この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

熊木杏里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊木 杏里
別名 あんりこ、クマッキー
生誕 1982年1月27日(34歳)
出身地 日本の旗 長野県更埴市(現・千曲市
学歴 目白学園女子短期大学
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター作曲家
活動期間 2002年 -
レーベル バップ2002年 - 2004年
キングレコード2005年 - 2009年
ワーナーミュージックジャパン2011年 - 2015年
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2016年)
事務所 バップ2002年 - 2004年
ウィスパーミュージック(武田鉄矢商店)(2005年 - 2010年
unBORDE ARTISTA2011年 - ?年)
ワーナーミュージックエージェンシー(2015年 - )
共同作業者 吉俣良2002年 - 2007年)
岩瀬聡志・西垣哲二(2008年 - )
公式サイト 公式サイト
井上陽水

熊木 杏里(くまき あんり、1982年1月27日 - )は、日本シンガーソングライター作曲家長野県更埴市(現・千曲市)出身。身長153cm。血液型B型。関東国際高等学校を経て目白学園女子短期大学卒。

バイオグラフィ

概要

人物・音楽性

  • 名前の由来は長野県更埴市(現・千曲市)の観光名所「あんずの里」より採られた。愛称は「あんりこ」。
  • 井上陽水を尊敬する歌手として挙げている。彼のような独自の世界観を作りたいと考えているようだ。アコースティックギターを前面に押し出したフォークソング調の曲が多いが、父の影響も大きいらしい。
  • 「私は私をあとにして」までは全面的に吉俣良プロデュース編曲を行ってきたが、「春隣」からは岩瀬聡志西垣哲二のタッグに変わった。このことにより吉俣良が作曲を手掛けた未発表曲(「短話」など)の今後の扱いが注目される。
  • 対人関係に悩んできたため、自他かかわらず“存在”を問い直した詞が多く、特に初期の頃はそのような内容の歌が彼女の代名詞となっていた。この強い疑問を投げかける着眼点は、次第に「戦争」という広い視野が要される分野や、「自立」という積極性を題材とした曲の制作に繋がり、4thアルバムからは「恋愛」について扱うようにもなる。そのため、インタビュアーはこの変化と照らし合わせて、今はどのような立ち位置にあるかということを彼女に問うことが多い。
  • 読書キャンペーンへの参加を元に詞を書くことも多い。「戦いの矛盾」に収録された「いつか七夕」という曲は、横田早紀江が著した本を読み、実際に“座り込み”の現場へ行って、創られたものである。[1]
  • 主に詞先形式をとるが、他人と共同制作した曲では詞先、曲先の両方を経験している。
  • 「私をたどる物語」では、作詞者の武田鉄矢の名を知らされないまま詞が渡され、熊木杏里が曲をつけた。吉俣良の楽曲は、元来サウンドトラックとして存在していたものに、熊木杏里が詞をつける形式をとっている。
  • かつて将来の夢の選択肢として国語先生があったほどで、デビュー前には作詞のほか個人的な小説の執筆も行っていた。そのうち、大学2年生時に著した「鏡のない町」という作品はラジオ小説として「熊木杏里 WiLSONと一緒」で朗読された。[2]

エピソード

  • 私をたどる物語」は、もともとは武田鉄矢が歌う予定で熊木に作曲を依頼したが、その仮歌が収録されたデモテープを聞いた武田と番組スタッフが気に入り、そのまま歌うことになった。尚、ドラマ最終回で流れた歌詞バージョンはCD化されていない。武田が作詞している曲は、3コーラスや4コーラスまである曲が多いためにCD化されていない未公表の歌詞バージョンが存在すると推測される。
  • 「新しい私になって」は、当初はCMのみの使用で音源化の予定はなかったが、オンエア開始から話題となり反響が大きかったため、同年9月からはiTunes StoreでCMオンエアバージョンが配信開始、更には11月22日にはシングル化となった。ちなみに、CDに収録されているバージョンとCMバージョンとでは歌詞が一部異なる部分がある。
  • 「新しい私になって」は、作詞者であり多摩美術大学教授でもあるCMディレクター中島信也が、大学で出した映像課題のとある提出作品の使用音楽に熊木の「私をたどる物語」が使用されていたことがきっかけで熊木の作曲センスに惚れ込み、熊木に作曲をオファーしたという。
  • 「春の風」は、映画『バッテリー』の制作以前に小説を読んだ熊木が作った曲であるが、映画版の音楽担当が吉俣良であった縁で主題歌に採用された。

別名

自分からみた自分自身を把握するために、時期ごとに自らの心の中で別名を付けていたとのことがある。

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 備考
1st 2002年2月21日 窓絵
2nd 2002年8月21日 咲かずとて
3rd 2003年2月21日 今は昔
4th 2005年4月6日 私をたどる物語
5th 2006年1月25日 戦いの矛盾
6th 2006年5月24日 流星
7th 2006年11月22日 新しい私になって
8th 2007年2月21日 春の風
9th 2007年7月25日 七月の友だち
10th 2008年5月21日 春隣
11th 2008年9月24日 モウイチド
12th 2008年10月22日 こと/誕生日 「こと」は 熊木杏里 feat.清塚信也 名義
13th 2009年4月8日 雨が空から離れたら
14th 2009年6月17日 君の名前
15th 2012年1月18日 今日になるから
16th 2012年3月7日 Love letter 〜桜〜

配信限定シングル

発売日 タイトル
1st 2007年4月25日 最後の羅針盤
2nd 2008年6月4日 夏の気まぐれ
3rd 2011年4月1日 ホームグラウンド ~ふるさとへ~

アルバム

発売日 タイトル
1st 2003年3月26日 殺風景
2nd 2005年2月23日 無から出た錆
3rd 2006年9月21日 風の中の行進
4th 2007年10月24日 私は私をあとにして
5th 2008年11月5日 ひとヒナタ
6th 2009年11月6日 はなよりほかに
7th 2012年2月22日 光の通り道
8th 2012年12月12日 白い足あと
9th 2014年12月17日 生きているがゆえ

ミニアルバム

発売日 タイトル
1st 2011年10月5日 and...Life
2nd 2014年3月26日 贈り物

ベストアルバム

発売日 タイトル
1st 2010年3月10日 風と凪

その他の作品

  • 「バッテリー」オリジナルサウンドトラック (2007年3月7日)
    映画『バッテリー』主題歌「春の風 (Cinema ver.)」を収録。
  • 吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~ (2008年2月2日)
    夏休み」をカバー収録。
  • ぼくらのあり方 (2009年2月25日)
    熊木杏里名義の作品。映画『降りてゆく生き方』主題歌とカラオケバージョン2種を収録したシングル。映画を製作・配給する一般社団法人『降りてゆく生き方』の方針により、上映会場限定で販売されている。2015年現在熊木の他のCDには収録されず、ラジオ番組や有線放送などでの聴取者リクエストによる放送もできない。
  • 想いうた~歌姫エール・ソングス (2009年3月18日)
    「新しい私になって」を収録。オリジナルは2006年のシングル。
  • a circus troupe ~Gravity's Clowns: Music from and inspired by the motion picture~ (2009年5月20日)
    映画『重力ピエロ』イメージソング「光」を収録。この曲は、アルバム『はなよりほかに』の初回限定盤にもボーナストラックとして収録された。

提供曲

タイアップ

曲名 タイアップ
窓絵 日本テレビぐるぐるナインティナイン』『ロンブー龍』『ウルトラショップ』各エンディングテーマ
咲かずとて 日本テレビ『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #011(エンディングテーマ)
今は昔 STV爆笑問題のススメ』・KRY三宅裕司のドシロウト』各エンディングテーマ
私をたどる物語 TBS3年B組金八先生』劇中挿入歌
ヒトツ/フタツ NHK連続テレビ小説こころ』劇中挿入歌
流星 テレビ東京奥さまは外国人』エンディングテーマ
しんきろう フジテレビ『離島医療にかけるDr.コトーたち』エンディングテーマ
南日本放送 開局50周年キャンペーンソング(2003年度・キャンペーン終了後も深夜の天気予報にてBGMとして使用された)
新しい私になって 資生堂企業広告「新しい私になって」篇CMソング
いっしょに歌お!CBCラジオ2006年12月の歌
朝の夜ふかし (a theme song of radio program) HBCラジオ『熊木杏里 朝の夜更かし』テーマソング
春の風 全国東宝系公開映画『バッテリー』主題歌
最後の羅針盤 NHK土曜ドラマ病院のチカラ~星空ホスピタル~』主題歌
ゴールネット HC日光アイスバックス公式応援ソング
朝日の誓い フジテレビスペシャルドラマ『奇跡の動物園 2007 ~旭山動物園物語~』主題歌
ユニクロ『Wide Leg』CMソング
一等星 ロッテチョコレート『紗々』CMソング
ひみつ ユニクロ『ヒートテックインナー』CMソング
春隣 ニッセイ同和損害保険企業CM「願いのそばにいる、保険です」編CMソング
時の列車 京王グループ「京王×高尾山」企業CMソング
夏の気まぐれ ユニクロ『ブラトップ』CMソング
モウイチド 映画『Happyダーツ』主題歌
こと 映画『天国はまだ遠く』エンドロール歌
誕生日 NTT東日本DENPO』CMソング
読売テレビかんさい情報ネットten!』・高知放送こうちeye』・テレビ金沢となりのテレ金ちゃん』のコーナー『めばえ』のテーマ曲
青春たちの声がする RCCラジオステーションジングル
やっぱり ロッテチョコレート『紗々京物語』CMソング
雨が空から離れたら 2009年JRAブランドCMソング
my present MBSドラマ『親孝行プレイ』エンディングテーマ
花言葉 京王グループ2009「京王×高尾山」CMソング
桜見る季節 郡山健康科学専門学校CMソング
ぼくらのあり方 映画『降りてゆく生き方』主題歌
君の名前 NHK『ワンダー×ワンダー』エンディングテーマ
Hello Goodbye & Hello アニメ映画星を追う子ども』主題歌
Flag 岐阜の柳ヶ瀬123計画PRソング
hotline TBCエステチケット「風」篇・「雨」篇CMソング
今日という日の真ん中 abn 長野朝日放送 地球を守ろう!プロジェクト イメージソング・協賛スポンサーCMソング(2010/4月~)
今日になるから テレビ朝日土曜ワイド劇場』9代目エンディングテーマ
お祝い セディナCMソング
願いの糸 J-WAVE『JAM THE WORLD』エンディングテーマ
ファイト 大成建設「ボスポラス海峡トンネル」篇CMソング
一千一秒 -2013ver.- たまひよこどもちゃれんじ合同CM「しあわせをそだてよう」篇 CMソング
ねがいごと ベネッセコーポレーション「ウィメンズパーク」 熊木杏里「子どもにプレゼントされたしあわせの瞬間について話そう」コラボ曲
長野銀行イメージソング

ラジオ

放送中

信越放送 毎週日曜日 24:00〜24:20

放送終了

第31回放送文化基金賞ラジオ番組賞受賞作品

ゲスト

対談

ライブ(ソロ)

2005年
熊木杏里 ライブ2005 ~時を出た時間~ 9月30日(金) SHIBUYA duo MUSIC EXCHANGE
2007年
熊木杏里アコースティックライブ ~しんきろう~ 5月29日(火) 原宿アストロホール 
熊木杏里アコースティックライブツアー ~八月の友だち~
  1. 8月23日(木) 原宿アストロホール 
  2. 8月24日(金) 原宿アストロホール
  3. 8月29日(水) ell Fits ALL(名古屋)
  4. 9月2日(日) OSAKA MUSE
熊木杏里ライブツアー ~私は私をあとにして~
  1. 11月13日(火) ボトムライン(名古屋)
  2. 11月14日(水) BIG CAT(大阪)
  3. 11月16日(金) Shibuya O-EAST
  4. 11月22日(木) CLAPS HALL(札幌)
  5. 11月29日(木) ROOMS (福岡)
2008年
熊木杏里 Spring Tour2008
  1. 3月21日(金) BIG CAT
  2. 3月28日(金) ボトムライン
  3. 4月2日(水) 赤坂BLITZ(東京)
熊木杏里ライブツアー2008〜ひとヒナタ〜
  1. 11月9日(日) KYOTO MUSE(京都)
  2. 11月19日(水) KRAPS HALL(札幌)
  3. 11月23日(日) 窓枠(浜松)
  4. 11月24日(月) Live Cafe Jive(広島)
  5. 11月26日(水) Gate's7(福岡)
  6. 11月27日(木) ボトムライン
  7. 11月29日(土) BIG CAT
  8. 12月3日(水) 東京国際フォーラム・ホールC
2009年
熊木杏里 SPRING TOUR 2009 〜花詞〜
  1. 4月25日(土) 湊町リバープレイス#なんばHatch(大阪)
  2. 4月29日(水) ボトムライン
  3. 5月9日(土) 東京グローブ座
  4. 5月10日(日) 東京グローブ座
熊木杏里 2009 autumn Tour 〜はなよりほかに〜
  1. 11月6日(金) 広島クラブクアトロ
  2. 11月7日(土) Gate's7(福岡)
  3. 11月13日(金) なんばHatch
  4. 11月15日(日) 東京国際フォーラム・ホールC
  5. 11月22日(日) K-MIX space-K(浜松)
  6. 11月23日(月) 名古屋ダイアモンドホール
2010年
FFA present's SELECTION LIVE 熊木杏里「秋の四つ葉のクローバー」
  1. 9月27日(月) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
  2. 9月28日(火) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2011年
熊木杏里CONCERT 2011
  1. 1月22日(土) 東京国際フォーラム・ホールC
熊木杏里TOUR 2011「and ... Life」
  1. 12月9日(金) Umeda AKASO(大阪)
  2. 12月11日(日) 東京国際フォーラム・ホールC
  3. 12月23日(金) ボトムライン
熊木杏里 クリスマスコンサート 2011 〜ふるさとへ〜 12月18日(日) 千曲市更埴文化会館(長野)
2012年
熊木杏里 LIVE 2012 10th Anniversary Year Concert 光の通り道 ~one night road~ 5月6日(日) 渋谷公会堂
熊木杏里 10th Anniversary X'mas Concert 2012 ~tapestry~
  1. 12月23日(日) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
  2. 12月24日(月) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
2013年
熊木杏里 LIVE TOUR 2013 Close to you ~白い足あと~
  1. 3月16日(土) 長野NBSホール
  2. 3月20日(水) ボトムライン
  3. 3月21日(木) 心斎橋Music Club JANUS
  4. 3月24日(日) PENNY LANE 24(札幌)
  5. 3月31日(日) Zepp Divercity Tokyo
2014年
熊木杏里 LIVE TOUR 2014 「贈り物」
  1. 3月29日(土) ザ・フェニックスホール(大阪)
  2. 4月5日(土) EX THEATER ROPPONGI
熊木杏里 Live from Works 11月7日(金) 東京キネマ倶楽部
熊木杏里 Xmas concert 2014
  1. 12月17日(水) umeda AKASO(Xmas concert 2014 ~なんのために…誰のために~)
  2. 12月18日(木) umeda AKASO(Xmas concert 2014 ~君のために…ぼくのために~)
  3. 12月22日(月) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(Xmas concert 2014 ~想い出からの旅~)
  4. 12月23日(火) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(Xmas concert 2014 ~尊いものたち~)
  5. 12月24日(水) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(Xmas concert 2014 ~それらを含む全ての今へ~)
2015年
熊木杏里 LIVE TOUR 2015 「生きているがゆえ」
  1. 4月11日(土) ビルボードライブ東京
  2. 4月18日(土) 長野NBSホール
  3. 5月3日(日) ビルボードライブ大阪
  4. 5月17日(日) 名古屋ブルーノート

脚注

  1. ^ ご報告 ワーナーミュージック・ジャパン 2013年3月31日付 2013年4月1日閲覧
  2. ^ 熊木杏里、結婚と妊娠をライブで発表 デイリースポーツ 2013年3月31日付 2013年4月1日閲覧
  3. ^ 熊木杏里が第1子出産「安堵の涙が出た」 オリコン 2013年9月30日付 2013年10月1日閲覧

外部リンク