ロッテ免税店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロッテ免税店は、大韓民国免税店1980年韓国の小公洞にある免税店の本店のオープン以来、ワールドタワー店(旧ワールド店)、釜山店、仁川空港店、済州店、コエックス店、金浦空港店、ロッテインターネット免税店、ロッテ釜山インターネット免税店など計9カ所を支店に置いている。 2010年に開店30周年を迎えた、アジア最大の免税店。2013年の売上高は3兆5000億ウォン、920人の従業員を持つ。

店舗[編集]

韓国[編集]

  • 本店:1980年1月21日240坪のお土産店開店を皮切りに、現在のロッテ百貨店本店9階と10階に3百ブランドの名品を展示、販売している。また、ロッテホテルソウルロビー内に、分店扱いのロビー店を展開する。
  • コエックス店:2010年7月24日AK免税店をロッテが買収して運営している。
  • ワールドタワー店:2014年10月16日開店。運営事業権が更新されず、2016年6月30日一度閉店するものの、同年12月再度運営事業権を獲得。2017年1月5日再オープン。
  • 釜山店:1995年12月27日開店、ロッテ百貨店釜山店の8階に位置している。釜山・慶尚南道圏に居住者や観光客が多く利用している。
  • 済州店:2000年3月25日、西帰浦市中文観光団地内のロッテホテル6階に複層構造で開店した。以後2015年6月19日済州市内に位置するロッテシティホテル1〜3階に拡張移転した。 2015年7月2日に一環として済州現地法人を設立して「ロッテ免税店済州」が独自に運営する。
  • 仁川空港店:仁川国際空港には2001年3月29日開店して出国口3階七箇所に位置している。酒、たばこに特化されておりCARTIER、COACH、PRADAなど高級ブランドが入店している。
  • 金浦空港店:2010年7月24日AK免税店をロッテが買収して運営している。
  • 金海空港店:2016年9月1日開店。元々、2014年2月4日までロッテ免税店として運営していたが、新世界グループに運営権が移転し一度閉店したが、運営権が再度ロッテ免税店に移り、再開店した。

日本[編集]

銀座店(東急プラザ銀座内)
  • 関西空港店:2014年9月開店して出国口3階に位置している。
  • 銀座店 : 2016年3月31日開店。東急プラザ銀座内に2フロアを占有し、150以上のブランドを取り揃えている。空港市中型免税店として都内最大の広さ(4,400㎡)を誇る。
  • 大阪店: 2017年春開店予定。

アメリカ[編集]

  • グアム国際空港店:2012年7月23日開店して出国口3階に位置している。

インドネシア[編集]

  • スカルノハッタ空港店:2012年1月に開店し、1ターミナル出発ロビーに位置している。
  • ジャカルタ店:2014年6月に開店し、ジャカルタ市内中心部に位置している。

閉店した店舗[編集]

  • 済州空港店:ハンファグループに運営権が移転。
  • ワールド店:ワールドタワー店に拡張移転。
  • チャンギ国際空港店:2012年6月7日開店。赤字により2015年9月3日閉店。

イメージキャラクター(CMタレント)[編集]

※2015年現在

外部リンク[編集]