拓殖大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:キャンパスの様子の画像提供をお願いします。2009年9月
拓殖大学
恩賜記念講堂
恩賜記念講堂
大学設置 1922年
創立 1900年
学校種別 私立
設置者 学校法人拓殖大学
本部所在地 東京都文京区小日向三丁目4番14号
北緯35度42分55.1秒 東経139度44分10.3秒 / 北緯35.715306度 東経139.736194度 / 35.715306; 139.736194座標: 北緯35度42分55.1秒 東経139度44分10.3秒 / 北緯35.715306度 東経139.736194度 / 35.715306; 139.736194
キャンパス 文京(東京都文京区)
八王子(東京都八王子市)
学部 商学部
政経学部
外国語学部
国際学部
工学部
研究科 商学研究科
経済学研究科
工学研究科
言語教育研究科
国際協力学研究科
地方政治行政研究科
ウェブサイト 拓殖大学公式サイト
テンプレートを表示

拓殖大学(たくしょくだいがく、英語: Takushoku University)は、東京都文京区小日向三丁目4番14号に本部を置く日本私立大学である。1922年に設置された。大学の略称は拓大。

概要[編集]

桂太郎銅像
茗荷谷と文京キャンパス正門
1929年の卒業写真。中央が後藤新平学長。左隣は永田秀次郎次期学長

大学全体[編集]

拓殖大学は台湾開拓を実施するための人材を育成する教育機関として開校した(拓殖とは“未開の土地を開拓し、そこに移り住むこと”の意である)。初年度は独立した校舎を持たず、和仏法律学校(現・法政大学)の一部を借用していた。1901年には現在の文京キャンパスである小石川区茗荷谷へ移転している。

第二次世界大戦前にアジア開拓など外地に携わる人材育成を目的としていたことから現在でも国際開発の人材育成を主力としている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

拓殖大学の建学の精神は、台湾協会学校設立時に桂太郎が唱えた「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為な人材の育成」となっている。また当時学監(現在の学長に相当)だった新渡戸稲造の影響もあり、校歌にある「人種の色と地の境我が立つ前に差別なし」と聖書マタイによる福音書の一節を引用した「地の塩となれ」を教育方針としている。

教育および研究[編集]

拓殖大学は第二次世界大戦前には拓殖学(植民政策学など)を中心とした教育機関であった。その為、学部構成は当時の名残を残しており、現在でも独立した法学部は設置しておらず、政経学部法律政治学科という政治学の一分野という立場で教育・研究が行われている。政経学部は、早稲田大学明治大学に次ぐ古い歴史を持ち(第二次世界大戦前には専門部という名称であった)、もともと台湾への入植者に関する教育を実施する大学であったことから学問的な論点もさることながら実際に拓殖地においてどのように行政と経営を実施するかということを研究・教育する学問体系を取っていた。さらにこうした視点から法学まで内包した科目体制を取っており、現在でも法学は政治学の一分野としてのカリキュラム編成がなされ、学科名は法律政治学科である。商学部を中心に地方官吏養成にも力をいれており、その為税理士輩出数においては全国屈指の実績を誇り、関東圏の大学では中央大学や早稲田大学等に次ぐ5番目相当の輩出数を誇っていた時期もあった。2008年に商学部会計学科が設置された。同年11月7日実施の「平成20年度八王子税務署納税表彰式」において、租税教育推進校として表彰される。

また附属高校に、漢方医学講座、鍼灸科(理療科)、柔道整復師養成課程もあった。医学部の創設が一時理事会で正式決定されたが、文部省の意向をふまえ中止した。

学風および特色[編集]

建学の精神に則り、日本文化研究所が設置されており、独自の日本文化や歴史の研究が行われている。機関誌『新日本学』(季刊)を出版している。

沿革[編集]

初代校長/桂太郎
第二代学長/小松原英太郎
第三代学長/後藤新平

年表[編集]

Takudai1939.jpg

  • 1940年 学部の商科を商経学科、拓殖科を拓殖学科に改称
  • 1943年 専門部武徳科を司政科に改める。東洋協会安南語講習所を設置
  • 1946年 拓殖大学を紅陵大学と改名。拓殖大学専門部を紅陵専門学校に改称
  • 1948年 福井地震で学生有志が「義援隊」を組織し現地入り。
紅陵大学のバンカラ学生(1949年)
  • 1949年 学制改革に伴い新制紅陵大学として発足、商学部(経営学科・貿易学科)および政経学部(政治学科・経済学科)を設置
  • 1950年 短期大学(経営科・貿易科)を設置
  • 1951年 大学院修士課程(経済学研究科商学研究科)を設置
  • 1952年 再び名称を拓殖大学に戻す
  • 1955年 「拓殖大学海外事情研究所」設立
  • 1957年 新講堂(茗荷谷ホール)竣工
  • 1959年 「拓殖大学経理研究所」設立
  • 1961年 「拓殖大学日本語研修所」を設立
  • 1963年 「拓殖大学日本語研修所」を「拓殖大学語学研修所」と改称
  • 1964年 八王子校地(42万坪)購入契約調印(5月本契約)
  • 1965年 学友会会報「茗荷谷たより」創刊号発行
  • 1968年 「拓魂碑」除幕式を挙行(学友会主催)
  • 1969年 北海道拓殖短期大学付設拓殖保育専門学校を設置
  • 1970年 大学院博士課程(経済学研究科・商学研究科)を設置、大学院校舎「D館」(図書館跡)竣工、恩賜記念講堂表記記念碑S館裏に建立 
  • 1972年 留学生別科を設置、「拓殖大学語学研修所」を「拓殖大学語学研究所」と改称
  • 1977年 東京都八王子市に八王子キャンパスを開設、商学部政経学部教養課程を移転、同キャンパスへ外国語学部(英米語学科・中国語学科・スペイン語学科)を設置
  • 1978年 「拓殖大学ユネスコ協会」設立、八王子キャンパス内に国際交流会館完成
  • 1979年 カナダに海外提携校を開設
  • 1980年 北海道拓殖短期大学「保育科」を新設、「拓殖招魂社」を八王子校地に移設遷座
  • 1981年 台湾・北京・スペイン・メキシコに海外提携校を開設
  • 1985年 「管理棟」「図書館棟」起工式、赤城山荘(厚生施設)廃止
  • 1987年 工学部(機械システム工学科・電子工学科・情報工学科・工業デザイン学科)を設置
  • 1990年 北海道拓殖短期大学を拓殖大学北海道短期大学と改称
  • 1991年 大学院修士課程(工学研究科機械システム工学専攻・電子情報工学専攻)を設置
  • 1992年 オーストラリアに海外提携校を開設
  • 1993年 大学院博士課程(工学研究科機械システム工学専攻・電子情報工学専攻)を設置 大学院修士課程(工学研究科工業デザイン学専攻)を設置
  • 1994年 イギリスに海外提携校(2大学)を開設
  • 1997年 大学院博士課程(工学研究科工業デザイン学専攻)を設置、大学院修士課程(言語教育研究科英語教育専攻・日本語教育専攻)を設置
  • 1998年 八王子キャンパスに学生交流会館完成
  • 1999年 大学院博士課程(言語教育研究科/言語教育学専攻)を設置、国際開発研究所開設、拓殖大学先端工学研究センター開設
  • 2000年 創立100周年記念式典に天皇皇后が出席、国際開発学部(開発協力学科・アジア太平洋学科)を設置、言語文化研究所付属日本語研修センターに準備教育課程を設置、創立百周年記念事業「恩賜記念館」竣工
  • 2002年 貿易学科を国際ビジネス学科へ、電子工学科を情報エレクトロニクス学科へそれぞれ改称。取得した日本語教育センター(旧外務省研修所)を国際教育会館と名称変更
  • 2003年 政治学科法律政治学科と改称、日本語研修センターが各種学校として東京都から認可、大学組織から拓殖大学日本語学校として分離改組。
  • 2004年 大学院国際協力学研究科博士前期課程を設置
  • 2005年 拓殖大学創立105周年祝賀会、八王子キャンパス内の国際開発学部棟を増築、八王子キャンパス内に第二体育館と体育寮完成、拓殖短期大学廃止 
  • 2006年 大学院国際協力学研究科博士後期課程を設置
  • 2007年 商学部に、会計学科を新設、国際開発学部を、国際学部に名称変更(開発協力学科、アジア太平洋学科の2学科を国際学科1学科4コース制に編成)、工学部の情報エレクトロニクス学科を電子システム工学科に名称変更、日本語教育研究所を開設、イスラーム研究所を開設
  • 2008年 国際学部に国際観光コースを設置
  • 2008年 拓大ルネサンス計画の一環として、文京キャンパス内に新校舎(C館)完成
  • 2009年 大学院地方政治行政研究科地方政治行政専攻修士課程を設置、拓殖大学桂太郎塾を開講
  • 2010年 工学部の工業デザイン学科をデザイン学科に名称変更、GPA制度を導入

基礎データ[編集]

所在地[編集]

校歌[編集]

拓殖大学の校歌1919年に創立20年を記念して制定。作詞者の宮原民平は拓殖大学の卒業生で当時は教授の職にあった。また、作曲者は陸軍軍楽隊長の職にあった永井建子

スクールカラー[編集]

拓殖大学のスクールカラーは文京キャンパスが紅葉の名所であったことから紅葉色となっている。なお中国大陸黄土から黄色が用いられてきたようだが、伝統的に橙色紅色なども併用されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 商学部
  • 政経学部
  • 外国語学部
    • 英米語学科
      • 英語学・英語教育コース
      • 英語コミュニケーションコース
      • 英米文化コース
    • 中国語学科
      • 中国語コミュニケーションコース
      • 中国語ビジネスコース
    • スペイン語学科
      • スペイン語コミュニケーションコース
      • スペイン語圏文化コース
  • 国際学部
    • 国際学科
      • 国際協力コース
      • 国際経済コース
      • 国際政治コース
      • 国際文化コース
      • 国際観光コース
      • 農業総合コース
  • 工学部
    • 機械通信システム学系
      • 機械システム工学科
        • メカニカルデザインコース
        • 材料システムコース
        • 3D設計コース
        • 機械航空コース
      • 電子システム工学科
        • 通信ネットワークシステムコース
        • 映像・音響システムコース
        • 生物・生体システムコース
        • デジタルシステムコース
      • 機械システム学科×電子システム工学科コラボレーションコース
        • ロボットコース
        • 環境・エネルギーコース
    • 情報・デザイン・メディア学系
      • 情報工学科
        • システムエンジニアリングコース
        • コンピューターソフトウェアコース
        • インターネットサービスコース
        • 組み込みシステムコース
      • デザイン学科
        • 感性デザインコース
        • 生活デザインコース
        • プロダクトデザインコース
        • コミュニケーションデザインコース
      • 情報工学科×デザイン学科コラボレーションコース
        • ゲーム&シミュレーションコース
        • ITコーディネーションコース
    • 4学科共通コース
      • 国際エンジニアコース
        • 国際エンジニアプログラム
        • パイロット・整備士プログラム
      • テクニカルライティングコース

大学院[編集]

大学院商・経済学研究科 外観
大学院国際協力学研究科 外観
大学院言語教育研究科 外観

別科(文京キャンパス)[編集]

  • 留学生別科

短期大学[編集]

短期大学部は設置されていないが以下の短期大学が設置されている。

また、かつて文京キャンパスに拓殖短期大学が設置されていたが現在は廃止されている。

附属機関[編集]

経営経理、政治経済、人文科学研究所
海外事情、日本文化研究所
  • 経営経理研究所
    • 会計教育センター
  • 政治経済研究所
  • 言語文化研究所
  • 理工学総合研究所
  • 人文科学研究所
  • 海外事情研究所
    • 華僑研究センター
  • 日本文化研究所
    • 近現代研究センター
  • 国際開発研究所
    • 国際開発教育センター
    • アジア情報センター
  • イスラーム研究所
  • 日本語教育研究所
  • 地方政治行政研究所
    • 地方政治センター
  • 産学連携研究センター
日本文化研究所[編集]

日本文化研究所は、1987年4月に「現代文明に変り得る、新たな文明の核としての日本を研究する機関」として設立された。当初は日本文化研究室という名称で、研究員は所長と客員研究員3名に加え、各学部・大学院に所属する教員が兼務するという形が取られていた。 1994年に「建学の精神に則って我が国と世界の学術と平和に寄与する研究機関」へと設立の目的が変更され、研究室も研究所へ昇格する。昇格により、研究所所長、専任教授、専任研究員を抱えることとなる。研究内容も昇格同時に研究内容が「アイデンティティの探求」という一点に絞った研究に変更された。これにより紀要も大幅変更されることになる。 1998年8月には、日本文化研究所付属近現代研究センターが設立。台湾との共同研究「後藤新平・新渡戸稲造事跡国際検討会」の参加や学術検討会などへの参加。また、拓殖大学旧台北分校調査などが行われた。韓国でも拓殖大学旧京城分校の調査が行われた。 近年では、明治以降の近代化や戦後の歴史編纂などで掻き消された歴史や文化をもう一度掘り起こし検証することを中心に研究されており、得られた成果を新日本学として紀要公開講座などで紹介している。紀要は『季刊新日本学』という名の表題とし年四回発行している。また、一般市民向け公開講座を開講している。(名称は毎年変わるが、「日本」という名が入る。)研究所は、拓殖大学国際教育会館内の別館研究所棟にある。 所長は渡辺利夫[1]

附属図書館[編集]

図書館は、文京キャンパスに2ヵ所、八王子キャンパスに1ヵ所設置されている。本館は、八王子キャンパス内の図書館で正式名称は「拓殖大学図書館」という。文京キャンパス内の図書館は「拓殖大学文京図書館」という。学内向けには「八王子図書館」「茗荷谷図書館」といい、図書館の所在地を入れた名称で案内されている。文京図書館は、商学部、政経学部の3・4年および、商学研究科、経済学研究科、言語教育研究科、国際開発研究科が設置されている関係上、社会科学関係の資料を中心に蔵書されている。このうち学部生を中心に蔵書されている図書館を本館とし、別に大学院生向け資料を揃えた分館の計2ヵ所の図書館を配置している。拓殖大学図書館は、商学部・政経学部の1・2年生に加え外国語学部、国際学部、工学部が配置されているため、人文、社会、自然の各分野が全般的に揃えられている。また、各コレクションや文庫、貴重図書もここに収録されている。

私立大学学術研究高度化推進事業[編集]

  • ハイテク・リサーチ・センター事業
    • セラミックス系先端複合材料の超高温環境下における材料特性評価技術に関する研究
    • 拓殖大学先端工学研究センター

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • ツイニングによる国際化への積極的取組プロジェクト
    • 文系学生のグローバル農業人材育成
    • 環境配慮型CSR対応教育プログラム
    • 学生の努力を誘発する実践力養成プログラム

留学制度[編集]

「拓殖大学海外留学制度:TUSAPTakushoku University Study Abroad Programs)」という制度が設定されている。留学期間や留学方法により長期研修、短期研修、派遣留学、大学間交換留学、学部間交換留学、個人研修奨学金プログラムに分かれている。 留学先として、カナダ・オーストラリア・イギリス・アメリカ・中国・台湾・スペイン・メキシコの8か国・地域が設定されている。

長期語学研修は各学部が主催し、全学的に募集している。期間は9か月~12か月で、現地で取得した単位は、振り替えられる。

短期語学研修は各学部が主催し、全学的に募集している。期間は3~6週間程度である。

派遣留学は学術交流協定締結校へ1年程度留学する制度であり、授業料に加えて生活費や渡航費の一部も奨学金として支給される。

大学間交換留学および学部間交換留学は、学術交流協定校に6か月から1年派遣される制度である。この制度では日本学生支援機構(JASSO)から奨学金の支給を受けることも出来る。

個人研修奨学金プログラムは、第二語学の話されている又は履修した地域研究の地域へ、個人で計画を立てて短期留学する制度で、地域に応じた奨学金が支給される。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

概要
同大学は2つのキャンパスを持つが、文京キャンパスが商学部と政経学部の3、4年次のみの設置であり、文京キャンパス所属の学生が八王子キャンパスの学生に合わせる必要があるため、学園祭をはじめ大学内の課外活動のほとんどは八王子キャンパスで活動が行われる。その際、文京キャンパス所属の学生がその都度八王子キャンパスでの活動に顔を出すこととなる。課外活動を管轄する大学当局への団体の届け出もキャンパス単位ではなく全学で統一してなされている。
麗澤会(りたくかい:部活動、クラブ活動)
サークル活動以外の部活動、クラブ活動(委員会、部、研究会、同好会)は「拓殖大学麗澤会」という教職員と全学学生で構成される全学組織に所属することになる。
拓殖大学麗澤会は会長に学長、副会長に副学長、学生センター長(学生部長に相当)、各学部長、法人事務局長が就任しており、さらに学生センター学生生活部が「麗澤会事務局」として事務を運営する。
拓殖大学麗澤会は事務局、総務局、文化局、体育局の四つの部門を設置しており各部、クラブはいずれかの部門に所属している。
また、部・クラブ以外の団体は、大学祭実行委員会と卒業実行委員会が事務局、新聞部・放送部・吹奏楽部・図書館後援会、それらの連合会が総務局に所属している。なお、文化系部・クラブ・それらの連合会は文化局、運動系部・クラブ・それらの連合会は体育局の所属となる。
事務局所属の団体は麗澤会事務局である学生センター学生生活部の職員が直接顧問を務める。
文化局連合会では、文化系の部活、サークルの集まる行事が年に2~3回あり、他団体のサークルの同級生はもちろん、先輩、後輩のメンバー、多くの学部生の交流もできる。
麗澤会常任委員会
麗澤会の最高の意思決定機関は常任委員会と呼ばれ、麗澤会会長、副会長、局長(局の顧問である教職員)、その他の教職員の常任委員、学生常任委員(事務局団体役員、連合会役員)で構成する。麗澤会予算の議決等が本来の権限だが、学生自治会が現在休会になっているためこの委員会が大学と学生の代表者との全学的な協議の場となっている。
麗澤会海外派遣団
麗澤会では年に一回派遣国と研究テーマを決め、それに対して10名程度学生団員を募り約一週間派遣国において研究テーマについての活動をする。
サークル活動
拓殖大学の課外活動はすべて大学へ届出をする必要がある。そのため、サークル活動を行うには「愛好会」として学生センターへ届ける必要がある。愛好会は麗澤会所属団体に準ずる立場としており、学生当局より適時経済的な補助を受け、活動している。ただし、愛好会にかかる予算は麗澤会予算として計上されないため、必要に応じ当局と交渉をする必要がある。

学園祭[編集]

紅陵祭
紅陵祭は八王子キャンパスで10月に行われる学園祭である。大学内の部活同好会サークル等各学生団体の共通の活動成果の発表の場であり、授与対象にならない独自の活動成果の発表を行った団体以外の最優秀賞団体には拓殖大学総長杯が授与される。主催者は麗澤会事務局大学祭実行委員会。
語劇祭
語劇祭は部活同好会サークルおよび有志によって八王子キャンパスで11月に開催される外国語のみを台詞に展開する劇の発表会。2008年で71回目を数える。大学内に課外活動として外国語の鍛錬、外国事情の研究を活動内容にする学生団体が複数あり、それらは語劇祭を紅陵祭と並ぶ団体の晴れ舞台として語劇祭を軸に活動を展開している。基本的に出場団体はそれらだが、まれに語学授業履修者の有志団体も出場をはたしている。最優秀賞団体には拓殖大学総長杯が授与される。なお、主催者は紅陵祭と同じ麗澤会事務局大学祭実行委員会。
文連フェスティバル
文連フェスティバルは拓殖大学麗澤会文化局連合会により、八王子キャンパスで5月に開催される。大学の新入生歓迎会をかねるとされ、麗澤会文化局の所属団体が紅陵祭と同様の研究発表を行うが、紅陵祭よりも来場者が少なく、小規模なため、麗澤会文化局の所属団体同士の交流会としての性格も強い。
歌集の集い
拓殖大学に伝わる伝統的な校歌をはじめ応援歌、学生歌、部歌、寮歌など)を学生が披露する行事である。リーダー公開もあわせて行われる。2007年で28回目を数える。ちなみに拓殖大学に伝わる歌集の曲目数は校歌も入れて40曲以上である。なお、声調態度、歌唱力等の審査は行わず、披露が一番の目的に行われる。

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 拓殖大学の同窓会拓殖大学学友会と称し、拓殖大学大学院、拓殖短期大学、拓殖大学北海道短期大学及び留学生別科などと共通に組織されている。
  • 拓殖大学の全学部学生で構成される全学組織として学生健康保険互助組合を設置しており、学生への医療費補助をはじめ、学生の健康管理、福利厚生を掌理している。他大学において設置例は少ない。議決機関として学生センター長(学生部長に相当)が理事長をつとめる理事会と執行機関で有志の学生で構成され、実際に活動を展開する学生健康保険委員会を設置する。なお、学生健康保険委員会は学生で構成される団体でありながらこの全学組織内におかれていることを理由に麗澤会(前に説明)からは例外的に独立する。

施設[編集]

キャンパス[編集]

文京キャンパス[編集]

五丈原広場
  • 使用学部:商学部 政経学部
  • 使用研究科:大学院経済学研究科、商学研究科、言語教育研究科、国際協力学研究科、地方政治行政研究科
  • 使用附属施設:経営経理研究所、政治経済研究所、人文科学研究所、言語文化研究所、海外事情研究所、日本文化研究所、国際開発研究所、日本語教育研究所、イスラーム研究所、地方政治行政研究所
  • 最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩3分

拓殖大学が創立されて以来のキャンパスで、大学の本部もここにある。内田祥三の代表的な建築物として建築学会で知られる拓殖大学国際教育会館はこのキャンパスに隣接している。

八王子国際キャンパス[編集]

このキャンパスにある恩賜記念講堂・歴史資料館は、2000年に拓殖大学100周年記念事業の一環で、1945年東京大空襲で全焼した恩賜記念講堂(設計:妻木頼黄)を復元した建物である。講堂の復元と同時に歴史資料館を開設した。ここでは、大学設置の許可証や海外の大学との交流、歴代の総長、学長等の資料などが展示されている。また、野球場、ラグビー場、サッカー場、アーチェリー場のほか、ゴルフ練習場や馬場などのスポーツ施設が設置されている。

烈士脇光三
拓殖招魂社

[編集]

拓殖大学は大学の寮として一般寮、体育寮、そして妻帯者も入寮可能な留学生寮を整備している。また、一部の運動部は独自にをもつものもある

  • 体育寮
文京キャンパス再開発事業で八王子キャンパスに新築移転された。移転時の柔道、レスリング、ボクシング、相撲の各部が入寮している。
  • カレッジハウス扶桑(2012年4月完成)
一般学生を対象にしたワンルームマンション型の学生寮で八王子キャンパス内に設置。

対外関係[編集]

地方自治体との協定[編集]

  • 八王子市の市民が拓殖大学付属の各図書館を利用に関する協定(2007年締結)
  • 文京区の区民が拓殖大学付属の各図書館を利用に関する協定(2007年締結)

他大学との協定[編集]

2008年の12月に、拓殖大学と中国社会科学院との間で学術交流協定が締結された。早速、共同研究のテーマ設定の作業に取りかかり、拓殖大学内の教員相互、ならびに中国社会科学院との間で協議を重ねている。 その結果、今後3年間にわたり、以下の2つのテーマについて同時並行して研究を進めることになった。

1.東アジアの人口動態と社会変動(日本側主査 梶原弘和 国際開発学部教授・新田目夏実 国際開発学部教授)

2.東アジアの開発体制と経済発展(日本側主査 鈴木正俊 政経学部教授・柳原透 国際開発学部教授)

他大学との協定 (国内)[編集]

日本国際教育大学連合
日本マレーシア高等教育大学連合
首都圏私立17大学
八王子未来学
東京工業高等専門学校を代表校とし、連携校として他に杏林大学工学院大学創価大学多摩美術大学東京家政学院大学東京工科大学東京純心女子大学東京造形大学東京薬科大学明星大学創価女子短期大学山野美容芸術短期大学がある
八王子学園都市大学
大学コンソーシアム八王子
桜美林大学、杏林大学、工学院大学、首都大学東京創価大学、創価女子短期大学、多摩美術大学中央大学帝京大学帝京大学短期大学デジタルハリウッド大学東京家政学院大学東京工科大学、東京工業高等専門学校、東京純心女子大学東京造形大学東京薬科大学日本文化大学法政大学明星大学サレジオ工業高等専門学校ヤマザキ動物看護短期大学山野美容芸術短期大学

関係校[編集]

学校法人拓殖大学では以下の大学も設置している。

附属学校[編集]

学校法人拓殖大学が設置している教育機関は以下の通りである。

以下は、別学校法人であるが系属校という扱いになっている。

出典[編集]

  1. ^ 日本文化研究所”. 拓殖大学. 2015年12月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『世界に天駆けた夢と群像/拓殖大学百年・小史』(拓殖大学創立百年史編纂室編 2000年
  • 『拓殖大学創立100周年記念/右手に文化の炬をかかげ』(拓殖大学記念写真誌編集委員会編2000年
  • 『拓殖大学一覧』(拓殖大学編1941年

Wiki関係他プロジェクトリンク[編集]

公式サイト[編集]