武者小路公共

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日独防共協定に調印するリッベントロップを見守る武者小路公共

武者小路 公共(むしゃこうじ きんとも、1882年(明治15年)8月29日 - 1962年(昭和37年)4月21日)は日本華族外交官武者小路家第10代当主。爵位子爵位階正二位

生涯[ソースを編集]

子爵武者小路実世の三男として東京府東京市麹町区(のち東京都千代田区)に生まれた。1887年(明治20年)に父・実世が肺結核で死去したため、武者小路家の家督と子爵位を継承した。

東京帝国大学法学部を卒業後外務省に入り、上海総領事館勤務をふりだしにルーマニアユーゴスラビアデンマークスウェーデンの各公使を経て、1933年(昭和8年)に駐トルコ大使、翌1934年(昭和9年)には駐大使に就任、日独防共協定締結の交渉に当たり、日本側全権として同協定に調印した。

1938年(昭和13年)に外務省を退官し、宮内省宗秩寮総裁に転じ、同職を1945年(昭和20年)まで務めた。第二次世界大戦後GHQにより公職追放を受けた。1951年(昭和26年)の追放解除後は、日独協会で会長(初代)を務めた。

没後、正二位に叙せられる。三権の長以外では最後の例である。

栄典[ソースを編集]

家族・縁戚[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

40年にわたるヨーロッパ勤務の経験をもとにした以下の著作がある。

  • 『欧洲の近情』(霞山会館、1935年)
  • 『滞欧八千一夜』(暁書房、1949年)
  • 『道草十万里』(日本評論社、1951年)
  • 『外交裏小路』(大日本雄弁会講談社、1952年)
  • 『冷戦立見席』(大日本雄弁会講談社、1953年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。


先代:
-
日独協会会長
初代:1952年 - 1955年
次代:
高橋龍太郎