上月豊久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上月 豊久(こうづき とよひさ、1956年昭和31年)10月25日[1] - )は、日本外交官外務省欧州局長、官房長を経て、2015年平成27年)11月19日からロシア連邦駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

東京都出身。1980年昭和55年)10月東京大学教養学部教養学科在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。1981年(昭和56年)東大教養学部教養学科を卒業して、外務省に入省した[1]

田中眞紀子外相時代に外相秘書官となったが[1]2001年11月1日、指輪を紛失したことを上月の責任にして、買いに行かせられている。また指輪騒動のため、田中外相はイランハラジ外相との会談に遅刻した[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d (日本語) 大使略歴”. 在ロシア日本国大使館. 2016年1月25日閲覧。
  2. ^ (日本語) ロシア大使に上月氏を起用 ドイツ大使は八木氏 上月 豊久氏(こうづき・とよひさ=ロシア大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2015年11月13日). 2016年1月25日閲覧。
  3. ^ 外務大臣秘書官の行為に関する質問主意書”. 衆議院 (2007年4月9日). 2017年8月8日閲覧。
  4. ^ 葬儀では山田が同期を代表して弔辞を読んでいる。【イラク情勢】棺の上にゆかりの品 「涙が止まらない」外務省同期生ら”. 朝日新聞 (2003年12月6日). 2014年3月26日閲覧。(日本語)

外部リンク[編集]