系属校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

系属校(けいぞくこう)は、特定の大学と連携関係を持つ初等教育中等教育を行う学校のことである。

系属校は系属関係を持つ大学を運営する学校法人とは、別の学校法人に運営される形態を取っている。またその系属校の理事長を、系属関係を持つ大学の理事長、理事総長、学長などが兼任している場合が多い。多くの系属校はその特定の大学に対し、一般受験者と比べ優先的入学を認められている場合が多い。

附属学校との相違点としては、一般的に、系属している大学に対し別法人である点である。また、多くの大学系属校は大学附属校であると名乗っている場合が多い。同義語として準附属がある。これに対し、同一法人で運営しているものの、所謂エスカレーター式に系列大学へ内部進学することが出来ず、各系列校一斉の推薦入試を設けている場合は併設校[1]と呼ぶ場合がある。このほか、宗教系学校のなかには同一宗派の高等学校に多くの推薦枠を与えている場合があるが、これは学校法人同士の結びつきではなく、上部に位置する宗教法人を介しての結びつきによることが多い。

系属校・準附属校の関連学校法人一覧[ソースを編集]

ここでは、系属校・準附属校などを別法人にて運営する学校法人を明記する。

藍野グループ[ソースを編集]

大阪商業大学系[ソースを編集]

大妻女子大学系[ソースを編集]

加計学園グループ[ソースを編集]

九州産業大学系[ソースを編集]

近畿大学系[ソースを編集]

國學院大學系[ソースを編集]

佐藤栄学園系[ソースを編集]

渋谷教育学園グループ[ソースを編集]

城西大学系[ソースを編集]

白百合学園系[ソースを編集]

駿河台大学系[ソースを編集]

専修大学系 [5][ソースを編集]

創造学園大学系[ソースを編集]

拓殖大学系[ソースを編集]

敬愛大学系[ソースを編集]

都築学園グループ[ソースを編集]

帝京大学グループ[ソースを編集]

帝塚山学院系[ソースを編集]

東海大学系[ソースを編集]

東急グループ[ソースを編集]

同志社大学系[ソースを編集]

東洋大学系[ソースを編集]

南山大学系[ソースを編集]

日本大学系[ソースを編集]

堀井学園グループ[ソースを編集]

明治大学系[ソースを編集]

立教グループ[ソースを編集]

立正大学系[ソースを編集]

早稲田大学系[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 学校法人東京農業大学は傘下に東京農業大学東京情報大学東京農業大学短期大学部東京農業大学第一高等学校・中等部東京農業大学第二高等学校東京農業大学第三高等学校を経営しているが、3校一斉の推薦試験を設け、併設校・併設大学と呼称している
  2. ^ 1968年2月〜2009年3月31日は学校法人清陵学園による運営。2009年4月1日より学校法人谷岡学園による運営。
  3. ^ 学校法人城西学園によって学校法人城西大学が設立された
  4. ^ 駿河台大学の設立母体は駿台予備学校を経営する学校法人駿河台学園
  5. ^ 専修大学のホームページや専修大学の受験生向け大学案内冊子『入学ガイド』などでは「付属高」と「付属」であることと「高等学校」の存在のみが強調されるが、専修学校や中学校、幼稚園も存在する。
  6. ^ もともとは学校法人専修大学による運営で、初代校長と初代副校長は専修大学教授が務めるなど純粋な附属校だったが、のちに法人を分離した。
  7. ^ 帝京医療福祉専門学校帝京山梨看護専門学校を経営
  8. ^ 設立母体は財団法人大隈記念教育財団