谷岡郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷岡 郁子
たにおか くにこ
谷岡郁子.jpg
生年月日 (1954-05-01) 1954年5月1日(63歳)
出生地 大阪府
出身校 神戸芸術工科大学大学院
前職 中京女子大学学長
参議院議員
現職 至学館大学(元中京女子大学)学長
所属政党 民主党→)
無所属→)
みどりの風
称号 芸術工学博士
公式サイト 元参議院議員谷岡くにこ公式サイト

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年 - 2013年
テンプレートを表示

谷岡 郁子(たにおか くにこ、1954年5月1日 - )は、日本の元政治家至学館大学、同短期大学部学長。日本レスリング協会副会長[1]

参議院議員(1期)、みどりの風代表などを歴任。

略歴[編集]

祖父は大阪商業大学創設者の谷岡登、父は元谷岡学園総長・元大阪商業大学学長・神戸芸術工科大学創設者の谷岡太郎。弟は谷岡学園理事長・大阪商業大学学長の谷岡一郎

1979年、オンタリオ州立トロント大学文理学部卒業。

1986年6月、中京女子大学(現在の至学館大学)学長に就任。

1998年、父の創設した神戸芸術工科大学の大学院芸術工学研究科修了。

2007年7月29日第21回参議院議員通常選挙に、民主党公認(国民新党推薦)で愛知県選挙区から出馬し、初当選。

2012年7月17日、民主党に離党届を提出し[2][3][4][5]、「原発ゼロ社会」「反TPP」「本当の意味での一体改革」「国会改革」を旗印に院内会派みどりの風」を結成[6]。谷岡ら民主党の3人の離党は同月24日の常任幹事会で正式に承認された[7][8]。創設メンバーの亀井亜紀子行田邦子舟山康江と共に共同代表に就任する(政治資金規正法に基づいた総務省への届け出では谷岡が単独代表)[9]2013年1月28日、党の共同代表制を廃止し谷岡が代表となる。同年夏の第23回参議院議員通常選挙では比例区選出の平山誠と選挙区を交代、比例区からの出馬となったが落選。選挙後の記者会見で「みどりの風は役割を終えた。」と述べ、自らの代表辞任と政界引退を表明した[10]

主張・政策[編集]

  • 教育問題と少子化対策に力を入れており、高等教育の無償化や少子化対策への予算の増額を主張している。一方、防衛については予算削減を主張している。
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する[11]
  • 2008年3月25日参議院文教科学委員会で、留学生に対する厚遇政策と、日本人学生に対する冷遇政策に苦言を呈した。「日本の親たちの教育費の負担がどんどん大きくなっているのに、留学生には大盤振る舞い」「日本の留学生の受入れの割合は相変わらず中国人が中心」「現在、GDPで日本に追い付こうとしている中国。一億人の富裕層が現れてきていると言われている中国。中国人に対する、そして留学生に対する日本の政府の恩恵というものは今後も必要なのか」と述べ、外国人留学生よりも日本人学生を優遇するべきと主張した。
  • 2009年5月、民主党代表選挙鳩山由紀夫の推薦人となる。
  • 2010年3月16日に参議院文教科学委員会で、東京都が審議中の青少年健全育成条例改正案について触れ、「漫画・アニメにまで、際限なく規制を広げるのはコンテンツ産業の萎縮に繋がる」と、実際にコミックス・コードを作ったことでコミック産業が打撃を受け、衰退したアメリカの例を引き合いに出し、この種の規制については慎重な議論をすべきであるとの主張を行った。
  • 2010年5月17日東京都青少年健全育成条例改正を考える会が主催した緊急シンポジウム「どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える」に出席した[12]

外交関連[編集]

  • 2008年8月、東京永田町の参議院議員会館で開催された『「慰安婦」問題解決へ 8.7院内集会』に参加。なんとしても被害者の生きているうちに日本に謝罪させたいと挨拶した[13]
  • 2009年、第171回国会国連自由権規約人権委員会従軍慰安婦に対して日本政府に謝罪と補償などを行うよう求める勧告したことを受け、「国際社会を納得させる対応を準備しているのか」と質問した[14]
  • 2009年2月3日に開催された民主党外交防衛部門会議において、同党の長島昭久により提案され、党幹事長(当時)の鳩山由紀夫も「政権交代の暁に、積極的、前向きに検討する」と明言していたソマリア沖の海賊対策のための自衛隊海外派遣に関連して、「まず民間船舶会社の自己責任と国の責任の区別をきちっとすべきだ」と発言し、海賊被害は民間船舶会社の自己責任との持論を展開し、自民党議員から、「民主党はいまごろ『海賊って何だ』という議論をしていて、大丈夫なのか」との批判があがった。
  • 2010年10月21日、参議院外交防衛委員会で「日本の反中デモは自制して中国とウィンウィンになることを目指すべき」「中国「漁船」船長の拘留延長をしたことが間違い」「日本人は尖閣程度のことで騒いでいるが中国に遺棄化学兵器を大量に残すような侵略をしてきた。自国のしたことを忘れているのでは?」などと参議院で発言した。
  • 2011年12月8日での参議院外交防衛委員会において、ヨルダンおよびベトナムへの原発輸出を認めない立場から、これらを含む4か国の政府との原子力の平和的利用における協力のための日本国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(第177回国会内閣提出、第179回国会衆議院送付、提出番号2,3,4,14)の審議中に疑問を呈する質問を行い[15]、翌9日の本会議での投票において棄権した[16]。これにより谷岡は同委員会の民主党筆頭理事を解任された[17]
  • 2013年4月23日の参議院予算委員会で、自身はハト派であると前置きしつつも「石原慎太郎東京都知事のおっしゃるように尖閣諸島灯台や船溜まりを早く建設して実効支配を強化するべき」と主張している。

普天間基地問題[編集]

  • 米外交専門誌による普天間基地移設問題に関する記事で、谷岡は鳩山首相に米国への強硬姿勢を取らせるように仕向けている左翼議員(a left-wing backbencher)として紹介されている[18]
  • 2009年10月、普天間基地問題について話しあうため訪米。米国の国務省高官が「民主党幹部の一人が合意通り進めることに賛同した」と述べると、「私はその幹部より頭がいい」と反発し、米国側を困惑させた[19]

その他[編集]

著書[編集]

  • 「子育ては究極のレクリエーション」(徳間書店刊、1991年)

脚注[編集]

  1. ^ (公財)日本レスリング協会役員(2015年6月~2017年6月)”. 日本レスリング協会. 2017年1月12日閲覧。
  2. ^ “反原発掲げ女性4人新会派「みどりの風」設立へ”. 読売新聞. (2012年7月17日). オリジナル2012年7月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120720033056/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120717-00001044-yom-pol 
  3. ^ “民主党:3参院議員が離党…小沢新党に合流せず”. 毎日新聞. (2012年7月17日). オリジナル2012年7月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120723004917/http://mainichi.jp/select/news/20120718k0000m010094000c.html 
  4. ^ “参院民主3氏、離党届 脱原発掲げ新党模索”. 朝日新聞. (2012年7月17日). オリジナル2012年7月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120717170822/http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY201207170662.html 
  5. ^ “民主参院議員3人離党 亀井亜紀子氏と新会派「みどりの党」”. 産経新聞. (2012年7月17日). オリジナル2012年7月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120717152055/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/stt12071723140011-n1.htm 
  6. ^ “反原発掲げ女性4人新会派「みどりの風」設立へ”. 読売新聞. (2012年7月17日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120717-OYT1T01044.htm?from=rss&ref=ymed 2012年7月20日閲覧。 
  7. ^ “民主、3氏の離党届受理=参院会派「みどりの風」結成”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月24日). オリジナル2012年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120727043042/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000093-jij-pol 
  8. ^ “民主、3参院議員の離党を承認”. 産経新聞. (2012年7月24日). オリジナル2012年7月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120724192235/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120724/stt12072420360008-n1.htm 
  9. ^ 政党政治団体一覧 (PDF) - 総務省、2012年12月28日 (2013年01月18日閲覧)
  10. ^ 谷岡代表が辞意表明「みどりの風、役割終えた」2013.7.22MSN産経ニュース
  11. ^ 第169回国会 法務委員会請願729号
  12. ^ 事実上の「非実在青少年」表現規制か──都条例改正案に批判相次ぐ(ITmedia News 2010年5月19日 21時34分 更新)
  13. ^ 「慰安婦」問題解決へ 8.7院内集会 開かれる アメリカの戦争拡大と日本の有事法制に反対する署名事務局・2008年8月8日
  14. ^ 第171回国会(常会)・質問主意書・質問第一号 参議院
  15. ^ 国会会議録検索システム
  16. ^ 議案情報:参議院ホームページ>第179回国会(臨時会)
  17. ^ 本人のtwitter(2013年1月16日)
  18. ^ Japanese lawmaker: Obama pushing us toward China FP・2010年5月5日
  19. ^ 2009年10月27日22時27分 読売新聞 "米主要紙、日米同盟の行方憂慮の論調"
  20. ^ 谷岡郁子「最弱の」挑戦 (下)PJ NEWS (2007年08月13日) d
  21. ^ 中日新聞(2006年7月2日)
  22. ^ "西松事件 『小沢代表続投を』 民主若手らが直訴" 東京新聞・2009年3月12日
  23. ^ 小沢幹事長に、民主女性議員有志からバレンタインチョコ 「おー、すまん、すまん」とご満悦 - MSN産経ニュース・2010年2月12日

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
(創設)
みどりの風共同代表
行田邦子舟山康江亀井亜紀子と共同
初代:2012年 - 2013年1月
次代:
(共同代表制廃止)
先代:
谷岡郁子、行田邦子、
舟山康江、亀井亜紀子
(共同代表制)
みどりの風代表
初代:2013年1月 - 2013年7月
次代:
(空席)