立田革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立田 革(たてだ かく、1845年弘化2年) - ?)は、明治期官僚

経歴[編集]

信州松代藩の人物。佐久間象山と郷土を同じくし、一門と蘭学を学ぶ。その後江戸に出て河本幸明の塾に入る。大鳥圭介の紹介で慶應義塾に学ぶ。明治維新で帰郷し藩の兵学校で教鞭を取る。1871年(明治4年)再び上京し、外務省出仕を命じられる。樺太にて日本人とロシア人の間で紛争が起こると「日進艦」に乗り任務を遂行。1874年(明治7年)、中上川彦次郎小泉信吉星亨河島醇らと共にロンドンへ随行。1879年(明治12年)大蔵省書記官となり、太政官書記官、外務省に転じる。1883年(明治16年)サンフランシスコ領事として赴任する。1890年(明治23年)韓国釜山府領事[1][2]となる。

脚注[編集]

参考文献[編集]