荒井寿光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒井 寿光(あらい ひさみつ、1944年1月10日 - )は、日本の通産官僚。元通商産業審議官

来歴[編集]

長野県中野市出身[1]。1966年(昭和41年)4月に通商産業省入省。同期には、広瀬勝貞(元通商産業事務次官大分県知事)、林康夫(元中小企業庁長官)、小林興起(元衆議院議員)、北修爾前田正博桑原茂樹門脇秀一NIRA理事、造水促進センター専務理事)、長藤史郎荏原製作所常務執行役員)、小島襄(北海道通産局長)らがいる。

特許庁長官、知的財産戦略推進事務局長を歴任。知財事務局長時代には知的財産推進計画を取りまとめるなどして、日本の知財立国政策を推進した。自ら知財評論家と名乗っており、知的財産に関する多数の著作がある。世界知的所有権機関(WIPO)政策委員、東京理科大学客員教授も務めている。

略歴[編集]

  • 1962年(昭和37年)3月 - 長野県長野高等学校卒業[1]
  • 1966年(昭和41年)3月 - 東京大学法学部卒業
  • 1966年(昭和41年)4月 - 通商産業省入省
  • 1973年(昭和48年)6月 - ハーバード大学大学院修了
  • 1991年(平成3年)6月 - 通商政策局国際経済部長
  • 1992年(平成4年)6月 - 資源エネルギー庁公益事業部長
  • 1993年(平成5年)6月 - 機械情報産業局次長
  • 1994年(平成6年)6月 - 防衛庁装備局長
  • 1996年(平成8年)7月 - 特許庁長官
  • 1998年(平成10年)6月 - 通商産業審議官
  • 2001年(平成13年)1月 - 経済産業省顧問
  • 2001年(平成13年)4月 - 独立行政法人日本貿易保険理事長
  • 2001年(平成13年)8月 - 知的財産国家戦略フォーラム代表
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 内閣官房知的財産戦略推進事務局長
  • 2006年(平成18年)11月20日 - 内閣官房知的財産戦略推進事務局長を退任
  • 2007年(平成19年) - 東京中小企業投資育成株式会社代表取締役社長

著書[編集]

  • これからは日本もプロ・パテント(特許重視)の時代(1997年10月、発明協会ISBN 978-4827104653
  • 特許はベンチャービジネスを支援する(1998年5月、発明協会、ISBN 978-4827104943
  • 特許戦略時代 - ルールが変わる、競争が変わる(1999年2月、日刊工業新聞社ISBN 978-4526043086
  • Intellectual Property Policies for the Twenty-first Century(2000年、世界知的所有権機関)
  • 知財立国 - 日本再生の切り札100の提言(2002年5月、日刊工業新聞社、ISBN 978-4526049507) - 編著
  • 知的財産立国を目指して - 「2010年」へのアプローチ(2003年5月、IMS出版、ISBN 978-4901385169
  • 知財立国への道(2003年12月、ぎょうせい、ISBN 978-4324072547) - 共著
  • 世界知財戦略―日本と世界の知財リーダーが描くロードマップ(2006年4月、日刊工業新聞社、ISBN 978-4526056543) - カミール・イドリスWIPO事務局長と共著
  • 知財革命(2006年9月、角川書店、ISBN 978-4047100565

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 知的財産権 - 日本における知的財産訴訟の現状なども記載
公職
先代:
清川佑二
日本の旗 特許庁長官
1996年7月2日 - 1998年6月19日
次代:
伊佐山建志