(明治8年)ジョン・イングより洗礼を受ける。弘前バンドの一人として伝道に従事する。東奥義塾創設と同時に入学する。弘前公会の設立に参画する。

1876年(明治9年)に菊池九郎本多庸一、イングに引率されて、東北巡幸中の明治天皇に謁見し、珍田捨巳伊東重らと共に英文演説を奉呈した。

1877年(明治10年)イングの紹介で、アメリカアズベリー大学に留学する。1881年(明治14年)10月に帰国後、美会神学校の教授になる。

その後外務省に入り、在外公使館の書記官として海外勤務に就く。1900年(明治33年)には在メキシコ特命全権公使、1905年(明治38年)にはポーツマス日露講和会議に際して小村寿太郎の随行員になる。1906年(明治39年)から1913年(大正2年)まで在オランダデンマーク特命全権公使。1914年(大正3年)7月から8月の開戦まで在オーストリア特命全権大使、在スイス公使の兼任は1913年(大正2年)から1916年(大正5年)、1916年(大正5年)から1918年(大正7年)まで在アメリカ合衆国特命全権大使。

1918年(大正7年)外務省を退官すると、宮内省に入り、宮家別当宮中顧問官を務めた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第908号「叙任」1886年7月12日。
  2. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  3. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。
  4. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  6. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第3917号「辞令」1896年7月20日。
  9. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。

参考文献[編集]