ロッテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
株式会社ロッテ
LOTTE Co., Ltd.
Lotte logo.svg
Lotte Head Office.JPG
ロッテ本社 社屋
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿三丁目20番1号
設立 1948年6月28日(創業)
2007年4月1日(現法人設立)
業種 食料品
事業内容 菓子食品の製造・販売
代表者 辛格浩(代表取締役会長)
資本金 2億1700万円
売上高 約4709億6600万円(2010年3月期※)
総資産 6126億3000万円(2010年3月期※)
従業員数 4900人(2010年11月現在※)
決算期 3月
主要株主 ロッテホールディングス
主要子会社 ロッテ商事
外部リンク http://www.lotte.co.jp/
特記事項:2007年4月1日で旧株式会社ロッテは株式会社ロッテホールディングスに改称し、持株会社に移行。現株式会社ロッテはその際に旧社の現業部門を分離し新設。※売上高、総資産、従業員数は国内グループの合算
テンプレートを表示

株式会社ロッテ (LOTTE Co., Ltd.) は、東京都新宿区に本社を置く菓子メーカーである。1948年(昭和23年)に在日韓国人一世である辛格浩(シン・キョクホ、日本名・重光武雄)が創業した。創業以来、世界各地にグループを展開しており、日本で得た収益を韓国に投資するという武雄氏の一念で韓国にもロッテのグループ企業が設立され[1]、特に創業者の出身地である韓国においては積極的な投資を行い大規模な事業展開を行っている(詳細は後述)。またプロ野球チームとして、日本では千葉ロッテマリーンズ、韓国ではロッテ・ジャイアンツを持つ。非上場企業。みどり会の会員企業である。

なお、株式会社ロッテは持株会社ロッテホールディングスとなり、持株会社に移行。菓子メーカーとしての現在の株式会社ロッテはその際に分離・新設され、持株会社の傘下となっている。

社名[編集]

社名は、ドイツの文豪ゲーテの『若きウェルテルの悩み』のヒロイン「シャルロッテ」に由来する[2]

キャッチコピーの「お口の恋人・ロッテ」が有名である。考案者はザ・ドリフターズのメンバーでタレント仲本工事実母である(従業員としてではなく応募によるもの)。日経BPコンサルティングによる「コーポレート・メッセージ調査」の「想起率」ランキングでは5年連続で1位となっている[3]

主な事業所[編集]

新宿工場

営業拠点[編集]

以前は新宿区百人町(新宿工場)にあった。

工場[編集]

工場の敷地内にプロ野球・千葉ロッテマリーンズの2軍本拠地であるロッテ浦和球場があり、選手の練習場が隣接している。JR埼京線の武蔵浦和駅に近く、同線の他に東北上越新幹線からも見える。
  • 中央研究所
浦和工場と同一敷地に所在する。

過去の事業所[編集]

1950年に操業を開始、最初の本格的な工場でチューイングガムを製造していた。移転前の旧本社も所在したが、生産拠点再編により2013年に閉鎖された。

歴史[編集]

ロッテシティホテル錦糸町
  • 1945年(昭和20年) - 辛格浩(日本名・重光武雄)が、杉並区荻窪で「ひかり特殊化学研究所」を設立。石鹸ポマードなどの製造販売に乗り出す。
  • 1947年(昭和22年) - チューインガムの製造を開始。
  • 1948年(昭和23年) - 株式会社ロッテ設立。
    当時輸入規制の対象であった天然チクルの輸入解禁を国に働きかけ、チクルを使用したチューインガムの製造販売を始めた。当時は社長自らリヤカーにガムを積んで移動販売をしていたらしい。そんな中、スペアミントガムと、それに続いて発売したグリーンガムが現在まで続く大ヒット商品となっていった。
    その後、工場を東京都新宿区新大久保駅付近に移す(後の新宿工場)。
  • 1959年(昭和34年)5月4日 - TBSで、『ロッテ 歌のアルバム』放送開始。
    一週間のご無沙汰でした。玉置宏でございます。お口の恋人、ロッテ提供、『ロッテ歌のアルバム』…」で始まる番組司会者・玉置宏が発するオープニングのセリフは流行語となり、ロッテの社名は広く知られるようになった。
  • 1964年(昭和39年) - チョコレートの製造を開始。ガーナミルクチョコレート発売。
  • 1966年(昭和41年)頃 - 韓国でロッテ製菓設立。
  • 1969年(昭和44年) - キャンディーの製造を開始。
  • 同年、映画会社大映永田雅一社長の要請を受け、永田社長がオーナーを務めていたプロ野球団「毎日大映球団(東京オリオンズ)」と提携して冠スポンサーとなり、チーム名を「ロッテオリオンズ」に改める。
  • 1970年(昭和45年) - 国鉄錦糸町駅前に複合商業施設・ロッテ会館がオープン。
  • 1971年(昭和46年) - 毎日大映球団を完全買収、子会社ロッテオリオンズとする。
  • 2007年(平成19年) - 持株会社制移行のため「株式会社ロッテホールディングス」に商号を変更した同社より、事業を引き継いだ子会社株式会社ロッテが設立した。韓国など海外を含むグループ会社の統括業務は持株会社が担当する。
  • 2009年(平成21年)7月1日 - 創業者の重光社長が代表権のある会長となり、後任社長に前ロイヤルホテル佃孝之会長が就任した[4]
  • 2010年(平成22年)4月6日 - 2007年(平成19年)に閉館した旧ロッテ会館の跡地にロッテシティホテル錦糸町(ロッテ・ホテル事業部の直営)がオープン。
  • 2013年(平成25年)7月 - ガム生産ラインを集約するため、創業時からのロッテ新宿工場を閉鎖しロッテ狭山工場に集約した。

主な商品[編集]

種類[編集]

かつては米菓、メロンクリームソーダや猿王(烏龍茶)といった飲料(ソフトドリンク)も手掛けていた。

チューインガム[編集]

※現在および過去に発売のもの。


チョコレート[編集]

※現在および過去に発売のもの。

  • ガーナミルク
    • ガーナエクセレント(28枚入り)
    • ガーナブラック
    • ガーナブラックエクセレント(28枚入り)
    • ガーナスリムパック
    • ガーナリップル
    • ガーナ北海道味わいミルク
    • ポテトdeガーナポップジョイ
    • パンdeガーナハニートースト
    • ガーナ純ブラック(終売)
    • ガーナマイルドカカオ(終売)
  • クランキー
    • クランキーアーモンドボール
    • クランキースリムパック
    • クランキーブラックスリムパック
    • クランキーエクセレント(28枚入り)
    • クランキーポップジョイ
    • クランキー沖縄黒糖
    • クランキー沖縄塩バニラ
  • パイの実
  • コアラのマーチ
  • トッポ
    • トッポFOR MEN
    • ガーナdeトッポ
    • 大人のトッポ
    • くろトッポ(終売)
    • あおトッポ(終売)
  • ビックリマンチョコ
  • バッカス
  • ラミー
  • カプッチョ
  • 紗々
  • 霧の浮舟
終売

ほか


キャンディー[編集]

※現在および過去に発売のもの。

  • のど飴
  • 小梅
    • 白小梅
  • ブラックブラックキャンディ
  • 塩キャラメル
  • クリミオ
  • キュビオ
  • 野菜果実
  • 大人のOFF
  • ドリンクミックス5(サントリーフーズとの提携商品)
終売
  • チューイングキャンディ
  • かわりんぼ

品名はチューインガムの棒付きキャンディ。棒部分がガムになっており、キャンディにはラムネが入っている。

  • ジュエルリング(1980年代に登場した指輪型キャンディ。指にリングを装着して味わうという形式が話題となる)

ほか

ケーキ・ビスケット[編集]

※現在および過去に発売のもの。

ケーキ
  • チョコパイ
    • プチチョコパイ
    • チョコパイアソート
  • カスタードケーキ
  • プチブッセ
  • マザーベイクドチーズケーキ
ビスケット
  • クランキービスケット
  • ガーナチョコクッキー
  • ブラック & ホワイトビスケット
  • チョココ
  • マザー
    • マザーシリアルクッキー
    • マザービスケット(終売)
  • 終売
    • ジャフィ

アイス[編集]

スナック菓子[編集]

※以下はすべて終売

  • オニオンリング
  • パンプキンリング
  • フレンチポテト
  • ポポリ(プレッツェル)- ダウンタウンがCMをしていた。カレー味とピザ味が発売されていた。
  • SOYA(大豆スナック)
  • ビックリマンカレースナック - ビックリマンチョコの天使・悪魔シリーズの旧作シールを復刻して同封。中部地方など一部地域のみで発売された。

ほか多数

その他[編集]

飲料

関連企業[編集]

韓国ロッテグループ[編集]

主な韓国ロッテグループの企業[編集]

韓国のロッテグループによる「独島」マーケティング[編集]

複雑な循環出資構造[編集]

海外ロッテグループ[編集]

ロッテの漢字表記「楽天」[編集]

「ロッテ」は朝鮮漢字では「楽天」(ロッツェ、ラッチェ)に近い発音となり、中国でもロッテのことを「楽天」(簡体字/乐天繁体字/樂天ピンイン/Lètiān)と表記している。これは日本の楽天株式会社の設立以前から用いられている単語であり、楽天株式会社とロッテに直接の関連性は無い。

なお、両社とも日本のプロ野球で球団を持っていてかつ、同じパシフィック・リーグであるため、球団の名称についてはロッテを羅徳と表記し区別している。ただし、韓国のロッテが保有するロッテジャイアンツは区別の必要性が低いため楽天表記であることが多い。

歴代のCMモデル[編集]

五十音順。太字は現在の出演者。Iロッテアイス(旧ロッテ冷菓・ロッテスノー)、Kロッテ健康産業の取扱商品。

男性[編集]

現在

過去

…など他多数

女性[編集]

現在
  • 相沢紗世「&DARK」
  • 「キシリトールガム」
  • 榮倉奈々「雪見だいふく」I(過去:「ガーナミルク」「ACUO」「パイの実」「のど飴」)
  • 大場久美子「モナ王」I
  • 佐々木希「B can」(過去:「ガーナミルク」「Dual」「Fit's」「クーリッシュ」I
  • 武井咲「グリーンガム」(過去:「フルーティオ」「ガーナミルク」「ガーナ チョコ&クッキーサンド」)
  • 土屋太鳳「ガーナミルク」
  • 長澤まさみ「ONE TAB」(過去:「和のしずく」I「のど飴」「SPASH」「ガーナミルク」「pucoo」「プティスリー」)
  • 中村玉緒「グリーンガム」(過去:「ホカロン」K
  • 広瀬すず「ガーナミルク」「小梅」「Fit's」
  • 松井愛莉「ガーナミルク」(過去:「Fit's」)
  • 松本莉緒「ショコランタン」
  • 村重杏奈「チョコモーション」
  • 渡辺直美「Fit's」(過去:「フレバ」)

過去

…など他多数

※ガーナチョコレートは基本的に長澤、武井(過去は榮倉)の2名がキャラクターとなっているが、母の日キャンペーン(4~5月放送)ではこれ以外のロッテ商品のキャラクター数名(石川ら)が出演している。

キャラクター[編集]

など

スポンサー番組[編集]

  • 現在はスポットCMや、週替わり・日替わりスポンサーのみで、提供番組は全て過去。

太字はロッテ一社提供番組。

ほか多数

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 副会長の次男が韓国国民に謝罪 「日本色」薄める改革案も “反日”バッシング沈静化に躍起”. 産経ニュース (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ お口の恋人 ロッテ(公式サイト)より
  3. ^ 企業名想起率ランキング、 11年連続1位のメッセージはロッテ「お口の恋人」 - 日経トレンディネット
  4. ^ 読売新聞ONLINE版「http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090630-OYT1T00877.htm ロッテ、創業61年で初の社長交代…新社長に佃氏」2009年6月30日 [リンク切れ]
  5. ^ 2011年(平成23年)11月に再参入。北海道・東北で先行発売開始。
  6. ^ a b c 出演当時のホカロン取り扱いはロッテ電子工業だった。
  7. ^ 後に同業者である明治製菓のチョコレートCMに出演。
  8. ^ ロッテからかつて「所さんのスグレモノ」ガムが発売されていた事がある。
  9. ^ a b c 2010年バンクーバー五輪「がんばれ!ニッポン」応援キャンペーンCM。松岡修造が応援団長役で出演し、ガーナミルクでは浅田真央、コアラのマーチでは上村愛子が出演。浅田が女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得した際には、応援歌の歌詞を一部変更して「メダルおめでとう!」文字入りのバージョンが放映された。
  10. ^ 浅田真央は同業者の森永製菓ウィダーinゼリー」のCMにも出演しており、2009年(平成21年)4月より1年間、ウィダーinゼリー名義の一社提供ミニ番組「浅田真央 ドリーム・ラボ」(TBS、日曜)にも出演していた。
  11. ^ a b c 2006年トリノ五輪女子日本代表で出場した荒川、安藤、村主はJOC選手強化キャンペーンの一環としてガーナミルクチョコレートのCMで共演。トリノ五輪閉幕後も荒川のみ単独で引き続き出演した。
  12. ^ みのもんた次男の逮捕を受けて2013年9月14日 - 28日のCMおよび番組内プレゼント告知を自粛し、そのままスポンサーを降板。
  13. ^ http://www.lotte.co.jp/products/brands/nodoame/r_taxi.html
  14. ^ http://www.agqr.jp/pginfo/2013/09/post-332.php
  15. ^ http://www.joqr.co.jp/taxi/
  16. ^ アニメ第1作2003年版は同業者の明治製菓がスポンサー。
  17. ^ 森永製菓はフジテレビ火曜9時枠の連続ドラマのスポンサーの一社であった。
  18. ^ 超電子バイオマンの初期ごろまで

関連項目[編集]

外部リンク[編集]