世界平和研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所(なかそねやすひろせかいへいわけんきゅうじょ)は、安全保障を中心とする調査研究や、国際交流等を目的とする公益財団法人

概要[編集]

1988年6月28日、「国際社会が直面する課題問題について発信する政策研究提言機関」として閣議了解を経て設立された防衛省所管(厳密には総理府外務省財務省、防衛省、経済企画庁経済産業省主務)の財団法人世界平和研究所(Institute for International Policy Studies)も会長は当初から中曽根康弘である。内容としては「憲法改正案」の提示、各国の選挙制度の研究、中華民国との交流、対中華人民共和国戦略研究などがある。

2011年4月1日公益法人制度改革に伴い、より公益財団法人に移行。

2018年1月1日より公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所(Nakasone Yasuhiro Peace Institute)に名称を変更した[1]

かつては、紀尾井町のザ・フォーラムビル6階に事務所があった[2]

組織[編集]

[3]

主な活動内容[編集]

国際会議の開催等[編集]

  • 19年度のシンポジウム 「海洋国家日本の行方」、「グローバリゼーションと我が国の科学技術戦略」
  • 東アジア・シニアリーダーズ・フォーラム
  • 日台フォーラム「日台関係の現状と展望」
  • 日中国交正常化35周年記念会議

提言・報告書[編集]

出版活動[編集]

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当研究所の名称変更について
  2. ^ 第113回国会 税制問題等に関する調査特別委員会 第7号”. 参議院 (1988年12月8日). 2013年6月2日閲覧。
  3. ^ IIPSについて. 公益財団法人世界平和研究所ホームページ. 2016年12月6日閲覧。
  4. ^ 中曽根康弘賞について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]