伊集院彦吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
伊集院彦吉
Hikokichi Ijuin.jpg
伊集院彦吉
生年月日 1864年7月22日
出生地 薩摩国鹿児島
没年月日 1924年4月26日(満59歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
出身校 東京帝国大学法科大学政治科

内閣 第2次山本内閣
任期 1923年 - 1924年
テンプレートを表示

伊集院 彦吉(いじゅういん ひこきち、1864年7月22日元治元年6月19日) - 1924年大正13年)4月26日)は、明治大正時代の日本外交官外務大臣男爵

経歴[編集]

伊集院彦吉は1864年7月22日(元治元年6月19日)に薩摩藩鹿児島城下高麗町において、藩士伊集院吉次の長男として生まれた。1890年7月に東京帝国大学法科大学政治科を卒業した後、すぐに外務省に入省した。同期には石井菊次郎がいる。1892年からは翻訳官となり、1893年には 芝罘(のち山東省煙台)の副領事として清朝支配下の中国大陸に渡った[1]。1894年にはロンドンの日本公使館の書記官としてイギリスに赴任し、1896年6月まで務めた[1]。9月には釜山一等領事として大韓帝国に赴任し、仁川の領事も務めた。

1901年2月には天津の領事となり、1902年1月には総領事に昇任した[1]。伊集院は豪放磊落な言動で知られ、周囲からは「伊集院公使」と呼ばれた[1]。彼の領事時代に天津の日本人居留地は拡大し、華北地方における日本の策源地へと成長した[2]。また、北洋大臣直隷総督袁世凱、その部下の唐紹儀と親交を結んだ[3]。1908年6月には北京駐在の特命全権公使となった。しかし1911年に勃発した辛亥革命においては、立憲君主制が存続する見通しを持ち、袁世凱らを支援しようとしたが、袁世凱が革命派に寝返ったことで中華民国が成立した。伊集院は自らの政治的失敗を認め、公使の辞職を上申したが、「貴官ノ進退ハ時局ニ容易ナラサル関係ヲ有スル」という内田康哉外相の裁定によって却下された[3]。1916年にはイタリア特命全権大使として赴任し、15年間駐在した中国大陸を離れた。

第一次世界大戦後に開催されたパリ講和会議においては全権の一人となった。しかし会議の最中に行われた中華民国の猛烈な宣伝工作に対し、日本側は「サイレント・パートナー」と呼ばれる消極的な外交しかできなかった。外務省の若手官僚達は「革新同志会」を設立し、対外アピールのための組織改革を訴えた。1920年4月には外務省内に情報局が設立され[4]、伊集院をその局長とした[5]

1922年には関東長官(関東庁長官)に転じ、外務省を離れた。1923年9月に成立した第二次山本権兵衛内閣では外務大臣となったが、内閣が虎ノ門事件で総辞職したために3ヶ月の在任であった。1924年4月26日、胃ガンのため逝去した。

年譜[編集]

妻の芳子は大久保利通の長女、娘に岩崎藤子がいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 松村正義 2010, pp. 85.
  2. ^ 松村正義 2010, pp. 85-86.
  3. ^ a b 松村正義 2010, pp. 86.
  4. ^ 官制上の設立は1921年8月15日
  5. ^ 松村正義 2010, pp. 87.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
山本権兵衛
外務大臣
第38代:1923 - 1924
次代:
松井慶四郎