目白大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
目白大学短期大学部
目白大学・目白大学短期大学部
目白大学・目白大学短期大学部
大学設置 1963年
創立 1923年
学校種別 私立
設置者 学校法人目白学園
本部所在地 東京都新宿区中落合四丁目31-1
北緯35度43分5秒 東経139度40分49秒 / 北緯35.71806度 東経139.68028度 / 35.71806; 139.68028座標: 北緯35度43分5秒 東経139度40分49秒 / 北緯35.71806度 東経139.68028度 / 35.71806; 139.68028
学部 生活科学科
製菓学科
ビジネス社会学科
研究科 なし
ウェブサイト 目白大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

目白大学短期大学部(めじろだいがくたんきだいがくぶ、英語: Mejiro University College、公用語表記: 目白大学短期大学部)は、東京都新宿区中落合四丁目31-1に本部を置く日本私立大学である。1963年に設置された。大学の略称は目白短大。本稿では、目白大学開学前からあった目白学園女子短期大学も含めて述べる。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 目白大学短期大学部は、学校法人目白学園により運営されている日本私立短期大学[1]。キャンパスは目白学園・目白大学本部に併設された東京都新宿区内にある。学科数は最大で3学科、ピーク時は入学定員が800名を越えていたが、学科の統合や大学の学部への移行もあって、現在は規模が大幅に縮小された。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 目白大学短期大学部における「建学の精神」は「主・師・親」となっている。
  • 目白大学短期大学部における教育の基本は、「真理探求の熱意」・「人間尊重の精神を培うこと」となっている。

教育および研究[編集]

  • 目白大学短期大学部には、目白学園女子短期大学が設置されて間もない1964年に設置された生活科学科が健在している。元々は、食物・服飾・家政に関する専門科目が主となっていたが、現在では「ファッション・デザイン」ほか「秘書・ビジネス」や「園芸ライフデザイン」・「フード・ウエルネス」と現社会のニーズに合せたコースが設置されたようなイメージが強くなっている。また、介護のエキスパートを育成する「生活福祉」コースも設けられている。さらに、特筆すべきは製菓学科が設置されていることである。これは本短大が初めてで唯一のものとなっている。

学風および特色[編集]

  • 目白大学短期大学部は目白学園女子短期大学からの伝統を受け継いでいるためか、女子のみを対象とした短大となっている(大学は男女共学)。英語英文科が健在していた頃は、外国人留学生の姿も目立っていたようである[2]

沿革[編集]

  • 1924年 - 研心学園が創設される[3]
  • 1929年 - 目白商業学校が開校。
  • 1944年 - 目白女子商業学校に改組。
  • 1963年 - 目白学園女子短期大学(めじろがくえんじょしたんきだいがく 英称:Mejiro Gakuen Women's College)として新宿区下落合四丁目2217番地に、英語英文科の1学科のみで開学[1]。初代学長として佐藤重遠が就任[4]
  • 1964年 - 学科を増設する。
    • 国語国文科:在学者数40[5]
    • 生活科学科:在学者数56[5]
  • 2000年 - 言語表現学科を新設する[6](英語英文科と国語国文科を統合する形。)。新宿に目白大学の新キャンパスが設置されるのに伴い、目白大学短期大学部と改名[7]
  • 2002年4月5日 - 国語国文科を廃止する[8]
  • 2002年7月30日 - 英語英文科を廃止する[9]
  • 2003年 - 子ども学科を設置する[10]
  • 2007年 - 従来の生活科学科製菓コースを改組して製菓学科を設置。
  • 2010年 - ビジネス社会学科を設置。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都新宿区中落合四丁目31-1

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活科学科
  • 製菓学科
  • ビジネス社会学科
  • 歯科衛生学科(2019年度開設予定)
過去にあった学科[編集]
  • 言語表現学科
    • 英語英文科
    • 国語国文科2000年度から2004年度まではとして募集。現在は、外国語学部となっている。
  • 子ども学科

専攻科[編集]

  • なし

過去にあった専攻科[編集]

  • かつて、修業年限昼間部1年制のこども学専攻が設置されていた。

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 介護福祉士:生活科学科生活福祉コース
  • 保育士:過去に設置されていた専攻科にて取得できるものとなっていた。
受験資格
教職課程
  • 幼稚園教諭二種免許状:過去にあった子ども学科にて設置されていた。
  • 目白学園女子短期大学だった1964年から1999年度入学生までを対象に中学校教諭二種免許状が設置されていた。教員免許状を取得した卒業生は全学科合せて3,139名(うち英語1,059、国語1,202、家庭878)となっている[11]
    • 国語[12]:当時の国語国文科にて設置されていた。
    • 英語[13]:当時の英語英文科にて設置されていた。
    • 家庭[12]:生活科学科にて設置されていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 目白大学短期大学部の学園祭は、「桐和祭」と呼ばれ、目白大学との合同となっている。かつては、短大独自のキャンパスをもっており過去には、生活科学科学生によるファッションショーが行われたこともある[2]

スポーツ[編集]

  • 目白学園女子短期大学時代、テニス部が「東京7短大スポーツトーナメント」で優勝している[2]
  • ゴルフ部が1996年に行われた「日本女子ゴルフ大会」で春季夏季とも優勝している[2]
  • 1998年2月に行われた「第18回全国短期大学スキー大会」新人戦でスキー部が個人部で第4位、団体戦で第5位の成績を収めている[2]
  • チアリーディングが、「文部大臣杯全日本部門チアリーディング総合選手権大会」にて優勝している[2]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

[編集]

  • キャンパス近隣に「桐和国際寮」がある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

  • 目白学園女子短期大学において協定されていた大学は以下の通りとなっている

海外の大学[編集]

アメリカ
カナダ
イギリス

関係校[編集]

姉妹校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1963年(昭和38年)3月27日文部省告示第31号「短期大学の設置を認可した件」
  2. ^ a b c d e f g h 『目白学園女子短期大学 2000』より。
  3. ^ キャンパス近隣に立地している「研心館」はそれの名残りだとみられる。
  4. ^ 在学者数80。昭和39年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)28頁より。
  5. ^ a b 昭和40年度版『総覧』29頁より。
  6. ^ 2000年(平成12年)4月19日文部省告示第77号「大学、短期大学、大学の学部、短期大学の学科、大学の学部の学科、大学院及び大学院の研究科の設置並びに大学院における通信教育の開設を認可した件」
  7. ^ 2000年(平成12年)5月24日文部省告示第95号「短期大学の名称を変更する件」
  8. ^ 2002年(平成14年)4月14日文部科学省告示第80号「短期大学、短期大学の学科の廃止を認可した件」
  9. ^ 2002年(平成14年)8月8日文部科学省告示第161号「短期大学、短期大学の学科及び学部の学科の廃止を認可した件」
  10. ^ 2003年(平成15年)1月20日文部科学省告示第2号「短期大学の学科及び学部の学科の設置を認可した件」
  11. ^ 『目白学園八十年史』より
  12. ^ a b 1965年(昭和40年)3月8日文部省告示第105号「教員免許状授与の所要資格を得させるための課程を認定した件」
  13. ^ 1964年(昭和39年)3月6日文部省告示第63号「教員免許状授与の所要資格を得させるための課程として認定した件」
  14. ^ a b 『目白大学 目白大学短期大学部 GUIDE BOOK 2006』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]