川上隆朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川上 隆朗(かわかみ たかお、1938年 - )は日本外交官

来歴[編集]

神奈川県生まれ。1961年に東京大学法学部卒業後、外務省に入省する。フランスイタリア英国ザイール(現コンゴ民主共和国)、国連代表部、OECD代表部などでの海外勤務を経て、経済協力局政策課長、審議官を務める。その後、1988年にソ連特命全権公使となる。そして、1990年に経済協力局長を務めた。1994年に駐パキスタン大使となる。1997年には駐インドネシア大使として赴任する。2001年に国際協力事業団総裁(~2003年)、後に外務省参与、国際協力機構顧問、2007年に国際開発高等教育機構理事長を歴任した。2013年、秋の叙勲で瑞宝重光章を受章した。

入省同期に、佐藤行雄(駐オーストラリアオランダ大使、北米局長)、兵藤長雄(駐ベルギー大使、欧亜局長)、村田光平(駐スイス大使)、柳井俊二外務事務次官国際海洋法裁判所判事)、小原武(駐イラン大使、中近東アフリカ局長)、久米邦貞儀典長、駐ドイツ大使)、赤尾信敏(駐タイ大使、国連局長)などがいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『インドネシア民主化の光と影―寛容なるイラスム大国』朝日新聞社、2003年