至学館大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
至学館大学短期大学部
Gthumb.svg
大学設置 1950年
創立 1905年
学校種別 私立
設置者 学校法人至学館
本部所在地 愛知県大府市横根町名高山55
学部 体育学科
専攻科(アスレティックトレーナー専攻)[1]
ウェブサイト 至学館大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

至学館大学短期大学部(しがっかんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Shigakkan University Junior College、公用語表記: 至学館大学短期大学部)は、愛知県大府市横根町名高山55に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 至学館大学短期大学部は、愛知県大府市内にある日本私立短期大学1950年に中京女子短期大学として設置された。元々は、大学に先駆けて設置されていたが、それの設置により併設型になっている。元々は体育と生活科学の2学科が置かれていたが、現在は体育学科のみの単科短大となっている。

教育理念[編集]

「人間力の形成」 至学館大学における「人間力」とは、「健康力」、「知的視力」、「社会力」、「自己形成力」および「当事者力」の5つの力から構成されるものと定義し、これら5つの力を乗じ、総合的に応用・展開することができてはじめて真の「人間力」であるものと考える。すなわち、「真理と正義にもとづく価値観と倫理観をもち、広い視野と科学的な知識にもとづいた自己実現とすべての人々の幸福のため、積極的に寄与・貢献できる人間力の形成」である。

教育目標[編集]

 学生自らが主体的に行動する機会を数多く設け、自らの大学は自分たちで作る「名実ともに学生が主人公」の大学づくりを目指し、主体的な発想のもと、心身ともに健全でたくましく、「生きる力」、「行動力」、「仲間愛」に溢れ、そして諦めないで何ごとにも「チャレンジする精神」を持った学生をひとりでも多く育てることを教育目標としている。

教育および研究[編集]

  • 至学館大学短期大学部には、体育学科が設置されており、2年間で教員からトレーナーまで、運動・スポーツの指導者を養成している。

沿革[編集]

  • 1905年 - 内木玉枝、中京裁縫女学校創立
  • 1914年 - 中京裁縫女学校高等師範科併設
  • 1919年 - 財団法人内木学園設立
  • 1921年 - 中京高等女学校併設
  • 1922年 - 中京高等女学校家事体操専攻科併設
  • 1942年 - 中京高等女学校家事裁縫専攻科併設
  • 1944年 - 中京裁縫女学校を中京実業女子学校に名称変更
  • 1947年 - 中京女子中学校開設(新制)
  • 1948年 - 中京女子高等学校開設
  • 1950年 - 中京女子短期大学体育科・家政科開設
  • 1951年 - 学校法人内木学園として法人組織変更
  • 1963年 - 中京女子大学体育学部開設
  • 1964年 - 中京女子短期大学を中京女子大学短期大学部に名称変更
  • 1965年 - 中京女子大学家政学部開設
   中京女子大学附属幼稚園開設
  • 1967年 - 中京女子高等学校商業科開設
  • 1977年 - 法人本部及び高等学校位置変更
  • 1978年 - 中京女子中学校・中京女子高等学校定時制廃止
   中京女子大学附属高等学校と校名変更
  • 1979年 - 体育科学研究所、児童文化研究所設置
   学校法人中京女子大学と法人名変更
  • 1983年 - 中京女子大学コミュニケーションセンター(図書館)竣工
  • 1986年 - 中京女子大学スポーツサイエンスセンター(体育館)竣工
  • 1987年 - コミュニケーション研究所開設
  • 1988年 - コミュニケーション研究所を伊達コミュニケーション研究所に名称変更
   中京女子大学短期大学部家政学科を生活科学科に名称変更
  • 1990年 - 生涯学習研究所開設
   体育科学研究所を健康科学研究所に名称変更
  • 1992年 - 中京女子大学大学院健康科学研究科健康科学専攻修士課程開設
  • 1993年 - 児童文化研究所を子ども文化研究所に名称変更
  • 1994年 - アジア文化研究所開設
  • 1995年 - 中京女子大学健康科学部(健康スポーツ科学科・栄養科学科)および人文学部(児童学科・アジア文化学科)開設
  • 1998年 - 大学院健康科学研究科を男女共学に変更
  • 2001年 - 中京女子大学栄養棟竣工(2001号館)
  • 2003年 - アジア文化学科をアジア学科に名称変更
  • 2005年 - 学校法人中京女子大学学園創立100周年
   中京女子大学附属高等学校を至学館高等学校に校名変更、男女共学化
  • 2008年 - 中京女子大学短期大学部生活科学科閉科
  • 2009年 - 中京女子大学短期大学部専攻科(アスレティックトレーナー専攻)開設
   全学部全学科にて男子受入を開始
   多目的グランド、野球場が完成
   至学館大学大学院、至学館大学、至学館大学短期大学部、至学館大学附属幼稚園に名称変更
   至学館大学健康科学部こども健康・教育学科開設
    • 当初は、名古屋市中区四丁目に設置されていた。現在の名古屋東急ホテルの場所にあり、大学体育館の西側の路地に並ぶ繁華街の店の店主達が、通りの通称を「女子大小路」と呼ぶようになった。移転した現在でもこの通称のみが残っている。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 本部キャンパス(愛知県大府市横根町名高山55)

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 至学館大学短期大学部のカレッジマークは大学と同様のものを使用している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 体育学科
過去にあった学科[編集]
  • 生活科学科:募集は2006年度まで

専攻科[編集]

  • アスレティックトレーナー専攻:2009年度より

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 至学館大学短期大学部のクラブ活動:大学と同じキャンパスにある関係上、合同で様々なクラブがある。

学園祭[編集]

  • 至学館大学短期大学部の学園祭は大学と合同で、例年10月の中旬に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 至学館大学短期大学部には、至学館大学と同じ同窓会組織となっている。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 短期大学部独自のキャンパスはなく、基本的には大学と共同使用となっている。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

姉妹校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 体育学科:河合楽器製作所スポーツ事業部をはじめとしたスポーツインストラクターのほか一般企業。

編入学・進学実績[編集]

  • 系列の至学館大学への編入のほか他大学への実績がある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]