ケロッグ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケロッグ
Kellogg Company
Kellogg's-Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NYSEK
略称 Kellogg
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州 バトルクリーク
設立 1906年
業種 食料品
事業内容 食品の製造
代表者 Steven Cahillane(会長&CEO
売上高 増加 135.47億ドル[1]2018年
営業利益 増加 1706億億ドル[1](2018年)
純利益 増加 13億4400万ドル[1](2018年)
純資産 増加 177億8000万ドル[1](2018年)
総資産 増加 31億5900万ドル[1](2018年)
従業員数 34,000人(2018年)[1]
関係する人物 ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ(創業者)
外部リンク https://www.kelloggcompany.com/en_US/home.html
テンプレートを表示

ケロッグ(英:Kellogg Company)は、アメリカ合衆国ミシガン州南部に位置するバトルクリークに本社を置くシリアル食品菓子、加工食品の製造を行う企業。

歴史[編集]

1906年2月19日、バトルクリーク出身の兄弟、ウィル・キース・ケロッグとジョン・ハーヴェイ・ケロッグバトルクリークトーストコーンフレークを設立した。同社はフレークを販売し大成功を収め、1922年にケロッグと改称された。

1962年に100%出資の日本法人である日本ケロッグを設立した。

2012年、プロクター・アンド・ギャンブルの食品事業撤退による売却にともない、プリングルズの商標権を取得した。

同社はコーンフレーク、穀類加工食品製造業において世界でトップクラスの規模である。

創業地であり現在も本社があるバトルクリークは、ケロッグの寄付金で設立されたケロッグ大学などの関連施設が多くある企業城下町であるため、「シリアル・シティ」(The Cereal City)とも呼ばれている。

日本法人[編集]

日本ケロッグ合同会社
Kellogg's-Logo.svg
種類 合同会社
略称 ケロッグ
本社所在地 日本の旗 日本
102-0084
東京都千代田区二番町3-5
麹町三葉ビル 1階
設立 1962年10月(創業:1906年
業種 食料品
法人番号 6010403008666
事業内容 食品の製造販売及び輸入
代表者 代表職務執行者社長 井上 ゆかり
資本金 10億円
主要株主 Kellogg Company 100%
関係する人物 宮原伸生(元社長)
外部リンク https://www.kelloggs.jp/
テンプレートを表示

日本では、日本ケロッグ合同会社(にほんケロッグ)が展開を行っている。

米国ケロッグ社(NYSEK)が100%出資の日本法人として1962年日本ケロッグ株式会社として設立。翌1963年に日本オリジナルパッケージでシリアルの発売を開始。このとき発売されたのは、「コーンフレーク」と、砂糖でコーティングされた「コーンフロスト」(現コーンフロスティ)の2製品。その後15種類以上のシリアル製品を製造。コーンフレークやコーンフロスティのほか、シュガーポン、ハニーポン、フルーツポン、ライスクリスピー、チョコワ、チョコクリスピー、玄米フレーク、オールブラン、ブランフレーク・プレーン、フルーツグラノラ、スペシャルK、コンボなどを製造。オールブランとブランフレーク・プレーンは、高食物繊維の特定保健用食品である。

味の素とは日本法人を設立した当時から販売契約を結んでいたが、2020年3月31日の契約満了をもって総販売元契約解消が発表された[2]。また、P&Gから買収した成形ポテトスナック「プリングルズ」については、2013年1月より森永製菓と販売契約を結んでいたが、こちらも同じく2020年3月31日で契約解消している。

2015年4月には、サントリー食品インターナショナルとの提携商品として「ケロッグ 飲む朝食 フルーツグラノーラ」[3] を発売した。この商品はサントリー食品インターナショナルの製品として扱われている。

長らく紙箱で売られていたが、2018年よりアルミニウムの袋入りパッケージに変わった。

キャラクター[編集]

現在
過去

など。

広告戦略[編集]

  • 日米問わず、子供番組やアニメを中心にテレビ番組のスポンサーとして広告を流している。中でもテレビせとうちにて放送されていたアニメ「アイドル伝説えり子」では、作中にケロッグ製品を食べるシーンが登場していた。
  • 1963年の発売当初から、製品におまけが封入されている。パッケージ裏を切り抜いて作るペーパークラフトや、ミニカーフィギュアDVDなど様々なものがある。前述のスポンサーとなったアニメのキャラクターグッズが封入されることもある(「ドラえもん」など)。
    • 1970年代までは、これらのおまけを当時オーストラリアにあった「Rosenhain & Lipmann (R&L) 社」(1959~1977)製が製造しており、世界的にケロッグやほかのシリアルのおまけとして採用され輸出されていた。ただし、封入されていた時期は商品により異なる。
  • 著名人やタレントがメディアでケロッグ製品について触れると、御礼として製品を送ることがある。例としてはM-1グランプリ2019で、優勝したミルクボーイがコーンフレークを題材にしたネタを披露し、「腕組みしてる虎」「赤いスカーフの虎」とトニー・ザ・タイガーにも言及したところ、翌日にはミルクボーイに優勝祝いとして「コーンフロスティ」1年分を贈呈することが日本ケロッグ公式ツイッターで発表された[6]。その1カ月後にはミルクボーイが「ケロッグ公式応援サポーター」に任命され、就任式では先述のネタ中で「コーンフレークは生産者の顔が浮かばへん」と発言していたことに絡め、同社の工場長と対面する演出がなされた[7]

問題となった広告[編集]

  • 2004年、韓国にて行ったキャンペーンにてチョコ味のシリアル「チェッキ」とネギ味のシリアル「チャッカ」のどちらを商品化するかという投票を行った。しかし、ネットユーザーの組織票などによって後者に投票する人が続出した為、これを不正とみなしてチョコ味の当選を発表。その為長い期間批判を浴びることとなり、再投票を実施。結果、2020年に後者も商品化された[8]
  • 2012年7月、日本でも同様の広告戦略が行われた[9]。チョコが嫌いという理由でチョコワにワサビを入れようと企むスフィンクスに、同製品のココくんが投票で対抗しようというものだが、やはり2ちゃんねるのユーザーなどからスフィンクスに組織表を入れ、同月4日時点で約54万票差でスフィンクスが圧勝[10]。この時点でケロッグはねとらぼの取材に対して「スフィンクスが勝った場合にはなんらかの形でワサビ味の製品を出すことを検討する」としていた[10]。しかし、同月24日時点でプログラムなどを使った不正な多重投票を弾くようになった結果、ココくんの12,875票に対しスフィンクスの票はわずか8,752票まで減少[11]。最終的にココくんの14,667票に対してスフィンクスは9,367票となり、わさび味は発売されなかった[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Kellogg Company Form 10-K for 2018 Annual Report (Report). https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/55067/000162828019001864/k-2018q410xk.htm 2019年9月26日閲覧。. 
  2. ^ 日本ケロッグ、事業拡大に向けた独自の流通戦略を推進 味の素株式会社との総発売元契約を解消
  3. ^ 商品サイト。テレビCMキャラクターに深田恭子ムロツヨシを起用
  4. ^ 朝食シリアルのコーンフロスティ(男の浪漫伝説 Vol.93) | ドリームメール
  5. ^ キャラクターヒストリー ケロッグ
  6. ^ ミルクボーイにコーンフレーク1年分を贈呈。ケロッグ、M-1のネタに絡めて「お母さんにも」ハフポスト日本版、2019年12月24日付、2021年8月12日閲覧)
  7. ^ ミルクボーイがケロッグ公式応援サポーターに就任 漫才の内容も変更?おたくま経済新聞、2020年1月29日付、2021年8月12日閲覧)
  8. ^ TABI LABO編集部 (2020年8月4日). “16年間の戦いに決着! 韓国のケロッグが「ネギ味シリアル」を販売”. TABI LABO. 2021年8月18日閲覧。
  9. ^ 【8年前の今頃は?】ココくんVSスフィンクス ワサビ味のチョコワを賭けた仁義なき戦い”. ねとらぼ (2020年7月5日). 2021年8月18日閲覧。
  10. ^ a b チョコワがワサビ味になる? ケロッグの投票サイトで予想外の事態が勃発中”. ねとらぼ. ITmedia (2012年7月4日). 2021年8月27日閲覧。
  11. ^ チョコワVS.ワサビの途中経過が発表。2ちゃんねらーの抵抗むなしくワサビ派は劣勢に”. ねとらぼ. ITmedia (2012年7月24日). 2021年8月27日閲覧。
  12. ^ チョコワはワサビ味になるのか? チョコワ対ワサビの投票結果発表”. ねとらぼ. ITmedia (2012年8月15日). 2021年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]