森島守人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森島 守人(もりしま もりと、1896年2月16日 - 1975年2月17日)は、日本の外交官政治家衆議院議員(3期)。日米開戦時のニューヨーク総領事、ポルトガル公使などを務めた。

経歴[編集]

石川県金沢市の医師・森島彦夫・民生夫妻の長男として生まれる。金沢第一中学校第一高等学校を経て、1919年東京帝国大学法学部独法科を卒業。同年外務省入省。1928年から1935年まで奉天総領事代理、ハルビン総領事を務めた。その後ドイツ大使館一等書記官を経て、1937年4月東亜局長、翌月北京上海大使館参事官、1939年米国大使参事官、1941年ニューヨーク総領事、1942年ポルトガル公使を務めた。

1946年に外務省を退官。1955年神奈川3区から日本社会党左派で衆議院議員に初当選。統一後の日本社会党では党国際局事務局長、外支部長、政策審議会外務部長を務めた。墓は鎌倉市光則寺にある。

親族[編集]

父親の森島彦夫は石川県甲種医学校(金沢医科大学 (旧制)の前身)出身の医者[1]。 長女・華子の夫は駐インドネシア大使などを務めた八木正男。その娘婿に駐中国大使などを務めた谷野作太郎

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]