出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(にく、: flesh)とは、

  • 動物の、主に筋肉からなる部分[1]
  • 上記の肉のうち、食用となるもの[1]。(動物には魚類も含まれ、広義には魚肉も含まれうるもので英語でもfish meatと言うが)(日本語では単に「肉」と言うと大抵はもっと狭義に用いて)特に、魚以外のものを指す[1][2]
  • 果実の、皮と種子の間にある柔らかい部分[1]

単に「肉」というと、動物の、主に筋肉からなる部分のことである。 素朴な表現では身体を「骨と肉と皮」などと言うことも多いが、この場合の「肉」は「」や「皮」と対比されている。 「肉」は近世に解剖学が発展する以前の、素朴な概念であり、現代の学問では「肉」として研究されるのではなく、もっと細分化した上で研究されている。現代人があえて「肉」と言う場合は大抵、あえて非学術的な、主に古代以来の素朴な概念枠を提示したい時である。

動物

広辞苑では「皮膚におおわれ、骨格に付着する[1]」との説明を載せている。なお素朴な概念では、消化器官心臓などは「内臓」として区別する方法も一般的である。

(現代的な、古代の概念体系とは異なった概念体系を用いて分析すると)「肉」は主に筋肉ではあるが、細かく見てゆくと、脂肪組織も含んでおり、血管も通っており、神経線維も含まれている。これはあくまで現代の細分化された概念体系、分類体系である。→現代の概念枠のほうは解剖学動物解剖学人体解剖学、を参照。 [3]

食肉

動物の肉のうち、食用に供するもの(食肉)を、日常的には単に「肉」と呼んでいる。例えば肉屋やスーパーの「肉売り場」などで販売されている。こうした店や売り場では動物の内臓(モツ)も扱っており、それも広義の食肉に当たる。→食肉製肉

植物
  • 果実の、川と種子の間にある柔らかな部分を「肉」あるいは「果肉」と言う。 →果肉
  • 厚みのあるの内部組織は肉質とも呼ぶ。→肉質
機械装置と対比し人間の身体を指す用法

骨や皮と対比するのでなく、機械と対比する用法である。

  • 機械装置を用いずに、直接、人ので見ることは「肉眼」と言う。→肉眼
  • ワープロなどの機械を用いずに、人の手で筆やペンを直接持って書くことは肉筆。→肉筆
  • マイク・電話・スピーカー・拡声器などの装置を通した声と対比して、人ののどから出て直接耳に届く「生の声」を「肉声」と言う[4][5]
聖書における「肉」
漢字の部首
比喩

工学やDIYなどでは、比喩を用いて、素材を「肉」とたとえる場合があり、例えば「肉厚」は厚みが厚いことを指す。素材が過剰に使われている場合は比喩で「贅肉」と言ってみたり、不要な部分を削ることを「肉抜き」などと言うこともある。

また、機械装置の余分な部分も比喩で「贅肉」と呼ぶこともある。例えばレーシング・カーなどでも、早く走ることには不要な部分を「贅肉」と呼んで、製肉の加工で脂肪を包丁で削るのに喩えて「削り取る」などと表現して、設計図から除去したり、不要な機械部品を取り外す。 →比喩

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 広辞苑第六版「肉」
  2. ^ 中国語では動物全般を「禽獣魚虫」で表すが(「禽」は「鳥」の意味)、日本の古語では鴨などの禽肉を単に「トリ」、獣肉を「シシ」、魚肉を「ウヲ」と呼び、「(イ)」の肉を「イノシシ」、「鹿(カ)」の肉を「カノシシ」、また肉だけでなく生体も同じくそのまま呼んだ(このため「禽獣」を「トリシシ」とも読む)。「ししおどし」の「しし」は肉ではなく獣のことである。後に漢語の呉音からきた「ニク」に代わり、「肉」の異体字の「宍」で「宍肉(ししにく)」、人名での「シシ」などに語が残っている。(シカも参照)。なお「獅子」はここでの「シシ」とは訓みが偶然一致しているだけで関係はない。なお「ウヲ」は訓読みであり、大和言葉、古代以来の純粋な日本語であり、仏教による禁忌によってタンパクの摂食が獣肉から魚肉に代わり、酒宴で饗されることが多くなって「サカナ(酒菜、肴)」は魚肉のことと一般化され、やがて生体も「サカナ」と呼ぶ慣習が生まれた。
  3. ^ なお筋肉は運動(身体を動かしたり移動させたりすること)にかかわっている。脂肪組織はエネルギーを蓄えたり、外部からの衝撃をやわらげる役割などをになっている。だが、古代の人はそんなことはほとんど知らず、考えてもいなかっただろうことは想像に難くない。
  4. ^ [1]
  5. ^ 「肉声でも聞こえる広さの部屋」などと言う。

関連項目[編集]