名古屋外国語大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
名古屋外国語大学
日進キャンパス
日進キャンパス
大学設置/創立 1988年
学校種別 私立
設置者 学校法人中西学園
本部所在地 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
北緯35度9分30.53秒 東経137度2分31.71秒 / 北緯35.1584806度 東経137.0421417度 / 35.1584806; 137.0421417座標: 北緯35度9分30.53秒 東経137度2分31.71秒 / 北緯35.1584806度 東経137.0421417度 / 35.1584806; 137.0421417
キャンパス 日進(愛知県日進市)
学部 外国語学部
現代国際学部
世界共生学部
研究科 国際コミュニケーション研究科
ウェブサイト 名古屋外国語大学公式サイト
テンプレートを表示

名古屋外国語大学(なごやがいこくごだいがく、英語: Nagoya University of Foreign Studies、公用語表記: 名古屋外国語大学)は、愛知県日進市岩崎町竹ノ山57に本部を置く日本私立大学である。1988年に設置された。大学の略称は名古屋外大(なごやがいだい)、名外大(めいがいだい)、英称の頭文字からNUFS(ナフス)。

概観[編集]

大学全体[編集]

 名古屋外国語大学は1988年に、中部地方唯一の外国語大学として創立した4年制大学である。現在、2学部・9学科・1研究科を設置している。海外132大学 と協定を結び 、TESS(Total Expense Support System)による交換留学を実施し、留学生派遣数が中部地区で最多 [1]である。

沿革[編集]

  • 1988年4月1日 - 開学(外国語学部英米語学科・フランス語学科・中国語学科)。
  • 1994年4月1日 - 国際経営学部国際経営学科開設
  • 1997年4月1日 - 大学院国際コミュニケーション研究科(修士課程)開設
  • 1999年4月1日 - 大学院国際コミュニケーション研究科に博士課程後期開設、修士課程を博士課程前期に改める。外国語学部日本語学科設置
  • 2001年4月1日 - 留学生別科設置
  • 2004年4月1日 - 国際経営学部学生募集停止。現代国際学部(現代英語学科・国際ビジネス学科)開設
  • 2008年4月1日 - 外国語学部英語教育学科開設
  • 2013年4月1日 - 現代国際学部国際教養学科開設
  • 2015年4月1日 - 外国語学部世界教養学科開設
  • 2017年4月1日 - 世界共生学部世界共生学科開設

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57番地

教育および研究[編集]

教育[編集]

名古屋外国語大学は、創立30周年にあたる2018年に向けて、以下に示す人材育成のヴィジョンのもとに高等教育の4つの領域における改革を含む《GFP2018》を策定し、アクションプランを実行する。

組織[編集]

  • 学 長 亀山 郁夫 Kameyama Ikuo
  • 副学長 高梨 芳郎 Takanashi Yoshiro
  • 副学長 恒川 孝司 Tunekawa Takashi
  • 副学長 蔵田 敏明 Kurata Toshiaki
  • 教員紹介

学部[編集]

  • 外国語学部
    • 英米語学科
    • 英語教育学科
    • フランス語学科
    • 中国語学科
    • 日本語学科
    • 世界教養学科
  • 現代国際学部
    • 現代英語学科
    • グローバルビジネス学科
    • 国際教養学科
  • 世界共生学部
    • 世界共生学科

大学院[編集]

  • 国際コミュニケーション研究科
    • 国際コミュニケーション専攻(博士課程・前期課程)
      • 英語コミュニケーションコース - 修士(英語・英語教育)
      • 日本語コミュニケーションコース - 修士(日本語・日本語教育)
      • フランス語コミュニケーションコース - 修士(フランス語・フランス語教育)
      • 中国語コミュニケーションコース - 修士(中国語・中国語教育)
      • 国際関係コース - 修士(国際関係)
      • 国際ビジネスコース(多言語マネジメント/公益通訳翻訳 各プログラム) - 修士
      • グローバル共生コース - 修士(国際ビジネス)
      • 英語教授法(TESOL)コース - 修士(英語・英語教育)/Master in TESOL
    • 国際コミュニケーション専攻(博士課程・後期課程)
      • 英語学・英語教育学分野 - 博士(英語学・英語教育学)
      • 日本語学・日本語教育学分野 - 博士(日本語学・日本語教育学)
      • 国際文化分野 - 博士(国際文化)

留学生別科[編集]

  • 国際日本語教育インスティテュート
    • 「日本語・日本文化プログラム」(JLJSP) -(1)集中日本語コース(初級~上級まで6レベル)、(2)日本文化実習(日本の伝統/現代文化の講義と体験学習)、(3)英文日本事情コース(日本人学生とともに受講)
    • 「名古屋現代日本プログラム」(CJPN) -英語による講義で日本について学ぶ。

附属機関[編集]

  • ワールドリベラルアーツセンター

授業[編集]

  • 特色のある授業
    • PUT(Power-up Tutorial) - 学生3人と外国人教員1人で行う少人数授業。
    • 現代国際学特殊講義 - 各分野から講師を迎え、国際教養を身につけ、国際的な活動をしていくためには何が必要かを、業界人が講師となり紹介する、オムニバス形式の授業。
    • Speaking Lab - 部屋の中に10のブースが設けてある。授業の中で学生同士がペアを組み、ブースで会話をしているところを自分で簡単にビデオ撮影ができるようにしている。学生は後でこのビデオを見て自分で分析することにより会話力の向上を図る。担当教員からも適切な指示をうけることによってさらに総合的な会話力が養われる。
    • 外国人留学生との合同授業 「英文日本事情」
    • JALグループ提携授業 -エアライン関連の授業をいくつか開講。

留学制度[編集]

海外留学[編集]

  • 交換留学生の条件を満たした場合、留学費用[2]を全額または一部補助する、TESS(Total Expense Support System)制度がある。期間は半年以上1年以内。(2011年秋開始[3]。)
    • 【TESSI(ダブルディグリー)留学】
    • 【TESSII(スタンダード)留学】
    • 【TESSIII(2か国)留学】
    • 【交換留学】
    • 【認定留学】
    • 【UCR特別留学】 - カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)の留学プログラムである。「ディズニー国際カレッジコース」

海外研修[編集]

  • 約1ヶ月間。各学科で春期・夏期休暇に実施。主に英語研修。

中期留学[編集]

海外実習[編集]

学生生活[編集]

キャッシュレスシステム[編集]

名古屋外国語大学では、開学当初からキャッシュレスシステムを導入しており、SSFC採用のICカード学生証で専用バスの乗車や学内での食事・買い物、図書館の入館、その他手続き等が可能で、支払いは口座振替となる。

クラブ サークル[編集]

保険管理センター[編集]

学生相談室[編集]

奨学金制度[編集]

学園祭[編集]

学園祭は「合同祭」と呼ばれ、毎年10月に名古屋学芸大学と合同で行っている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 名古屋外国語大学 学生会
  • 名古屋外国語大学同窓会(外国語学部・現代国際学部)

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

キャンパスは名古屋近郊の住宅街にあり、大学が多く集まるエリアにある。大学院TESOLコースは名古屋市内にある名古屋NSCカレッジにて開講。

交通アクセス[編集]

学生食堂[編集]

店舗[編集]

  • Pasco(パスコ)
  • セブンイレブン
  • ヤマザキYショップ
  • 丸善(書店)

[編集]

  • インターナショナルハウス
主に協定大学からの交換留学生が入居している。その他、大学院や学部学生から選考された学生がレジデンスアシスタントとして入居している。学生は自由に訪問可能。留学生は他に、大学側が用意したマンションでも生活している。

その他の施設[編集]

講堂[編集]

対外関係[編集]

地方自治体との協定[編集]

系列校[編集]

学校法人中西学園

国内提携校[編集]

  • 東京外国語大学 - 名古屋外国語大学の学生は東京外国語大学の特別聴講生として1年または半年の間学ぶことができる。(2015年)

海外提携校[編集]

アメリカ合衆国の旗アメリカ

イギリスの旗イギリス

アイルランドの旗アイルランド

オーストラリアの旗オーストラリア

ニュージーランドの旗ニュージーランド

カナダの旗カナダ

フランスの旗フランス

ベルギーの旗ベルギー

中華人民共和国の旗中国

大韓民国の旗韓国

台湾

メキシコの旗メキシコ

ベトナムの旗ベトナム

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞出版発行:大学ランキング2015年版「海外留学制度(留学生派遣:16単位以上取得)」)
  2. ^ 対象は、往復の航空費・留学先の授業料・教科書代・居住費・保険料・ビザ代などを合計し、標準的な必要費用を算出したもの。単位認定される。
  3. ^ 2010年12月4日中日新聞夕刊『学生に「留学のススメ」 名古屋外大が費用全額補助』より。

公式サイト[編集]

名古屋外国語大学