Portal:食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トマト
ポータル:食

食や食文化に関するウィキポータルです。食関連項目の執筆、編集、検索、閲覧、整備に役立てる目的で設立維持されています。あなたもこのページの編集に参加してみて下さい。

(左図解説) トマトの実。グルタミン酸の濃度が非常に高いためうま味があり、また印象的な酸味もあるため、各地で料理に広く利用されている。

新しい紹介を読み込む

お知らせ

  • 加筆依頼を出す時、その記事の何について加筆して欲しいのかを記載するようにしてください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事を執筆した時に宣伝にならないかどうかを考えてください。もし宣伝になりそうであれば、その記事の執筆は依頼すべきではありません。特に、個別商品の記事、企業の記事は宣伝になりがちですので、十分注意してください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事に特筆性があるかどうかを考えてください。検索エンジンなどで検索して、ヒットがあるかどうかは1つの基準となるでしょう。

特集項目

Otaru Ankake Yakisoba 11138725415.jpg

小樽あんかけ焼そば(おたるあんかけやきそば)は、北海道小樽市の多くの料理店で提供されているあんかけ焼そば。昭和30年代より小樽市内に広まり、平成期まで小樽市民に愛好されている。2010年代以降には過疎の進む小樽市のPRのため、市民団体により精力的な普及活動が行われており、ご当地グルメとして話題になっている。

小樽あんかけ焼そばの発祥については諸説ある。当初は1957年(昭和32年)に小樽市稲穂に移転オープンした中華料理店「梅月(ばいげつ)の「五目あんかけ焼そば」を元祖とする説が有力であった。当時の同店は比較的敷居が低く観光客にも親しまれ、当時急増していたカニ族にも好評を博し、小樽市民も市内中心部での買物後に同店であんかけ焼そばを食べることが流行するほどの人気ぶりであった。「梅月」は2代目店主・近藤祐司の代に最盛期を極めており、ほかの料理人たちにレシピを伝えることに積極的だった近藤の姿勢が、小樽市内にあんかけ焼そばを普及させることに一役買ったと見られている。

ただし後の研究によれば、小樽市内のほかの中華料理店「レストラン・ロール」や「来来軒」では1950年(昭和25年)頃にすでにあんかけ焼そばを提供していたとの報告もあり、日本全国の中華料理店であんかけ焼そばが賄い料理として出されていたことを考慮すると、小樽あんかけ焼そばの起源は「梅月」よりもさらに遡ることができるとの見方もある。また戦前には、小樽市内の多くのホテルや料亭が東京都京都府から調理師を雇い入れていたため、こうした人々があんかけ焼そばを小樽に伝え、港湾での労働者に愛好されて普及したとの説もある。

……もっと読む

新着項目

2月24日 - ボンバ米イギリスのビール本神戸肉森谷商店/2月22日 - ウインナーラガー盛田金しゃちビール/2月21日 - ドイツのビールゴーゼ/2月20日 - メルツェンビア/2月17日 - デュンケルレッド・エール全国地ビール醸造者協議会/2月16日 - ワールド・ビア・カップインターナショナル・ビアカップベイク&シャークサメバーガーボック (ビール)/2月15日 - きえちゃう!!キャンディーぺそら漬けロコビアビアスパークしもつま道後ビール/2月14日 - 呉ビール名誉料理長/2月13日 - 世嬉の一酒造/2月12日 - ブルックリン・ブルワリー/2月11日 - 佐藤酒造店 (郡山市)イングリング (ビール)卵の戦い/2月10日 - えのき茶/2月9日 - パパイヤ漬け/2月8日 - オークマスター樽薫る粉糖/2月7日 - キャベンディッシュ (バナナ)真空乾燥大高菜越津ねぎ八事五寸人参コブラー寶泉堂/2月6日 - QuEChERS法 - ヤキマ・ブルーイング/2月5日 - 誉の陣太鼓あいちの伝統野菜ホームブルーイング自家醸造/2月4日 - ガトー・ド・サヴォワタフ・ディーグアライド・ドメク岡埜栄泉/2月3日 - 広島レモン本陣 (食品メーカー)北見厳寒の焼き肉まつりスリー・タンズ・ブルワリー/2月1日 - アルザス風シュークルート/1月31日 - ギニアアブラヤシ/1月30日 - 微塵切りほっとレモン/1月29日 - 味覚センサきぬむすめ黒ダイヤ (菓子)(独立記事)/1月28日 - マイクロブルワリー/1月27日 - 塩釜焼き(サブスタブ)、アラン・シャペル/1月26日 - クーフテ・タブリーズィー1月26日 - レイモン・カルヴェル角切り/1月19日 -津之輝スラッピー・ジョー/1月17日 - カンバーランド・ソーセージ/1月14日 - ふぢ餅/1月13日 - ベルプリ越後へぎそば処 粋や/1月12日 - シーバスリーガル/1月11日 - 温泉パン/1月10日 - ヴァルテッリーナ・カゼーラ/1月9日 - シャット(サブスタブ)、コトー・シャンプノワ/1月8日 - ブラウアー・ポルトギーザー/1月6日 - 生け簀/1月5日 - レリッシュ/1月4日 - 赤湯ラーメンボレアス (レストラン)/1月1日 - 叶 匠壽庵