松島肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松島 肇(まつしま はじめ、1883年2月20日 - 1961年4月15日)は、日本外交官

経歴[編集]

長野県上伊那郡手良村(現伊那市)に生まれる。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省。ハルビン総領事、一等書記官などを経て、1921年ウラジオストク派遣軍政務部長を命じられる。ロシア外交の艱難な局面に当たり、途絶していた日露通商再開の途を開いた。1923年フランス駐在、1928年ポーランド特命全権公使1931年外務省欧米局長、1932年イタリア特命全権大使を歴任した。

参考文献[編集]

  • 『信濃の誇り』進脩社、1932年
  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年