エンジェル・イン・アス・コーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンジェル・イン・アス・コーヒー
Angel-in-us
業種 コーヒーショップ
設立 大韓民国 (2006年 (2006))
本社
拠点数
600+ 店舗 (2012年)
事業地域
アジア
ウェブサイト http://www.angelinus.com

エンジェル・イン・アス・コーヒー (Angel-in-us Coffee) は、大韓民国を拠点とする、ロッテグループ傘下のコーヒーハウス・チェーン[1]

日本語では、おもに「エンジェル・イン・アス・コーヒー」として紹介されるが[2]韓国語の表記は「엔제리너스 커피」で、実際の発音に近い「エンジェリノスコピ」として紹介されることもある[3]

概要[編集]

前身は、2000年に創業した「JAVA COFFEE」であったが、2006年に新たに「エンジェル・イン・アス」のブランドを立ち上げた[2]。名称には、神様からの贈り物とも称されるコーヒーが、天使たちによってもたらされるだという含意が盛り込まれている[2]

店舗では、すべての家具や什器に無邪気な天使たちのシンボルが刻まれており、天国を思わせるような雰囲気というテーマ性が与えられている。

店舗では、「ピュア・ロースト・システム (Pure Roasting System)」と称する、コーヒー豆の内部と外部を均等にローストし、コーヒーが豊かな香りとフレッシュな味をもつようにする焙煎を行なっている[4][5][6]

拡大[編集]

エンジェル・イン・アス・コーヒーはロッテグループが運営しており、アジアにおけるマーケットの拡大を常々進めている。2008年中国に、2011年11月にはインドネシアに進出しており、現在は中国に9店舗、ベトナムに4店舗、インドネシアに3店舗を展開している[7]2012年の時点で、このチェーンは大韓民国で600店舗以上を展開していた。

2015年、エンジェル・イン・アスはクリスマスの季節に向けて特別なメニューを用意し、特製ケーキとコーヒーを提供した[8]

脚注[編集]

  1. ^ Aryani, Marisa (2013年11月5日). “Angel in-us Coffee: Classy Medium dish with Price”. Bakery Magazine. 2013年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c スタバを超える!?韓国のカフェ最新事情(3/7)”. 日経BP (2012年5月1日). 2017年8月25日閲覧。
  3. ^ おしゃれに敏感な若者に人気 「Angel-in-us Coffee」”. All About, Inc. (2013年2月12日). 2017年8月26日閲覧。
  4. ^ Korea’s Angel-in-us Coffee to Hold International Barista Competition”. Blouinartinfo (2013年3月27日). 2015年3月27日閲覧。
  5. ^ Choi, John (2015年1月8日). “Angel-in-us Coffee Offers Discounted Coffee for Polite Orders”. The Korea Bizwire. 2015年4月16日閲覧。
  6. ^ Kwon, Jungyun (2012年1月2日). “Koreans keen on imported coffee”. Korea.net. 2015年3月27日閲覧。
  7. ^ Park and one in Kazakhstan., Min-young (2012年8月22日). “Korean coffee chains expand beyond Seoul”. The Korea Herald. 2015年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月27日閲覧。
  8. ^ 경아, 유 (2015年12月3日). “엔제리너스커피, 크리스마스 시즌 미니케이크 3종”. 2015年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]