農心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
農心
Nongshim logo (hangul).svg
各種表記
ハングル 농심
漢字 農心
発音 ノンシ
日本語読み: のうしん
2000年式MR式
ローマ字:
Nong-sim
NongShim
テンプレートを表示

株式会社 農心(ノンシン)は大韓民国の製インスタント食品スナック菓子会社。「さらに上質な商品とサービスでより良い生活のために貢献する」と企業理念に掲げている。社名の農心は「農夫の心」という意味である。[1]

概要[編集]

1965年9月18日会社設立。当時の社名はロッテ工業株式会社といった。設立当初製造していたラーメンのブランド名はロッテラーメンだった。 同社の商品の一つである「辛(シン)ラーメン」は高いシェアを持っている。創業者の辛春浩(シン・チュノ、신춘호)はロッテの創業者である重光武雄(辛格浩)の実弟。傘下企業に農心ケロッグ株式会社(농심켈로그주식회사農心Kellogg株式會社)があり、ケロッグ社の韓国法人となっている。

業界紙の報道によると、日本法人である農心ジャパンの11年度の売上高は前年比25%増で約40億円となった。同年の日本の即席麺の市場規模は5444億円で、市場シェアは0.7%となる(日本食糧新聞)。農心ジャパンは、加ト吉(現・テーブルマークJTグループ)との業務提携により2002年に発足した会社であり、加ト吉の流通ルートを利用した販売が行われていたが、2010年3月1日をもって業務提携は終了した。

2015年、農心では辛ラーメンの売れ行きを把握するための独自調査を行った。2015年下半期(7/1~11/27)を調査した結果、ID付きPOSデータで判明したリピート率は30.04%。3回に1回の割合で、消費者が辛ラーメンを再度購入していることが判明した。これはインスタント袋麺売上個数上位30品の中で最高数値である。

30周年を迎えた2016年には、「30周年限定パッケージ」の辛ラーメンを販売。「世界で愛されている辛ラーメン」を表現した、「地球のパッケージの辛ラーメン」が期間限定で販売された。1986年の発売開始から30年経った現在でも、1日平均300万個が販売されており、変わらぬ人気を誇る。韓国インスタント麺史上では、「辛ラーメン」だけで25%のシェアを占めている。また、最近では、辛ラーメンへの「ちょいたしアレンジ」や「アレンジレシピ」[2]も話題となっている。

また、農心では「最も韓国的な味が世界的なもの」という哲学を基本に置いており、以前から積極的に海外進出を行っている。主力商品である辛ラーメンは日本やアメリカを始め、アラブ首長国連邦やチリといった国にも輸出されており、今現在世界100余りの国に輸出されている。[3]

沿革[4][編集]

1965年 「ロッテ工業株式会社」 設立

1967年 インスタントラーメン 生産 開始

1970年 韓国 初 インスタント麺 「ジャージャー麺」 開発

1971年 韓国 初 スナック菓子 「セウカン」 開発

1978年 「株式会社農心」 社名変更

1980年 韓国初 100%じゃがいもスナック 「ポテトチップ」 開発

1981年 韓国初 カップ麺 開発

1985年 ソウルオリンピック 公式ラーメン供給会社 指定 韓国ラーメン市場シェア1位

1986年 「辛ラーメン」開発 中国 上海工場 完成

1997年 世界ラーメン協会に加盟、国家公認試験検査機関(KOLAS)認証を獲得

1998年 「カプリサン」 ジュース工場 完成

2005年 アメリカ ロサンゼルス工場 完成

2007年 菉山工場(韓国釜山)完成

2008年 VISION2015宣言

2009年 韓国初の「食文化専門図書館」をオープン

2010年 ダウジョーンズ持続可能経営値数(DJSI Korea)、食品産業最優秀企業 選定

2011年 農心全工場 「HACCP指定」獲得

2012年 「白山水」販売開始

2013年 韓国(食品業界)初 アメリカ ウォルマート 直接取引

2015年 農心創立50周年

グループ会社[5][編集]

・株式会社 農心ホールディングス

・株式会社 泰耕農産

・株式会社 栗村化学

・株式会社 農心企画

・株式会社 農心エンジニアリング

・株式会社 NDS

・株式会社 MEGAマート

・株式会社 ホテル農心

・株式会社 農心開発

提携会社[6][編集]

・Nestle

・ケロッグ

・ウェルチ

・キャンベル

・マコーミック

・チューリップ

・アルクニア

・バリラ

・カプリソーネ

・Perfetti van Melle

・味の素

・ハウス食品

・ACESUR

農心の約束[7][編集]

・NO防腐剤:乾燥製品であるため保存料を使用せず長期保存が可能。酸化を防ぐため、抗酸化剤として天然トコペロールと緑茶から抽出したカテキンを使用。

・ナトリウム低減化:韓国は伝統的にナトリウム摂取が高い。そのため、全てのラーメン製品のナトリウム含量を減らすように努める。

・ノンフライラーメン:油で揚げないノンフライ製法。

・油の差別化:スナック類に健康油脂を使用。多価不飽和脂肪酸(1.0):単一不飽和脂肪酸(1.6):飽和脂肪酸(1.0)の理想的な比率に近い油種を開発し、2007年10月からこの黄金比率の油脂をスナック製品に使用。

・食物繊維強化:栄養価値向上のため、2005年から食物繊維を強化。オニオンリングには食物繊維を4g(きゅうり2個分)の食物繊維が含まれる。

・カルシウム強化:農心のラーメンとスナックには牛乳1カップ半程度のカルシウムが入っている。

・低脂肪:健康面で脂質摂取が気になる方のために低脂肪製品を開発。乾麺の脂質含量を0.5~4gに抑える。「ライスヌードル」「農心ガラク冷凍麺」は脂質を以前の約30%に減らす。ドーナッツ1個よりも脂質の少ない低脂肪製品「さくさく秀美チップ」を販売。

農心の食品安全研究所[8][編集]

農心は1997年に業界初の国家公認試験検査機関(KOLAS)から公認認定を受けている。これにより農心では有害要素を事前に予測・分析が可能であり、国内外の多様な食品安全に対する技術移転とコンサルティングを行っている。

・原産地の管理:ジャガイモ・エビ・天日塩・米・農産物などの原材料から、原産地、品質、健全性などの定期的な点検と検査を行っている。

・残留農薬の検査:農薬の成分が検出される原料の使用を予防するために、すべての農産物や他関連製品に対し、最先端の分析装備(GC-MS/MS、LC-MS/MSなど)を活用し、230種余りの残留農薬を検査及びモニタリングを実施している。

日本で発売されている商品[編集]

  • 辛ラーメン신라면
  • ノグリラーメン(韓国型たぬき(うどん)ラーメン)
  • キムチラーメン(김치라면
  • コムタンラーメン(곰탕라면
  • のりラーメン(노리라면
  • わかめラーメン
  • 海鮮ちゃんぽん
  • キムチ焼きそば(김치양념
  • いかチャンポン(オリジナルパッケージ、오징어 짬뽕 오리지날 팩키지
  • 辛いえびせん(매운 새우깡
  • チゲラーメン(業務スーパーなどで販売)(찌개라면
  • ユッケジャンカップ麺(육개장 사발면
  • ふるる冷麺 水冷麺
  • ふるる冷麺 辛口ビビン麺

辛ラーメン[編集]

唐辛子ベーススープに「かやく」はニンジンシイタケ唐辛子ネギ。韓国では70%のシェアを持っている。

ユッケジャンカップ麺[編集]

ユッケジャンスープ系のカップラーメン。パッケージの製造元に「農心ヅャパソ」(正しくは「農心ジャパン」)、住所が「新虎ノ門失業会館ビル」(正しくは「新虎ノ門実業会館ビル」)と記載されるなど、日本版パッケージでの誤植がみられる。

キャンベル インスタントヌードル チキン風味[編集]

キャンベルスープが日本国内専用商品として開発したカップ麺。製造を韓国で行い、輸入を農心ジャパンが請け負っている。

異物混入問題[編集]

2008年3月17日、韓国食品医薬品安全庁は、農心が製造するセウカンネズミの頭部が混入していたと発表。同製品が回収される騒ぎとなった。問題となったセウカンは中国内の工場にて加工されたものであり、異物は製造段階で混入したものと推測されたが、肝心の証拠物を農心側が調査後に廃棄したこともあり真相は解明されていない。

2010年10月15日、農心が生産したカップ麺から相次いで幼虫などの異物が検出されたことが問題となった[9]

騒ぎはそれ以外にもアメリカ、香港、シンガポール、ニュージーランド、マレーシアなど、多くの国に広がっている[10]

2013年12月23日、辛ラーメンから砒素および重金属が検出されたことがマスコミで報じられた[11]

ハラールに関連したできごと[編集]

2017年インドネシア食品医薬品監督庁は、韓国製インスタントラーメンの一部からDNAを検出。農心辛ラーメンブラックを含む4種のラーメンの輸入許可を取り消すとともに、流通している製品の全量回収を指示した。ラーメンには、ハラールではない旨を示す表記が無く、回収は被害が発生することを防ぐ措置[12]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]