学術・文化・産業ネットワーク多摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩(こうえきしゃだんほうじん がくじゅつ・ぶんか・さんぎょうねっとわーくたま)は、多摩地域の大学が中心となって地域の発展、教育の改善・発展や社会貢献を行う公益法人産学官連携機構。略称はネットワーク多摩。

概要[編集]

多摩地域の大学が中心となって地域の発展、教育の改善・発展や社会貢献を行う目的で結成された。大学、行政、企業等の団体と連携して、教育、調査、研究開発、情報提供、交流等を通して地域の活性化を図るコンソーシアム組織である。学生ボランティア、大学間単位互換、ご当地検定、キャリア支援、生涯学習講座等を行っている。

事務局所在地[編集]

東京都日野市程久保2-1-1 明星大学

沿革[編集]

年表[編集]

  • 2000年 - 「大学サミット多摩2000 - 大学の挑戦 - 多摩の未来を創る!」開催
  • 2002年 - 「学生教育ボランティア」スタート
  • 2003年 - 「朝日新聞提携講座」スタート,「TAMACUP」(フットサル大会)スタート
  • 2004年 - 小学生のための「環境教育」を昭和記念公園で実施,「学生が創る中小企業ホームページグランプリ多摩」スタート,文部科学省委託による「女性のキャリア形成支援事業」スタート,「全国大学コンソーシアム協議会」の設置を呼び掛け、設立
  • 2005年 - 生涯学習推進研究大会,「NHK提携講座」スタート, 第1回多摩地域大学理事長・学長会議開催
  • 2006年 - 経済産業省「課題解決型授業における社会人基礎力の育成・評価に関する調査―既卒者育成型―」受託,第二新卒就職支援セミナー開催
  • 2007年 - 日本経済新聞昭和記念公園提携 連続公開講座「花と緑と知のミュージアム」スタート, 文部科学省再チャレンジのための学習支援システムの構築事業」受託,「読売新聞提携講座」スタート
  • 2008年 - 大学間連携による単位互換制度開始,文部科学省「免許状更新講習プログラム開発委託事業」受託,「知のミュージアム - 多摩・武蔵野検定」スタート,統一テーマを「自然と環境に優しい国際学園都市圏多摩の構築」に決定
  • 2009年 - 福生市より「商店街振興基本調査」を受託,「NPO・企業オムニバス講座」スタート
  • 2010年 - 「学生ボランティアシンポジウム」開催,「合同企業面接会」スタート
  • 2013年 - 多摩地域大学理事長・学長会議を改め、一般に参加を広く開放する「多摩未来創造フォーラム」スタート(11月10日、於中央大学)

会員[編集]

大学会員[編集]

行政会員[編集]

企業・機関会員[編集]

個人会員[編集]

  • 2名

外部リンク[編集]