田中信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 信明(たなか のぶあき、1946年8月26日 - )は、日本の外交官千葉県出身。

略歴[編集]

千葉県生まれ。東京都立日比谷高等学校を経て東京大学法学部卒業後、1970年外務省入省[1]ケンブリッジ大学キングスカレッジ卒(経済学修士)。世界平和研究所主任研究員(初代、早稲田大学国際部非常勤講師(1987~1992)同志社女子大学教授(2002~2004)、を経験しながら、大洋州課長、企画課長、北米一課長、外務副報道官、北米局そして総合政策局審議官、サンフランシスコ総領事[1]、駐パキスタン大使[1]などを歴任。

国際機関の経験が長く、1980年代には国連広報局に明石康事務次長の下で広報官を、1994-1997年にユネスコ事務次長(財政、人事、総務担当)を務める。その経験を買われ2006-2007年にアナン事務総長を補佐し、国連事務次長(軍縮局長)に任用された。

その後、潘基文事務総長就任後に辞任、2007-2011年まで駐トルコ日本国大使を務める。現在はコンサルタントとして活躍中。

沖縄科学技術大学院大学評議員、日本・中東医学協会理事、センチュリー財団・カーネギー財団共催の「パキスタンに関する国際作業グループ(ピカリング米国・元国務次官座長)」のメンバー。

外務省において、最初のワイン・エクスパートになるとともに、ブルゴーニュ及びボルドー騎士団の一員。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “国連事務次長に田中信明氏 アナン氏任命、4月就任へ”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年3月17日). http://www.47news.jp/CN/200603/CN2006031801000138.html 2012年9月11日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
阿部信泰
国連事務次長(軍縮局長)
2006年-2007年
次代:
事務総長特別代表に組織替え