自由民主党副総裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自由民主党副総裁(じゆうみんしゅとうふくそうさい)は、自由民主党の役職の一つ。現任は高村正彦(第13代)。

概説[編集]

総裁の次席に位置付けられる役職。副総裁の設置は任意であり、空席であることも多い。党則においては緊急時の総裁代行を除くと、総裁を「補佐する」ことと役員会と選挙対策本部への出席のみが副総裁の権限として規定されており、平常時においては明文上の具体的職掌を持たない。さらに幹事長が選挙対策、国会運営、党務全般を掌握していることから、その職務範囲は必ずしも明確にはされていない。

しかし、歴代の副総裁にはいずれも党の重鎮が就任していることから、副総裁はただの名誉職としてではなく党運営について少なからぬ影響力を発揮することもしばしばである。例えば、1974年田中角栄が総裁を辞任した際には、副総裁の椎名悦三郎がいわゆる「椎名裁定」を下して三木武夫を後継総裁に指名した。

初期の頃は副総裁の人選は党内調整のために党内の中間派閥の領袖が選出されていた。

大平正芳が総裁となって以降、副総裁の人選は総裁選の当落を左右する為に最大派閥(田中派竹下派→小渕派)から選出される様になった。小泉純一郎が総裁となってからは派閥の弱体化もあり、再び中間派閥の領袖・幹部が起用される例が続いている。

なお、副総裁が総裁代行となった例は、1980年西村英一が、総理総裁だった大平正芳の死去により短期間その役目を務めたことがあるだけである。このとき首相臨時代理官房長官伊東正義が務めており、選挙中でもあったので西村の代行は党務に限定されたものとなった(もっとも、自民党政権で党四役が入閣した例はなく、首相臨時代理を必要とする段階で閣外から新たに入閣させて首相臨時代理とすることも考えにくいため、総理代理と総裁代理は常識的には分離される)。この選挙で西村は現職副総裁ながら落選したが、後任総裁・鈴木善幸の就任後もしばらく副総裁の職に留まった。

2003年の総裁選で再選した小泉純一郎の下で副総裁になった山崎拓の場合は、自身のスキャンダルが報じられるなか「山崎幹事長ではきたる総選挙に勝てない」との理由から、いわば祭り上げの形で昇格となった。もっとも「選挙の顔」として後任の幹事長となった安倍晋三は党役員や閣僚経験が一切ない異例の抜擢であり、山崎が後見の形で選挙を事実上指揮することが織り込まれていた。しかし山崎自身は落選し直後に副総裁を退任する。上記の西村の例とあわせて現職副総裁の落選例は計2例となり、これは総裁・幹事長の落選例がないことと対照的である。

2010年谷垣禎一の下で副総裁に就任した大島理森の場合は、幹事長として直前の参院選で勝利した功績に報いる一方で党三役の若返りのバランスをとるため、幹事長からの昇格という形がとられた。

2012年の総裁選で勝利した安倍晋三の下で副総裁になった高村正彦の場合は、総裁選において麻生太郎と組んで安倍の当選に尽力した高村を後見役にする意味合いが強かった。また、暮れの第46回衆議院議員総選挙第2次安倍内閣が発足すると麻生が副総理に就任し、高村が党側、麻生が政府側の後見役という構図が出来上がった。一方で、組閣の際に高村の外務大臣への起用が検討されたが、国会への出席義務がある大臣よりも、外部から追及を受けない自由な立場で外交を担いたいとの本人の希望により、副総裁への留任となった。外相経験者であり日中友好議員連盟会長であることから、尖閣諸島問題などで悪化する日中関係においての貢献が期待されていた。高村は2013年以降毎年訪中するなど外交で影響力を発揮する一方、内政面では、2015年のいわゆる平和安全法制の法案段階における与党内調整や、2017年天皇退位問題における国会議長のもとでの与野党調整などを主導した。高村は2017年に行われた第48回衆議院議員総選挙には出馬せず、国会議員の身分を失ったが、安倍総裁は高村を含む党幹部の続投を決めたため、前述の鈴木総裁下の西村の例に次いで2度目の非国会議員の副総裁になっている。

歴代自由民主党副総裁では、大野伴睦、川島正次郎、椎名悦三郎、二階堂進は副総裁在任時に、日本のプロレスコミッショナーにも就任しており、プロレスファンからはタイトルマッチの認定宣言でもなじみ深い。特に、大野伴睦は力道山の後援者としても有名である。他にも金丸信、山崎拓は学生時代に柔道家としてならし、高村正彦は少林寺拳法の愛好家で横綱審議委員会委員を務めるなど格闘界との縁が深い。

歴代自由民主党副総裁一覧[編集]

氏名 就任日
退任日
出身 総裁
- 鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
1 大野伴睦
Banboku.jpg
1957年7月
1960年7月
大野派
- 池田勇人
2 大野伴睦
Banboku.jpg
1961年7月
1964年5月
大野派
3 川島正次郎
川島正次郞.jpg
1964年7月
1966年12月
川島派
4 佐藤栄作
-
5 川島正次郎
川島正次郞.jpg
1967年11月
1970年11月
川島派
-
6 椎名悦三郎
Etsuzaburo Shiina.jpg
1972年8月
1976年12月
椎名派 田中角栄
7 三木武夫
- 福田赳夫
8 船田中
Naka funada1932.jpg
1977年11月
1978年12月
船田派
9 西村英一 1979年1月
1980年11月
田中派 大平正芳
10 鈴木善幸
-
中曽根康弘
11 二階堂進
Nikaido Susumu 1-1.jpg
1984年4月
1986年7月
田中派
-
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹
宮沢喜一
12 金丸信 1992年1月
1992年8月
竹下派
- 河野洋平
13 小渕恵三
Keizo Obuchi cropped 2.jpg
1994年7月
1995年10月
小渕派
- 橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎
14 山崎拓
Taku Yamasaki-Public speaking-20050409.jpg
2003年9月
2003年11月
山崎派
-
安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
谷垣禎一
15 大島理森
Queen's Birthsday Party 2016 (26830017170).jpg
2010年9月
2012年9月
高村派
16 高村正彦
Komura Masahiko 1-3.jpg
2012年9月
(現職)
麻生派 安倍晋三

※…副総裁の太字は、後に総裁に就任した人物。

記録[編集]

2017年2月現在[1]

  • 通算在任期間最長 大野伴睦 2142日
  • 連続在任期間最長 高村正彦 1585日(継続中)

脚注[編集]

  1. ^ 高村副総裁.連続在任1位へ 29日で1585日毎日新聞

関連項目[編集]