中曽根康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中曽根 康弘
なかそね やすひろ
Yasuhiro Nakasone in Andrews cropped.jpg
生年月日 1918年5月27日(95歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県高崎市
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務省官僚
拓殖大学総長・理事長
現職 世界平和研究所会長
拓殖大学名誉総長
所属政党 民主党→)
国民民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党→)
無所属→)
自由民主党
称号 従六位
大勲位菊花大綬章
衆議院名誉議員有資格者
法学士(東京帝国大学・1941年
フランス共和国ルイ・パスツール大学名誉博士
中華人民共和国上海交通大学名誉教授
群馬県名誉県民
正論大賞特別賞
親族 長男・中曽根弘文
配偶者 妻・中曽根蔦子
サイン NakasoneY kao.png

日本の旗 第71-73代 内閣総理大臣
内閣 第1次中曽根内閣
第2次中曽根内閣
第2次中曽根第1次改造内閣
第2次中曽根第2次改造内閣
第3次中曽根内閣
任期 1982年11月27日 - 1987年11月6日
天皇 昭和天皇

内閣 鈴木善幸内閣
鈴木善幸改造内閣
任期 1980年7月17日 - 1982年11月27日

日本の旗 第34-35代 通商産業大臣
内閣 第1次田中角榮内閣
第2次田中角榮内閣
第2次田中角榮第1次改造内閣
第2次田中角榮第2次改造内閣
任期 1972年7月7日 - 1974年12月9日

日本の旗 第25代 防衛庁長官
内閣 第3次佐藤内閣
任期 1970年1月14日 - 1971年7月5日

選挙区 旧群馬3区→)
比例北関東ブロック
当選回数 20回
任期 1947年4月26日 - 2003年10月10日

その他の職歴
日本の旗 第25代 科学技術庁長官
(1972年7月7日 - 1972年12月22日
日本の旗 第38代 運輸大臣
1967年11月25日 - 1968年11月30日
日本の旗 第7代 科学技術庁長官
1959年6月18日 - 1960年7月19日
テンプレートを表示

中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年(大正7年)5月27日 - )は、日本政治家位階従六位勲等大勲位

衆議院議員(20期)、科学技術庁長官(第725代)、運輸大臣第38代)、防衛庁長官第25代)、通商産業大臣(第3435代)、行政管理庁長官第45代)、内閣総理大臣(第717273代)、自由民主党総務会長自由民主党幹事長自由民主党総裁(第11代)などを歴任した[1]

概要[編集]

衆議院議員連続20回当選(1947年2003年)。現職は財団法人世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長理事長、名誉総長東アジア共同体評議会会長。新憲法制定議員同盟会長。

職歴は内務省大日本帝国海軍を経て、内務省に再勤、退官後、衆議院議員選挙に立候補。以来、中曽根派を形成するなど自由民主党内で頭角を現し、科学技術庁長官をはじめとして運輸大臣防衛庁長官通商産業大臣行政管理庁長官などの閣僚経験を経て、内閣総理大臣となる[1]2004年(平成16年)7月19日鈴木善幸が亡くなったことにより最年長の首相経験者となり、昭和時代の歴代総理大臣の中で最後の存命者となった。

公称身長178cmであり、歴代の内閣総理大臣では2位の長身と言われている(1位は大隈重信の公称180cm)[2]

血液型はO型。

略歴[編集]

来歴・人物[編集]

内務省入省まで[編集]

群馬県高崎市材木商・中曽根松五郎の次男として生まれた。生家は関東有数の材木問屋「古久松」である。敷地は3ヘクタール(3万平方メートル)もあって、そこに住居と工場があり、働いている職人が中曽根の学生時代には150人、住み込みの女中が20人ぐらいは常時いたという[3]

地元の小学校へ進学後、旧制高崎中学旧制静岡高校を経て東京帝国大学法学部政治学科へ進む。

同大学を卒業後、内務省に入省。同期入省組に早川崇小沢辰男大村襄治らがいた[4]

海軍時代[編集]

短期現役制度に応募し、1941年(昭和16年)8月に大日本帝国海軍海軍経理学校'にて初任教育を受ける。海軍主計中尉に任官、海軍主計科士官となって連合艦隊に配属されると、第一艦隊第六戦隊の旗艦である巡洋艦青葉に乗艦し、高知県土佐湾沖の太平洋上で猛訓練を受けた。

同年11月20日に転勤命令が下り、広島県呉市の司令部に緊急配属されると、第二設営隊の主計長に任命され、参謀長より、工員2000名に多少の陸戦隊をつけて、敵の飛行場を奪取し、すぐに零戦を飛べるようにしろとの命令を受ける。この時の目的地と物資の量は「蘭印(インドネシア)三ヵ月分、比島(フィリピン)三ヵ月分」だった。それから出航する29日までは、昼間は編成に明け暮れ、夜は積み込みの指揮で、ほとんど寝る暇もなかったという。

29日は予定通り、14隻の船団で出航。中曽根は「台東丸」に乗船。この船にはかなりの刑余者(前科のある者)がおり、大学を出て海軍で短期訓練を受けただけだった中曽根は一計を案じ、全員を甲板に集めた。この中から一番凄そうな親分肌の者を選んで班長にすると、後で自らの部屋である主計長室にその男を呼んだ。そして、やってきた古田と名乗る前科八犯の男と酒を呑み交わし、人心掌握に努めた。

1941年12月7日太平洋戦争に突入すると、最初はフィリピンのミンダナオ島ダバオに敵前上陸することとなる。上陸戦闘は獰猛なモロ族と闘い、アメリカ軍のボーイングB-17爆撃機の猛爆撃を受けた。また明け方近くになると、決まってB-17がやってきたという。

次にボルネオ島のバリクパパンに向かうのだが、途中のマカッサル海峡で14隻のうち、4隻が撃沈される。そしてようやくバリクパパンの湾に入って上陸しようとしたら、オランダイギリス巡洋艦から、いきなり攻撃を受けてしまう。こちらには軽巡洋艦神通がついていたが、船団の中に取り込まれてしまって身動きが取れない状態だった。中曽根が乗船している前後左右の4隻は、あっという間に撃沈されてしまい、さらに接近してきた敵艦から副砲や機関銃で攻撃され、それが船尾に当たり火災が発生してしまう。

消火班長でもある中曽根は飛んでいって火消しを行うが、そこは阿鼻叫喚の地獄絵図になっており、手や足が吹っ飛んでいるもの、血だるまになり「助けてくれ」とうめくもの。そしてどこからか「古田班長がやられている」という声に誘われて行ってみると、古田が誰かに背負われていた。足は砲弾にやられて皮一枚でようやくつながっており、中曽根に「隊長、すまねえ」とだけいうと、すぐに息を引き取った。この戦いで戦死した仲間達の遺体は、バリクパパンの波が打ち寄せる海岸で、荼毘火葬)に付した。中曽根はそのときの思いを俳句にして詠んでいる。

友を焼く 鉄板を担ぐ 夏の浜

夏の海 敬礼の列の 足に来ぬ

当時の経験を振り返り、中曽根はこう語った。

彼ら、戦死した戦友をはじめ、いっしょにいた二千人は、いわば日本社会の前線でいちばん苦労している庶民でした。美辞麗句でなく、彼らの愛国心は混じり気のないほんものと、身をもって感じました。『私の体の中には国家がある』と書いたことがありますが、こうした戦争中の実体験があったからなのです。この庶民の愛国心がその後私に政治家の道を歩ませたのです。 [5]

中曽根はその後も主計科士官として従軍し1944年10月の「捷一号作戦」(いわゆる「レイテ沖海戦」)には戦艦長門」乗組みの主計士官として参加し、戦闘記録の作成に当たっている。

終戦時の階級は海軍主計少佐であった。

首相就任後、戦争に関しては1985年10月29日衆議院予算委員会での東中光雄委員との質疑応答において、皇国史観には賛成しない、東京裁判史観は正当ではない、対米英と対中対アジアで認識が異なる、国民の大多数は祖国防衛のために戦い、一部は反植民地主義、アジア解放のために戦ったと4点をあげた。さらに中国、アジアに対しては侵略戦争だったが、アメリカイギリスとは普通の戦争だった、中国、アジアには侵略、韓国には併合という帝国主義的行為を行ったので反省し詫びるべきと答えた[6][7]。また政界引退後の新潮45のインタビューでは「帝国主義の膨張による侵略であった。」と述べるなど自由主義史観論者とは一線を画すタカ派らしからぬ歴史観を披露している。

政治家への転身[編集]

戦後内務省に復帰し、 内務大臣官房事務官香川県警務課長、警視庁警視監察官を務める。その後退官し、1947年衆議院議員選挙に当選。以後1955年保守合同までの所属政党は、民主党国民民主党改進党日本民主党。この間、反吉田茂勢力として、自主憲法制定や再軍備を標榜し、長く野党議員として過ごしている。

1954年3月2日、一議員でありながら原子力研究開発のための予算を上程、これを通した(具体的には科学技術研究助成費のうち、原子力平和的利用研究費補助金が2億3500万円、ウラニウム資源調査費が1500万円、計2億5000万円。これが現在に至るまでの自民党の原子力是認につながっている。)。1955年保守合同に際しては、長らく行動を共にした北村徳太郎が旧鳩山派である河野一派に合流したことから、河野派に属した。第2次岸改造内閣において、渡邊恒雄を介して大野伴睦の支持を受け、科学技術庁長官として初入閣。党内で頭角を現し、河野派分裂後は中曽根派を形成し一派を率いた。

1956年には「憲法改正の歌」を発表するなど、改憲派として活発に行動し、マスコミからは「青年将校」と呼ばれた。同年11月27日の日ソ共同宣言を批准した衆議院本会議において、自由民主党を代表して同宣言賛成討論を行なったが、内容はソ連に対する厳しい批判だったりしたため、社会党や共産党が抗議、その結果、約50分間の演説全文が衆議院議事録から削除される異例の出来事もあった。

初当選した選挙で白塗りの自転車日の丸を立てて運動をしたことはよく知られているが、若い頃から総理大臣を目指すことを公言し、憲法改正首相公選論の主張など大胆な発言やパフォーマンスを好んだことや、同世代の日本人としては大柄な体躯や端正な風貌もあって、早くから存在感を示していた。なお、既に1965年には福井県九頭竜ダム建設をめぐる落札偽計事件(九頭竜川ダム汚職事件)に名前が挙がるなど、疑惑とも無縁でなかった。日本共産党の機関誌しんぶん赤旗は、行政管理庁長官時代の1980年に行われた総選挙においても、富士通や日本製作所から違法献金を受け取ったと報じた[8]

三角大福中[編集]

第2次佐藤内閣第1次改造内閣で運輸大臣、第3次佐藤内閣防衛庁長官を歴任。運輸大臣として入閣した際にはそれまで佐藤栄作を「右翼片肺内閣」と批判していたのにもかかわらず入閣したため風見鶏と揶揄され以後これが中曽根の代名詞になった。防衛庁長官時代には1970年に防衛庁の事務方で権勢を振るっていた海原治が国防会議事務局長として新聞記者との懇談会で防衛計画について批判したことが3月7日の衆議院予算委員会で取り上げられた際に、中曽根は防衛庁長官として「事務屋なので政策論を述べる地位ではない。事務局長というのは庶務課長、極端にいえば文書を集め、文書を発送するお茶汲みに過ぎない」と発言し、海原も出席していた議場を騒然とさせた。三島事件を批判する声明を防衛庁長官として出したが三島に近い一部保守系団体や民族派勢力右翼団体等から強く批判された(中曽根は自著の中で「三島と親しいように思われていたが深い付き合いがあったわけではない」と釈明している)。1972年の殖産住宅事件では取得で証人喚問される[要出典]。翌年脱税容疑で逮捕された殖産住宅相互の東郷民安社長は旧制静岡高校時代からの友人であったため、親友も見殺しにすると囁かれた[要出典]

こうして要職を経験するなかで、いわゆる「三角大福中」(三木武夫・田中角栄・大平正芳・福田赳夫、そして本人)の一角として、ポスト佐藤の一人とみなされるようになっていった。佐藤後継を巡る1972年の総裁選に際しては、野田武夫ら派内の中堅、ベテラン議員や福田支持派から出馬要請を受けるが、日中問題で福田の姿勢に不満を抱いていた派内の河野洋平を始めとする若手議員が田中角栄支持に傾いていた事等から自らの出馬を取り止め、田中支持に回った。このことは田中が福田に勝利するにあたり決定的な役割を果たしたが、田中の買収等と後に週刊誌に憶測を呼ぶ事にもなった。

第1次田中角栄内閣通商産業大臣科学技術庁長官となり第2次内閣では科学技術庁長官の任を離れ通産大臣に専任となる。三木内閣時代、自由民主党幹事長となり、福田赳夫内閣の総務会長を務めるなど党内の要職も務める。三木おろしの際には三木以外の派閥領袖としては事実上唯一の主流派となった。

1976年ロッキード事件への関与を疑われ、側近の佐藤孝行が逮捕されたが、自らの身には司直の手は及ばなかった。ここでも悪運の強さが幸いしたとされる。後に“(刑務所の)塀の上を歩いて内側に落ちたのが田中角栄、外側に落ち勲章までもらったのが中曽根”と揶揄された。同年の衆院選では事件との関係から落選すら囁かれたが、辛うじて最下位で当選した。1978年に「明治時代生まれのお年寄りがやるべき時代ではない」と世代交代を訴える形で総裁選挙に名乗りをあげるが落選し、第1次大平内閣では幹事長ポストを要求するも、逆に蔵相を提示され拒否[9]。非主流派としていわゆる四十日抗争でも反大平連合に属したが、ハプニング解散の際には派内の強硬論に耳を貸さず早くから本会議での造反に反対するなど三木・福田とは温度差があった。そのため大平後継では本命の一人だったが、当時は田中角栄の信頼を勝ち得ておらず、総裁の座を逃した。

鈴木内閣では主流派となるとともに、行政管理庁長官として行政改革に精力を注ぎ鈴木首相の信頼を得る。中曽根自身は蔵相ポストを希望していたものの、よりによって派の後輩の渡辺美智雄にその座を奪われるという屈辱を味わう[10]。しかし財政再建の手段として行政改革にスポットライトが当たる中、行政管理庁長官として職務に励み、首相就任後分割民営化等の答申をする事になる土光敏夫の信頼も得る事になった。

総理大臣就任[編集]

田中派の支持も得た中曽根は党員による総裁予備選挙において圧倒的な得票を得て総裁の地位を獲得、1982年11月に鈴木善幸の後を受けて第71代内閣総理大臣に就任。行政改革の推進と「戦後政治の総決算」を掲げ[11]1987年まで一国の総理の座にあり、小泉内閣に次ぐ歴代第4位の長期政権となった。従来の官僚頼みの調整型政治を打破し私的諮問機関を多数設け、首相というより大統領型のトップダウンを標榜した政治姿勢は注目され、「大統領型首相」とも呼ばれた。

ただし政権発足初期は、総裁派閥から出すのが常識だと思われていた内閣官房長官に田中派の後藤田正晴を起用し、党幹事長に同じく二階堂進[12]を据え、その他田中派閣僚を7人も採用するなど、田中角栄の影響力の強さを批判され「田中曽根内閣」「角影内閣」さらには「直角内閣」などと揶揄された。これは1983年10月に田中がロッキード事件の一審判決で実刑判決を受け、中曽根が「いわゆる田中氏の政治的影響を一切排除する」声明を出した後に行われた同年12月の第37回衆議院議員総選挙(田中判決選挙)での自民党過半数割れへとつながり、中曽根は新自由クラブとの統一会派結成により第2次中曽根内閣を形成し、自分とは政治信条が合わない田川誠一自治大臣国家公安委員会委員長として迎える苦渋を味わった。1984年には福田赳夫元首相に野党の公明党民社党まで加わった「二階堂擁立構想」まで持ち出されたが、1985年2月に田中が脳梗塞で倒れて政治生命を事実上失うと、官房長官として留まった後藤田の協力もあって政権運営の主導権は中曽根の手に移った。中曽根は自民党単独政権の回復に執念を見せ、「死んだふり解散」とも呼ばれながら衆参同日選挙を強行した1986年6月の第38回衆議院議員総選挙第14回参議院議員通常選挙で自民党を圧勝させ[13]、中曽根は党規約改正による総裁任期1年延長という実利を得た上、「保守回帰」と呼ばれた1980年代後半の政治潮流の創設者として歴史に名前を残した。1985年8月の日航機墜落事故において「真実は墓場まで持って行く」と発言した。

一方で改憲こそ首相在任中は明言しなかったが、“戦後政治の総決算”を掲げ、教育基本法や“戦後歴史教育”の見直し、靖国神社公式参拝、防衛費1%枠撤廃等、強い復古調姿勢により左派勢力から猛反発を買い、「右翼片肺」「軍国主義者」「総決算されるべきは戦後ではなく自民党」等といった激しい批判を浴びた。ただし教育改革については自身の私的諮問機関である臨教審に日教組元委員長の槙枝元文を入れた事が1988年に内示された所謂ゆとり教育に繋げられたという見方も存在している。政府税制調査会の会長として税収の「直間比率」是正[14]の観点から売上税導入を唱えた加藤寛をはじめ、石川忠雄勝田吉太郎香山健一小堀桂一郎西義之佐藤誠三郎[15]等、自らの主張に近い意見を持つ学識経験者を各諮問機関の中心人物に起用し、迅速な決定によるトップダウン型の政策展開に活用した。これは自民党内の非主流派や野党などからは「御用学者の重用」と批判され、選挙を経た国会議員によって構成される国会の委員会より中曽根が任意で選任できる諮問機関での審議の方が重要と見られて報道される事態も招いた。

1986年に発生した伊豆大島三原山噴火では首相権限で海上保安庁所属の巡視船や南極観測船を出動させ、滞在者も含めた島民全員の救出に成功した。頭越しに決定を下された国土庁の官僚や野党などからは独断専行を非難されたものの、当時の内閣安全保障室長であった佐々淳行等は、後年の阪神淡路大震災発生時における村山内閣の初動対応の遅れと比較して、その決断力と実行力を高く評価している。

一方、広島市原爆病院視察の際の「病は気から」発言や「黒人は知的水準が低い」「日本に差別されている少数民族はいない」、その発言について中曽根事務所が出した謝罪文に関しての質問に、女性蔑視と取られるような「まあ女の子が書いた文章だから。」等の失言で物議を醸す事も多かった(これら一連の事象については知的水準発言を参照)。

首相在任中2度あった総選挙(1983年の第37回と1986年の第38回)では現職首相でありながらトップ当選できなかった(当時は中選挙区制)。これは戦後の首相では中曽根だけ。トップ当選したのはいずれも福田元首相で、首相経験者同士が同じ選挙区(旧群馬3区)で対決したことになる。中選挙区時代の旧群馬3区は、福田のほかに同じく首相を務めた小渕恵三や社会党書記長などを務めた山口鶴男といった大物がそろった日本でも有数の激戦区でもあった(上州戦争を参照のこと)。なお、日本において現職首相が選挙で落選したことは過去に一度もない(首相経験者が落選した例は片山哲石橋湛山海部俊樹の例がある)。

任期後半には上記の通り田中の影響を脱するとともに、バブル経済につながる好景気を演出し、支持率も概ね高水準を維持した。好調すぎる対米輸出によって貿易摩擦問題も浮上したが、プラザ合意円高路線が合意された後の内需拡大政策として民活(民間活力の意)と称し、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道清算事業団が大規模に行った旧国鉄用地売却[16]を含んだ国有地の払い下げ等を行った。これにより、大都市圏やリゾート開発地をはじめとして日本全国で地価が高騰したが、それに対する金融引締め政策を行わなかったためバブル経済を引き起こしたという批判も根強い。また、このバブル景気期において横行した各種のマネーゲームからはやがて発覚したリクルート事件や、田川に次いで新自由クラブから労働大臣として中曽根政権に入閣し、1986年の自民党復党後は中曽根派に所属していた山口敏夫の失脚・収監など、政治家とカネをめぐる問題が再び取りざたされるようになった。

外交[編集]

日米・日韓関係[編集]

1982年11月当時、日米関係は最悪と呼べる状態だった[17]。時代背景は、ソ連大陸間弾道ミサイルSS20をヨーロッパに配備して、それに対抗する形でアメリカはパーシングIIを配備しようと計画しており、東西冷戦構造が一段と厳しさを増し、一触即発の事態にもなりかねない核の脅威の中で、西側の首脳達は厳しい外交の舵取りを行っていた。そんな中、アメリカのロナルド・レーガン大統領は、アジアがまったく無防備であることを念頭において、日米共同宣言の中で「日米で価値観を一体にして防衛にあたる」とした。

1981年5月、当時の首相である鈴木善幸は、初めて『シーレーン千海里防衛術』を公表するが、渡米の帰りの機中で「日米安保条約には軍事的協力は含まれない」と発言し、帰国後には「日米同盟に軍事的側面はない」と語って、共同声明に対する不満を表明してしまい、アメリカの世論を怒らせた。

そして参議院本会議では、鈴木首相・宮澤喜一内閣官房長官伊東正義外務大臣が日米同盟の解釈をめぐって対立し、伊東外相が辞任するという前代未聞の事態にまで発展してしまう。これに武器技術供与の問題が重なる事となる。大村襄治防衛庁長官がワシントンワインバーガー国防長官と会談した際に、アメリカ側から武器技術供与は同盟国に対しては「武器輸出三原則」の枠外にしてほしいと頼まれていたのに、鈴木首相はこれに対応しなかった。

おまけに伊東正義外務大臣の後任である園田直が、韓国との関係まで損なう事件まで起こしてしまう。事の経緯は、韓国が、防衛および安全保障に絡み、5年間で60億ドルのドルの政府借款要請したことに対して、園田は経済協力の切り離しを要求して40億ドル以下に削減、その上「資金をもらう方が出す方に向かって、びた一文安くすることはまかりならんと言うのは筋違いだ」というような発言をしてしまい、韓国の反発を招く。中曽根は総理になる前から、最初にこれらの問題を解決してしまおうと密かに計画する。

1983年1月の訪米にあたって、直前に韓国を訪ね、急ぎ日韓関係の修復を図り、アメリカが御執心だった防衛費の増加と対米武器技術供与の問題は、中曽根の判断で反対する大蔵省主計局と内閣法制局を押し切って問題を決着させた。これらの成果を手土産に、中曽根は首相になって初めての訪米の途についたのである。

訪米中に中曽根が語ったとされる「日米は運命共同体」発言、「日本列島不沈空母化」及び「三海峡(千島津軽対馬)封鎖発言」により、アメリカとの信頼関係を取り戻し、ロナルド・レーガン大統領との間に愛称で呼び合うほどの“個人的に親密な”関係(「ロン・ヤス」関係)を築くことにも成功して日米安全保障体制を強化した[18]。一連の防衛力強化政策の仕上げとなったのは、中曽根政権が最後に編成した1987(昭和62)年度予算での「防衛費1%枠」撤廃だった。ブレーンの一人だった高坂正堯の意見を採用し、防衛費の予算計上額を日本の国民総生産(GNP)の1%以内にとどめる三木内閣以来の方針を放棄し、長期計画による防衛費の総額明示方式に切り換えて急速な軍備拡張への新たな歯止めとした。この決定により、日本政府はより積極的な防衛政策の立案が可能となり、米軍との協力関係はさらに緊密となった。これは米国への隷従の強化と取るむきもあり、また、“ヤスはロンの使い走り”(Messenger boy)と批判されることもある。

また、日本からの輸出の増加により日米間の通商、経済摩擦が深刻化したため、アメリカの貿易赤字が増加した事に対処するために、日本国民に外国製品の購入(特にアメリカ製品を最低100ドル分、当時の為替レートで1万3千円相当)を呼びかけるなどの点でも、中曽根はアメリカからの要求へ積極的に応えた。この時の広告は「輸入品を買って、文化的な生活を送ろう」だった。

ただし、中曽根自身が引き起こした日米間の懸案として、1986年9月に自民党の全国研修会の講演で「アメリカの知的水準は非常に低い」と発言した事から「知的水準発言問題」が起きた。黒人アフリカ系アメリカ人)やヒスパニック系の議員連盟によってアメリカ下院に提出された中曽根非難決議案は本人の謝罪により採択が見合わされたが、その釈明に際して「日本は単一民族国家」と発言した事は北海道ウタリ協会からの新たな抗議を呼び、北海道旧土人保護法などが存続していたアイヌ民族に関する内政問題へと転化していった[19]

不沈空母発言の真相[編集]

ワシントンポスト会長キャサリーン・グラハム会長宅で行われたワシントン・ポストの外交記者ドン・オーバードーファーの質問に「日本の防衛のコンセプトの中には海峡やシーレーンの防衛問題もあるが、基本は日本列島の上空をカバーしてソ連のバックファイアー爆撃機の侵入を許さないことだと考えている。バックファイアーの性能は強力であり、もしこれが有事の際に日本列島や太平洋上で威力を発揮すれば日米の防衛協力体勢はかなりの打撃を受けることを想定せざるを得ない。したがって、万一有事の際は、日本列島を敵性外国航空機の侵入を許さないように周辺に高い壁を持った船のようにする」と答えたものを通訳が「unsinkable aircraft carrier」つまり「不沈空母」と意訳したのだった[20]

後日オーバードーファーから、中曽根の秘書官に電話が入り、録音テープを調べなおしたが「不沈空母」なる言葉がなかった、用いた言葉は「大きな船」であり、正確な内容をもういちど記載すると言ってきたが、中曽根は即座に訂正の必要はない、と答えさせた。

ウィリアムズバーグ・サミット[編集]

1983年第9回先進国首脳会議にて(右から3人目)

中曽根は、1983年5月に開かれたウィリアムズバーグ・サミットに出席している。議題の中心は、ソ連がヨーロッパで中距離核ミサイルSS20を展開したことに対し、アメリカがパーシングIIクルーズ・ミサイルを配備すべきか否か、であった。

だが、前向きな姿勢なのは、アメリカのレーガン大統領とイギリスのサッチャー首相のみで、フランスミッテラン大統領、西ドイツコール首相、カナダトルドー首相などは消極的な姿勢をとり、会議はいまにも決裂しそうな気配を見せていた。

そうした状況の中、中曽根は敢然と発言する。「日本はNATOの同盟国でもないし、平和憲法非核三原則を掲げているから、従来の方針では、こういう時は沈黙すべきである。しかし、ここで西側の結束の強さを示してソ連を交渉の場に引きずり出すためにあえて賛成する。決裂して利益を得るのはソ連だけだ。大切なのは、われわれの団結の強さを示す事であり、ソ連がSS20を撤去しなければ、予定通り12月までにパーシングIIを展開して一歩も引かないという姿勢を示す事だ。私が日本に帰れば、日本は何時からNATOに加入したのか、集団的自衛権を認めることに豹変したのかと厳しく攻撃されるだろう。しかし、私は断言したい。いまや、安全保障は世界的規模かつ東西不可分である。日本は、従来、この種の討議には沈黙してきた。しかし、わたしはあえて平和のために政治的危機を賭して、日本の従来の枠から前進させたい。ミッテラン大統領も私の立場と真情を理解し同調して欲しい」これを聞いたみなは沈黙してしまったが、間髪入れずにレーガン大統領が阿吽の呼吸で「とにかく声明の案文を作ってみる」と提案して机上のベルを押すと、すぐさまシュルツ国務長官がレーガンの元に飛んできて、案文の作成を命じられた。

そして、政治声明は、ソ連との間でINF(中距離核戦力)削減交渉が合意に達しない場合は1983年末までに西ヨーロッパにパーシングIIを配備する、また、そのために、サミット構成国、ECに不退転の決意があることが謳われ、経済宣告も当然採択され、インフレなき成長の為の十項目からなる共同指針が示されたのだった。

クレムリンの機密文書[編集]

ソ連が崩壊し、クレムリンの機密文書が出て来た際、ウィリアムズバーグ・サミット直後の1983年5月31日に開かれたソ連指導部の政治局秘密会議での速記録には、ショックの大きさが色濃く反映された記述があり、当時のグロムイコ外相は「領土問題などで、日本に対し多少融和的に出る必要がある」と主張しており、アンドロポフ書記長も「日本との関係で何らかに妥協を図らねばならない。たとえば、戦略的意味を持たない小さな島々の共同開発はどうか」などと発言した記録があった。

このソ連政治局の対日政策の再検討発言は、ウィリアムズバーグ・サミットでの中曽根の発言が、ソ連に深刻な打撃を与えたことを物語っていると言えよう。

日中関係[編集]

以前より総理大臣の靖国神社参拝は恒例であったのだが、中曽根内閣の際に靖国神社参拝問題が持ち上がり、また日米同盟と防衛力の強化につとめたので反中派であったかのような印象もある。この問題が対中関係として際立った印象を与えているのは、中曽根が首相として初めて8月15日に公式参拝をしたこと(8月15日に公式参拝をしたのは中曽根だけである。小泉純一郎は首相在任中の2006年8月15日に参拝しているが、公私の別を明らかにしていない)当時中国共産党指導部の胡耀邦総書記ら親日傾向を持つグループとその反対勢力との権力争いがあり、その中で靖国参拝が問題として浮上、中華人民共和国からの抗議が激しくなっただけであるという見方もある。自身の著書の中で中曽根は「親日派の立場が悪くなることを懸念し靖国参拝を中止した」としており、このことからも在任当時反中派であったとは言い難い。

また中曽根内閣当時、中華人民共和国鄧小平は、主敵はソビエト連邦であるとし、日米同盟や日本の防衛力整備を歓迎するコメントすら出してもいた。

角福対立時代には一貫して日中国交回復支持の立場をとっていることから、中曽根の姿勢は反中的でも一方的な対中追従でもなく、中華人民共和国を親日化することが目的であったと言える。いわゆる「21世紀委員会」の設立、中華人民共和国からの留学生の多数受け入れと日本人青年の中国訪問事業もその一環だった。

民営化推進[編集]

中曽根内閣は戦後の自民党で最も新保守主義新自由主義色が濃い内閣であった。日本専売公社日本国有鉄道および日本電信電話公社三公社民営化させた。これによって総評及び総評を支持母体とする社会党を切り崩す意図があった[要出典]。また、長年半官半民であった日本航空の完全民営化を推進させた。

次第に国民からの支持も安定し、1986年の衆参同日選挙(死んだふり解散)では300議席をこえる圧勝となり、その功により総裁任期が1年延長された。しかし、経済政策ではアメリカの貿易赤字解消のためプラザ合意による円高ドル安政策をとり、これが結果的に日本をバブル経済に突入させたこともあり、批判の声も少なくない[要出典]

退任[編集]

同日選大勝後の中曽根にとって最悪の状態となった。藤尾正行文部大臣が中曽根の自虐史観転換を批判する発言を雑誌に行い罷免され、中曽根自身も「黒人は知的水準が低い」「日本は単一民族」「女の子が書いた事だから」等の失言が問題化しさらに選挙中に「大型間接税は導入致しません」「この顔が嘘をつく顔に見えますか」と宣言していた売上税を導入しようとしたことから「公約違反」と追及されて支持率が一時的に急落。

1987年4月の統一地方選を敗北し翌月に売上税は撤回を表明することになるが、選挙の敗北から18日後に行われた日米首脳会談でも準国賓待遇とは裏腹に下院本会議は貿易相手国に黒字減らしを強要する包括貿易法案を290対137の大差で可決した。さらに、内需拡大と公定歩合の引き下げによるドル支えを露骨に強要した。このためNBCは「中曽根首相は『特別なあいさつ』を受けた」と皮肉っている。しかし、夏を越すと支持率が復活し、同年11月に余力を持ったまま退任する。ニューリーダーと呼ばれた竹下登安倍晋太郎宮澤喜一のうちから事実上の後継者指名権を得て竹下を後継に指名(中曽根裁定)した。

中曽根自身の回顧によれば、後継候補に必要な条件として、自身が断念した売上税(消費税)の導入について党内をまとめられる人物、当時容態が悪化していた昭和天皇の不慮に備え、「大喪の礼」を滞りなく行える人物、の2件があり、竹下がもっともふさわしいと判断したという。首相在任1806日は歴代6位(戦後4位)、中曽根内閣は3次4年11ヶ月に及ぶ20世紀最後の長期政権となった。

リクルート事件[編集]

1989年には自身が関与していた戦後最大の汚職事件と言われるリクルート事件が直撃。野党は予算審議と引き換えに中曽根の証人喚問を要求したが中曽根はこれを拒否し、竹下政権は竹下自身の不始末も手伝って瓦解した。その後、リクルート事件の責任を取って党を離れるものの復党し1994年の首班指名選挙では村山富市首班に反発し小沢一郎とともに海部俊樹を担ぐが失敗するも党からは貢献度を重視し不処分であった。離党期間中には湾岸戦争の際に人質解放交渉の特使として中東諸国を訪れサダム・フセイン等と会談し人質解放に尽力している。

鳩山由紀夫が自民党を離党し、旧民主党を創設した際には「政治は友愛だの何だのと綺麗ごとを言うが中身がなく薄っぺらい。ソフトクリームのようにすぐ解けてしまうだろう。」と酷評しこれが流行語候補になる等話題を集めた。自身は薩長連合になぞらえて保保連合を一貫して主張した。1996年(平成8年)には小選挙区比例代表並立制導入の際、小選挙区での出馬を他の候補に譲る代わりに比例北関東ブロックでの終身一位の保証を受ける。

その後[編集]

1997年2月、憲政史上4人目の議員在職50周年。同年4月、大勲位菊花大綬章を生前受章。同年、第2次橋本内閣改造内閣で腹心の佐藤孝行の入閣を希望したが、ロッキード事件で有罪が確定したことを批判されて佐藤は短期間で辞任に追い込まれ、橋本内閣も支持率急低下で大打撃を受けた。中曽根派山崎拓率いる近未来政治研究会と分裂した後1999年亀井静香平沼赳夫率いる亀井グループと合併し志帥会となり、最高顧問に就任。竹下、宮澤とともに本会議場の通称長老席と呼ばれる最後尾に陣取り三人が居眠りをしている写真が老害の象徴として週刊誌や夕刊紙に取り上げられる事もあった[要出典]

政界引退後[編集]

2003年の自民党の比例区における73歳定年制導入により、2003年の総選挙では、自民党の比例北関東ブロックからの出馬が出来ず、立候補を断念し引退した(なお、比例名簿で終身比例名簿1位から退いたことで比例当選最下位順位の早川忠孝が復活当選している)。

中曽根は中選挙区制から小選挙区制への移行に際し、比例北関東ブロックにおける終身1位を約束されていた。しかし「特例をもうけていいのか」と全国の県連などから批判があがり(群馬県連でも世代交代を求める声があった)、小泉純一郎総裁は中曽根と宮澤の両長老に引退を勧告した。一度、党執行部が約束したことを、小泉が一方的に破棄して中曽根に引退勧告したことは、一部で「きわめて非礼なものである」との批判も呼び、中曽根は「政治的テロだ」と強く反発した(詳細は上州戦争を参照)。なお、中曽根は宮沢とともに、第42回衆議院議員総選挙では、特例により比例区定年制対象外となっている。

個人事務所を世界平和研究所内に置く。(旧個人事務所を2009年まで43年間砂防会館内に置いた)。財団法人世界平和研究所で、会長を務め、中曽根康弘賞を創設し、世界の平和・安全保障に期す研究業績を表彰する。

2005年10月28日、党新憲法起草委員会が新憲法草案を発表した。中曽根が前文小委員長として前文をまとめたが、発表された草案では内容が変更されていた(中曽根原文はより大幅に簡略化された内容となる)。

2007年3月23日午後(ブルームバーグ)における日本外国特派員協会での記者会見で、慰安婦問題について質問され、「日本軍による慰安婦の強制動員事件について、個人的に知っていることは何もない。新聞で読んだことがすべてだ」と語った。また、自身の回顧録で海軍将校だった時にボルネオ島で設営したと書かれている「慰安所」とは兵隊相手の慰安婦による売春が行われていたものではないかとの質問には「徴用した工員たちのための娯楽施設を設営した」、「慰安所は軍人らがを打つなど、休憩所の目的で設置した」と説明した[21][22][23]。なお、2011年に日本共産党の機関誌しんぶん赤旗は、高知市の市民団体が現地女性を集めて慰安所を設置したことを示す資料を見付けたと報じた[24]

2008年9月3日付の読売新聞朝刊に、9月1日に辞任会見を行った福田康夫に関する文章を寄稿。文中で「我々先輩の政治家から見ると、2世、3世は図太さがなく、根性が弱い。何となく根っこに不敵なものが欠けている感じがする」と述べている。

2008年12月7日には自宅で転倒し右肩を骨折して入院したが順調に快復し、2009年3月7日に開かれた鳩山一郎没後50年の会合でも演説するなど活動を続けている。また同年10月、急逝した中川昭一財務大臣の告別式に出席した際は、介添えを必要とせず自力で席を立って焼香をするなど、90歳を過ぎても矍鑠とした姿が見られる。

大連立構想を仲介[編集]

自民党と民主党の大連立を裏で仲介していたと報道されている。

ライフワーク[編集]

「自主憲法制定」をライフワークとしており、防衛力増強や「国労つぶし」を行ったことから、長く左派護憲派などからは右派改憲派の頭目として批判を受けてきた。しかし、小泉総裁との関係が悪化した事から、自民党は新憲法起草委員会で前文小委員長であった中曽根が作成した憲法前文の試案を使用せず、中曽根は身内であった自民党によって憲法改正論議の蚊帳の外へ追い出された。また当の右派や改憲派からその処世術や政策が嫌悪され売国奴と称されることも多い。

政治姿勢[編集]

憲法改正[編集]

核武装[編集]

  • 日米同盟が破棄された時に備えて日本は核武装の準備をするべきと主張している。

小泉内閣への評価[編集]

  • 小泉内閣の最大の功績として「アフガニスタンイラクでの国際貢献を目的とした自衛隊の海外派遣」を挙げる。
  • 最大の失政として「憲政の常道に反し、参議院で否決された郵政民営化法案を成立させようと衆議院を解散したこと」を指摘。
  • 「小泉内閣は、私がやったような政治の本道―たとえば財政とか行革とか、教育―ではなくて、道路と郵政をやっただけだ。どちらかと言えばはじっこのことだ。それを劇場政治として面白くやったんだな。俺に言わせれば印象派の政治だ(笑)。」と発言。(R25ロングインタビューVol.202)

保守意識[編集]

戦後政治の生き証人[編集]

松村謙三から「緋縅の鎧を着けた若武者」と賞賛された新人議員時代や、いち早く一派を率いた時代から平成の世まで保守政界の一方の核にあった。保守合同以前は野党、自民党においても反主流時代が長く、保守本流の嫡流とも言える宮澤喜一(2007年死去)とは別の意味で、国会や内閣、派閥取引の裏事情を知る生き証人として知られ、本人も長い政治生活を背景とした過去との比較などの発言を度々行う。

とりわけ、保守合同の立役者であり、自民党史上最高の軍師として鳴る三木武吉を比喩として使い、その時代の参謀型・調整型政治家を持ち上げる手段としていた。鈴木内閣時の金丸信に対しては、「三木武吉以来の人材だ!」とおだて上げ、加藤の乱鎮圧後の野中広務には、「三木武吉を超えましたなあ」と褒め上げている。

交友関係[編集]

ロナルド・レーガン
レーガンとは互いに「ロン」「ヤス」と呼び合うほどの親密な仲を築き、自著の中でも「たぐい稀な人間的魅力」と評している。
1983年1月16日、中曽根がブッシュ副大統領の晩餐会に招待された席上での事、「今回の渡米に同行している次女の美恵子は、小学生だった11歳の時、インディアナ州ミシガンシティのモルト・ウィンスキー氏のお宅にホームスティしたのです。高校時代には互いに1年間、交換留学させました。ウィンスキー家とは20年近い交流が続いてます。今回の渡米に際しても、一家をあげてわざわざワシントンまで駆けつけてくれて、一同抱き合って再会を喜び合ったばかりです。かつて11歳の娘の美恵子をアメリカに送り出すとき、家内と『いつか総理大臣なって渡米する時が来たら、その時は美恵子が通訳をやってくれるといいなあ』と夢見たものですが、その後20数年、政治家として家族とともに幾山河を越え風雪に耐えて、ここワシントンを訪れ、それが今、現実になって感無量です。国と国との関係も、ウィンスキー家と私の家とのように友情と信頼で築き上げたい」この話の途中で中曽根は感情がこみあげ言葉を詰まらせてしまう。これを聞いていたブッシュ副大統領、シュルツ国務長官、ワインバーガー国防長官、ブロック通商部代表、ボールドリッジ商務長官など、並んでいた閣僚がハンカチを取り出して目頭を押さえる一幕があった。翌朝シュルツ国務長官から前夜の話を聞いたレーガン夫妻も目に涙を浮かべたという。
1983年1月17日、ワシントンポスト紙の社主だったキャサリン・グラハムの朝食会に招かれ、その席上で「日本は不沈空母である」「日米は運命共同体である」と発言したと、ワシントン・ポストは大きく取り上げた。この会食の翌日にレーガンがホワイトハウスの私的な住居で朝食に招き、その時レーガンから「今後はお互いファーストネームで呼び合おう」と言われたという。
キッシンジャーは「もし政治が可能性の芸術であるならば、レーガンは掛け値なしに一流の芸術家」と発言し、中曽根もこれに同意している。
マーガレット・サッチャー
大英帝国伝統の血を引いた現代宰相で卓抜な能力を備え、強気ながらも一方で女性らしい非常にきめ細やかな繊細さを持っていると中曽根は評した[25]
竹村健一
中曽根は竹村を畏友と評し、竹村とは中曽根がまだ、総理・総裁候補だった頃からの付き合い。その当時から「体の中に国家を持っている」政治家として、竹村は中曽根を敬愛し続けているという。「竹村会」という勉強会の一月の全国大会では、毎年中曽根が基調講演を行っている。
渡邉恒雄
読売新聞会長の渡邉恒雄とは盟友関係にあり、小泉純一郎の推し進めた郵政民営化靖国神社参拝などには異議を唱えた。
田中角栄
永遠の競争相手として認めており、代議士会では論戦に明け暮れた仲。同じ1918年5月生まれでもある。
胡耀邦
『三国志演義』の登場人物のようで、英雄的要素を持ち、度量も視野も広かったと評し、兄弟のような付き合いをした仲だという。
1984年9月、「日中友好二十一世紀委員会」が発足。これは胡耀邦と中曽根が「これからの日中関係は、外交辞令ではなく、本音で話し合えるチャンネルを作っておく必要がある」という意図の元に作られたという。
全斗煥
中曽根首相の就任から間髪を入れない訪韓は、教科書問題が沸騰した直後にという微妙な時期であったが、晩さん会での韓国語でのスピーチ[26]や全大統領のカラオケで韓国語の歌を披露するといったパフォーマンスも奏功してか、学生など少数の左翼過激派を除く韓国人一般に好意的に受け止められた。日韓関係はその後、紆余曲折を経ることとなり、全大統領も部下だった盧泰愚が大統領となるや政治力を奪われ、金泳三政権のもとで冷遇された。そうしたなかで中曽根が、全の来日の際には必ず付き添うなど、過去の盟友に対しての一貫した友情は植民地支配も経験した保守的な韓国人高齢者の間でも好意的に受け止められている。
不破哲三
『サンデー毎日』2009年7月19日号において対談を行い、互いに一定の評価をし合った[27][28]

宗教関連[編集]

靖国神社
1985年内閣総理大臣として公式参拝。翌1986年は後藤田官房長官の圧力に屈し、更に胡耀邦の中国共産党内での立場に配慮し参拝中止。1988年3月11日赤報隊から脅迫状が送りつけられる(赤報隊事件)。国会議員勇退後にはA級戦犯分祀推進や小泉総理の靖国参拝反対など大きく主張を転換。2006年春、稲田朋美率いる保守派政策集団伝統と創造の会に講師として招かれた際は小泉総理の靖国参拝を期待する稲田ら新人代議士達に「個人的信条も大事だが、それ以上に国家的利害も重要だ」とたしなめた[要出典]
自著において宗教観を語っており、どの宗教も心の底から信じられないとするが、座禅だけは好んで行っている[5]。また雑誌の読書特集のインタビューで道元正法眼蔵』を座右の書としていると語った。
世界基督教統一神霊協会
世界基督教統一神霊協会(統一教会)・国際勝共連合との関係について以下の指摘がある。
1992年3月、出入国管理及び難民認定法の規定で日本に入国できなかった統一教会の教祖、文鮮明が特例措置で14年ぶりに日本に入国した際、文鮮明と会談した[29]
1992年9月、統一教会発行「中和新聞」によると、桜田淳子山崎浩子が参加したことで注目を浴びた1992年の統一教会の合同結婚式に中曽根は元総理の名で祝辞を送ったとされている。
1994年8月 勝共連合の幹部の誘いで文鮮明の側近である朴普煕と会談。1991年の文鮮明と金日成の会談の報告を受ける。金丸信が(「東京佐川急便事件」で)失脚したので、北朝鮮と日本を結ぶパイプ役をお願いしたとされる[30]
2006年3月21日、千葉県幕張メッセで開催された統一教会系列の「天宙平和連合 (UPF)日本大会」にその活動趣旨に深い理解を示し、祝電を送ったという[31]

渾名[編集]

  • 「政界の風見鶏
  • 「薮枯らし」
  • 「緋縅の鎧を着けた若武者」
  • 青年将校
  • 「中曽根大勲位
  • 「大勲位閣下
  • 「ヤス」(ロン・ヤスとして、ロナルド・レーガンと並べて呼称される)
  • 「ヤストラダムス[32]

栄典[編集]

戦後、生存者叙勲の復活が閣議決定された直後には「戦前の勲章の復活などは、いまの憲法にふさわしくない。第一、いまどき勲章をもらったって、いつ、どんな服につけるのかね」[33]と語っていたが、1997年(平成9年)4月29日、大勲位菊花大綬章を受章した。日本国憲法施行後、皇族・外国人以外で大勲位菊花大綬章を生前受勲したのは、吉田茂佐藤栄作に次いで3人目である。その他の栄典としては、海軍の軍人であったとき、海軍主計少佐として従六位に叙されている。

また、フランスからレジオン・ドヌール勲章(グラントフィシエ)、ドイツ共和国から功績勲章大十字章をそれぞれ受章した。

称号は、名誉博士ルイ・パスツール大学)、名誉博士(高麗大学)、名誉博士(タマサート大学、政治学)の名誉学位を受けている。その他、1997年(平成9年)には国会議員在職50年表彰を受けた(史上4人目)。

家族・親族[編集]

1983年1月21日アンドルーズ空軍基地にて妻の蔦子(左)と

系譜[編集]

中曽根家(群馬県高崎市
  • 系図1
平山信
 
 
 
 
 
 
 
中曽根
松五郎
 
 
 
 
 
 
 
斉藤知一郎
 
 
 
 
 
豊田喜一郎
 
 
 
三井高長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千枝
 
川上寿一
 
中曽根
吉太郎
 
中曽根康弘
 
 
 
斉藤了英
 
斉藤滋与史
 
和可子
 
豊田章一郎
 
博子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川上冽
 
光子
 
八重子
 
斉藤知三郎
 
斉藤斗志二
 
斉藤公紀
 
 
 
 
 
 
 
豊田章男
 
 
 
 
  • 系図2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鹿島岩蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いと
 
鹿島精一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代中曽根
松五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲山嘉寛
 
 
 
梁瀬次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卯女
 
鹿島守之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渥美育郎
 
 
 
小林儀一郎
 
 
 
 
 
2代中曽根
松五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲山孝英
 
弘子
 
公子
 
鹿島昭一
 
よし子
 
石川六郎
 
三枝子
 
平泉渉
 
伊都子
 
渥美健夫
 
小林義治
 
蔦子
 
中曽根康弘
 
中曽根
吉太郎
 
前川昭一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渥美雅也
 
渥美直紀
 
美恵子
 
美智子
 
双川文吾
 
中曽根弘文
 
真理子
 
 
 

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第23回衆議院議員総選挙 1947年4月25日 群馬県第3区 民主党 65,484 ' 1/10 - -
第24回衆議院議員総選挙 1949年1月23日 群馬県第3区 民主党 45,261 ' 2/14 - -
第25回衆議院議員総選挙 1952年10月1日 群馬県第3区 改進党 71,967 ' 1/10 - -
第26回衆議院議員総選挙 1953年4月19日 群馬県第3区 改進党 65,878 ' 1/7 - -
第27回衆議院議員総選挙 1955年2月27日 群馬県第3区 日本民主党 83,399 ' 1/6 - -
第28回衆議院議員総選挙 1958年5月22日 群馬県第3区 自由民主党 70,852 22.0 2/7 - -
第29回衆議院議員総選挙 1960年11月20日 群馬県第3区 自由民主党 76,274 24.2 2/7 - -
第30回衆議院議員総選挙 1963年11月21日 群馬県第3区 自由民主党 84,504 26.2 2/6 - -
第31回衆議院議員総選挙 1967年1月29日 群馬県第3区 自由民主党 72,731 21.5 2/6 - -
第32回衆議院議員総選挙 1969年12月27日 群馬県第3区 自由民主党 106,823 29.4 1/7 - -
第33回衆議院議員総選挙 1972年12月10日 群馬県第3区 自由民主党 93,879 24.3 2/5 - -
第34回衆議院議員総選挙 1976年12月5日 群馬県第3区 自由民主党 56,454 13.8 4/6 - -
第35回衆議院議員総選挙 1979年10月7日 群馬県第3区 自由民主党 95,961 23.7 2/6 - -
第36回衆議院議員総選挙 1980年6月22日 群馬県第3区 自由民主党 96,930 23.8 2/6 - -
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 群馬県第3区 自由民主党 117,970 30.1 2/5 - -
第38回衆議院議員総選挙 1986年7月6日 群馬県第3区 自由民主党 115,381 28.1 2/5 - -
第39回衆議院議員総選挙 1990年2月18日 群馬県第3区 無所属 86,552 19.9 3/7 - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年7月18日 群馬県第3区 自由民主党 64,387 16.4 4/7 - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 比例北関東 自由民主党 ' ' ' - 単独1位
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 比例北関東 自由民主党 ' ' ' - 単独1位
当選回数20回 (衆議院議員20)

主な著作[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 竹村健一編)『内閣総理大臣中曽根康弘、防衛・憲法を語る-亡国の非武装中立論を撃つ』(山手書房, 1984年)
  • 佐藤誠三郎村上泰亮西部邁)『共同研究「冷戦以後」』(文藝春秋, 1992年)
  • 梅原猛)『政治と哲学 日本人の新たなる使命を求めて』(PHP研究所, 1996年)
  • 宮沢喜一)『対論改憲・護憲』(朝日新聞社, 1997年)
    • 『憲法大論争 改憲vs.護憲』(朝日文庫, 2000年)
  • 石原慎太郎)『永遠なれ、日本 元総理と都知事の語り合い』(PHP研究所, 2001年/PHP文庫, 2003年)
  • 竹村健一)『命の限り蝉しぐれ-日本政治に戦略的展開を-』(徳間書店,2003年)
  • (木下義昭編)『戦後60年日本の針路を問う-世界日報30年の視点-』(世界日報社, 2005年)
  • (聞き手松本健一)『政治は文化に奉仕する これからの政治と日本』(シアテレ新書, 2010年7月)-シアター・テレビジョンの番組での対話集
  • (梅原猛)『リーダーの力量 日本を再び、存在感のある国にするために』(PHP研究所、2010年11月)

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 編者 - 週刊ブックス特別取材班『新総理 中曾根康弘の研究』 1982年
  • 日外アソシエーツ編『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(日外アソシエーツ、2003年) ISBN 4816918051
  • 日外アソシエーツ編『新訂現代政治家事典―中央・地方の政治家4000人』(日外アソシエーツ、2005年) ISBN 4816918922
  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 149-152頁
  • 広瀬隆 『私物国家 日本の黒幕の系図』 2000年 156、172、190、210、342頁
  • 神一行 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川書店 2002年 166-180頁、290-291頁
  • 中曽根康弘『天地有情』
  • 本澤二郎 『平成の妖怪中曽根康弘の大野望』
  • 『中曽根康弘悪の構図』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日外アソシエーツ編『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(日外アソシエーツ、2003年) 436頁、437頁、日外アソシエーツ編『新訂現代政治家事典―中央・地方の政治家4000人』(日外アソシエーツ、2005年) 377頁、378頁参照。
  2. ^ 実際は178cmを公称していたものの、過去に中曽根自身が身長の事に話が及んだ際に、「外交上、大きく見せなければならない」と発言した為、明言こそしなかったものの、ある程度身長をサバ読んでいるものと思われる。
  3. ^ 新総理 中曾根康弘の研究』139頁
  4. ^ 尚、後に中曽根政権で官房長官に迎えた後藤田正晴は内務官僚としての先輩に当たる。
  5. ^ a b 中曾根康弘『自省録-歴史法廷の被告として-』(新潮社 2004年6月) ISBN:4-10-468701-4
  6. ^ 「中曽根康弘」語録: 哲人政治家の素顔 71~75
  7. ^ 第百三回国会衆議院予算委員会議録第二号(昭和60年10月29日)pp.26~28
  8. ^ 長崎県知事選の違法献金事件 自民党に衝撃 特定寄付の禁止 「政治資金」で届けても違法 選挙の集金構造にメス 2002年12月31日 しんぶん赤旗
  9. ^ 実際幹事長に就任したのは斎藤邦吉で、蔵相に就任したのは金子一平
  10. ^ 河野一郎の没後に河野派を中曽根が引き継ぐことを進言したのは当時1年生議員の渡辺である。
  11. ^ これはのち安倍晋三に、「戦後レジームからの脱却」、「美しい国」志向として引き継がれる。
  12. ^ 二階堂はロッキード事件との関与が濃いとされながらも訴追されなかった「灰色高官」の一人とされ、金権政治批判を受けやすい立場にあった。
  13. ^ 衆議院総選挙での公認候補300議席は自民党史上最多。これに追加公認4人、さらに開票直後に解党した新自由クラブからの合流5人などが加わった。参議院通常選挙での72人当選(追加公認2人)、非改選議員と合わせた所属議員数145人も同党史上最多である。
  14. ^ 所得税法人税などの直接税と比較すると酒税たばこ税揮発油税などの間接税の税収額が低いため、大型消費税の導入と所得税・法人税の減税などを組み合わせて直接税と間接税の税収額を同じにしようという政策。
  15. ^ 佐藤誠三郎の妻の佐藤欣子は1989年の第15回参議院議員通常選挙で中曽根派の支援を受けて自民党から立候補したが、落選した。
  16. ^ ただし、これは地価高騰抑制などの理由により、当初の債務返済計画通りには進まなかった。詳しくは該当項目参照の事。
  17. ^ 一方で、「総理就任時、日米関係は最悪と呼べる状態だった」「自分(中曽根)が外交関係を改善した」という認識を強く持ち公式発言でも度々重ねたことが、鈴木善幸を始めとする宏池会の逆鱗に触れ、(鈴木内閣と鈴木善幸本人への非難・皮肉とも受け取れた)二階堂擁立構想を生む原因となる。
  18. ^ これ以後、日本国内閣総理大臣から、同様の関係を築く事が流行した。後任・竹下登の「ロン・ノブ」、ブッシュと小泉純一郎の「ジョージ・ジュン」など
  19. ^ こうした背景やレーガンの歴史認識・過去の記憶をもとに、「ロン・ヤス」は実態の無い関係であったと指摘されることも多く、これは同じくアメリカのプードル時代と言われた後年の「ジョージ・ジュン」の関係と比較しても歴然とした差が存在した
  20. ^ ドン・オーバードーファー「ナカソネは『不沈空母』とは言わなかった---ワシントン・ポスト外交記者を辞めるに当たって」『THIS IS 読売』1993年8月号
  21. ^ 旧海軍時代に慰安所つくった記憶ないBloomberg.co.jp
  22. ^ 慰安婦:中曽根元首相、強制動員を否認(Chosun Online 『朝鮮日報』)[リンク切れ]
  23. ^ 自著『二十三歳で三千人の総指揮官』、関連書『終わりなき海軍』松浦敬紀著、『いま明かす戦後秘史に詳しい』鹿内信隆
  24. ^ 「土人女を集め慰安所開設」 中曽根元首相関与示す資料 高知の団体発表2011年10月28日 しんぶん赤旗
  25. ^ サッチャーの愛国心はかなりのもので、トルコのダーダネルス海峡に架ける橋の工事を日本企業が請け負った際には、サミットの開会前に中曾根の元に来て、英国の勢力圏の仕事を日本が持っていくのはひどいと抗議している。
  26. ^ 中曽根首相は1983年1月、韓国を訪れた。日程を順調に消化し、最大のヤマ場となる大統領官邸の大広間での晩餐会が始まった。大勢の来賓が招かれたなか、全斗煥大統領の歓迎スピーチが終わり、次は中曽根首相の挨拶になった。来賓は、中曽根首相が日本の韓国統治についてどういう言葉で謝罪するのかに注目し、会場は水を打ったように静まり返った。首相はポケットから挨拶文を取り出し、ゆっくりと広げた。「ヨロブン、アンニョン ハシムニカ(ご来賓の皆さん、今晩は、여러분, 안녕하십니까)・・・」会場は大きくどよめいたという。スピーチの中ほどで日本語になり、韓国語の通訳が入った。そして最後。「オヌルン、テダニ カムサハムニダ(本日は誠にありがとうございました、오늘은 대단히 감사합니다)」会場は割れんばかりの拍手に包まれたという。帰国後、中曽根首相は「隣に座っていた全斗煥大統領は涙を浮かべていた」と語ったという。客席の中にもハンカチで涙を拭いていた人もいたようだ。中曽根首相の謝罪の言葉は脇に押しのけられた格好になった。(町田貢 『日韓インテリジェンス戦争』 文藝春秋 2011年)
  27. ^ 「サンデー毎日誌上の不破と中曽根対談」考
  28. ^ 中曽根 康弘著『青山常運歩 中曽根康弘対談集』(毎日新聞社)
  29. ^ 第123回国会 参議院 予算委員会 第3号 平成4年(1992年)4月8日
  30. ^ 有田芳生 『「神の国」の崩壊 統一教会報道全記録』 教育史料出版会 1997年
  31. ^ 光文社FLASH2006年7月4日号
  32. ^ 報道2001」において中曾根が語る先見性を予言者ノストラダムスに見立てて名づけられた。
  33. ^ 朝日新聞1963年11月3日
  34. ^ 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』176頁によれば、「母の名前はゆく。その実家は安中市名家で素封家であった。中曽根は女一人、男四人の二男。そのうち三男・良介は戦死、四男・昌吉は病死している。」という。
  35. ^ 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』178頁によれば、「その妻・真理子は、前川商事や前川産業、あるいは朝霧高原の開発などで有名な前川昭一の長女である。」という。
  36. ^ めちゃ×2イケてるッ!」のコーナー「フジTV警察24時」でもフジテレビの二世社員として紹介され、目の前で本庁からの助っ人だったはなわに“中曽根の孫もフジ、オンエアできるのか?”と歌われた。また、インディーズお笑い芸人としても活躍している
  37. ^ 神一行著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』169頁
  38. ^ 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)ア九二頁より

関連項目[編集]

関連人物[編集]

  • 長嶋茂雄 - 一時期中曽根は長嶋所有の家に住んでいた
  • 石原慎太郎 - 回顧録では批判しているがその後は共著がある
  • 佐々淳行
  • 与謝野馨 - 元秘書
  • 五島昇 - 東京急行電鉄元会長・社長。生前親交を深めており、東急グループ内の1社を譲渡している。

外部リンク[編集]

公職
先代:
鈴木善幸
日本の旗 内閣総理大臣
第71・72・73代:1982年 - 1987年
次代:
竹下登
先代:
宇野宗佑
日本の旗 行政管理庁長官
第45代:1980年 - 1982年
次代:
斎藤邦吉
先代:
田中角榮
日本の旗 通商産業大臣
第34・35代:1972年 - 1974年
次代:
河本敏夫
先代:
高碕達之助
荒木萬壽夫
日本の旗 科学技術庁長官
第7代:1959年 - 1960年
第25代:1972年
次代:
木内四郎
前田佳都男
先代:
有田喜一
日本の旗 防衛庁長官
第25代:1970年 - 1971年
次代:
増原恵吉
先代:
大橋武夫
日本の旗 運輸大臣
第38代:1967年 - 1968年
次代:
原田憲
党職
先代:
鈴木善幸
自由民主党総裁
第11代:1982年 - 1987年
次代:
竹下登
先代:
二階堂進
自由民主党幹事長
第15代:1974年 - 1976年
次代:
内田常雄
先代:
鈴木善幸
江崎真澄
自由民主党総務会長
第16代:1971年 - 1972年
第21代:1977年 - 1978年
次代:
鈴木善幸
倉石忠雄
先代:
集団指導体制より移行
新政同志会会長
初代:1968年 - 1978年
次代:
改称
先代:
改称
政策科学研究所会長
初代:1978年 - 1990年
次代:
渡辺美智雄
学職
先代:
安東義良
拓殖大学総長
第12代:1967年 - 1971年
次代:
豊田悌助
外交職
先代:
ヘルムート・コール
西ドイツ
先進国首脳会議議長
1986年
次代:
アミントレ・ファンファーニ
イタリア
-
-
第代
-
-

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg