重光武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッテグループ > 重光武雄
シン・キョクホ(しげみつ たけお)
辛 格浩(重光 武雄)
Shin kyukho
生誕 1922年10月4日(92歳)
日本の旗 日本統治下慶尚南道蔚山郡
大韓民国の旗韓国蔚山広域市
国籍 大韓民国の旗 韓国[1]
職業 ロッテホールディングス会長
千葉ロッテマリーンズオーナー
ロッテ・ジャイアンツオーナー
重光 武雄(辛 格浩)
各種表記
ハングル 신격호
漢字 辛格浩
発音: シンキョクホ(シンギョコ)
日本語読み: しげみつ たけお
ローマ字 Shin kyukho
テンプレートを表示

辛 格浩(シン・キョクホ、またはシン・キョッコ、신격호、1922年10月4日 - )は、韓国出身の実業家である。韓国慶尚南道蔚山郡(現・蔚山広域市)出身の在日韓国人一世ロッテグループ会長、日本プロ野球のチーム千葉ロッテマリーンズ大韓民国プロ野球のチームロッテ・ジャイアンツのオーナーを務める。韓国第5位のロッテグループ財閥の総帥でもある。通名は重光 武雄(しげみつ たけお)。

経歴[編集]

  • 1922年 - 日本統治時代の朝鮮(現韓国)の慶尚南道蔚山で誕生。
  • 1942年 - 関釜連絡船に乗って日本本土へ転居。
  • 1946年 - 早稲田実業学校卒業。
  • 1947年 - 進駐軍のチューインガムを見て、ガム製造に乗り出す[2]
  • 1948年 - 6月株式会社ロッテ設立。代表取締役社長に就任。
  • 1954年 - サッカーW杯予選出場のために来日する韓国代表チームの支援活動を始める[2]。のちに1964年東京オリンピックの韓国選手団を支援。
  • 1967年 - 4月韓国ロッテ設立。
  • 1969年 - 岸信介の仲介で東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)のスポンサーとなり、球団名をロッテオリオンズとするが、球団経営は引き続き大映に委ねた。
  • 1971年 - 大映の経営危機により、正式にロッテオリオンズの経営権を譲り受けるが、オーナー職は球団の個人株主で大映経営時代の副オーナーだった中村長芳に委ねた。
  • 1972年 - 中村が退任して他球団の経営権を買収したため、11月ロッテオリオンズのオーナーに就任。
  • 1979年 - ロッテホテル開業。ソウルオリンピックの際には同ホテルに五輪組織委員会本部が置かれた[2]
  • 2009年 - 7月1日、創業以来務めてきたロッテグループ社長を退き、会長に就任した。
  • 2015年 - 7月、代表権のない名誉会長に退いた。[3]

親族[編集]

  • 妻:ノ・スンファ(1922-51)- 最初の夫人。長女をもうけた[4]
  • 妻:重光初子 - 1927年生の日本人で、長男と次男をもうけた。生家とともにロッテグループの大株主[5]
  • 長女:辛英子韓国語版(シン・ヨンジャ)(1941-) - ロッテ百貨店共同創業者、ロッテ福祉財団理事長[6]
  • 長男:辛東主(重光宏之) - 元日本ロッテグループ副会長[7]
  • 次男:辛東彬(重光昭夫)- 韓国ロッテグループ会長兼千葉ロッテ球団オーナー代行
  • 次女:辛ユミ(1983-)- ロッテホテル顧問。母親は事実上の「三度目の妻」初代ミスロッテ(1977年)のソ・ミギョン(1959-)
  • 弟:辛春浩(シン・チュンホ)- 韓国の食品メーカー農心の創業者
  • 甥:辛東仁韓国語版 - 韓国ロッテジャイアンツオーナー代行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロッテグループ、日本ロッテが事実上支配 朝鮮日報 2015年7月30日
  2. ^ a b c 町井久之関連人物・重光武雄
  3. ^ <ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2) _ Joongang Ilbo _ 中央日報
  4. ^ <ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2)中央日報日本語版、2015年07月31日
  5. ^ <ロッテ経営権紛争>辛格浩会長に妻が解決法提示、大株主として後継議論中央日報日本語版、2015年08月02日
  6. ^ 日韓グローバル企業の“お家騒動”…ロッテ・グループ、長女が父親の日本行きに同行…目的は次男の理事職解任だった WoW!Korea 7月29日
  7. ^ “ロッテ持ち株会社、重光宏之副会長を経営陣から追放 創業者の長男”. 産経新聞社. (2015年1月9日). http://www.sankei.com/economy/news/150109/ecn1501090024-n1.html 2015年1月10日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『魂の相克 在日スポーツ英雄列伝』大島裕史, 在日本大韓体育会、講談社 (2012/2/10)