スムージー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台湾ロリカップ社製
ブルーベリー・スムージー
ブルーベリー・スムージー
スムージーとミキサー
南アフリカのスムージー・バー

スムージー: Smoothie)は、凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物である[1]。クラッシュドアイス(砕いた)を使用したフローズンドリンクフローズンカクテルアイスクリーム牛乳で作るシェイクなどにも似ているが、こちらは材料そのものを凍らせて使用する[1]。甘み付けや見た目を良くするために入れられる事があるが、フルーツジュース、アイスクリーム、チョコレートやシャーベットなどを含むと、糖分や脂質を多く含むため幾つかの健康リスクが上昇することとなる[2]

レシピ例[編集]

  1. 細かく切った果物野菜等を冷凍庫の中に入れ凍らせる[1]
  2. 凍った材料を牛乳ヨーグルトアイスクリーム等と一緒に、ミキサーに入れる[1](この時、甘くしたければ蜂蜜ガムシロップなどを入れる)。
  3. ミキサーを使い、かき混ぜれば完成。口の広いグラスに注ぎ、好みでフルーツ等を添える。

健康に関する議論[編集]

水分を絞ったジュースと異なり、「素材の全てを含んでいて食物繊維も併せて摂ることが出来る」、「加熱処理されていない」、「加糖されていない(但し作り方による)」等の理由によりジュースよりダイエットに適しオシャレで健康的な飲み物との印象を与えられている[3]。しかし、2010年代頃から健康に関する賛否両論の議論が多く行われるようになった[2]

肯定的見解
  • ジュースと比較し食物繊維を含むため、穏やかな血糖値の上昇となり、インスリンの急激な分泌が抑えられ、満腹感が持続するため過食を抑制できる[2]
  • 簡単に摂食(飲用)できる。
否定的見解
  • フルーツジュースやアイスクリームを加えると糖分と脂肪の摂取量が増加し健康に結びつかない[2]
  • ダイエット目的で摂食(飲用)した場合、カルシウム蛋白質が不足し骨粗鬆症等のリスクが上昇する[4]
  • 咀嚼行為がほとんど行われず唾液の分泌量が少ないため健康的ではない[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル大辞泉
  2. ^ a b c d 大西睦子、スムージーってヘルシー? それとも不健康? 日経Gooda 2015/4/18
  3. ^ スムージーの発祥 スムージー
  4. ^ 塚原典子、江澤郁子、「ダイエットと骨粗鬆症」 臨床検査 (2007/6/15) 51巻 6号, p.627-630,doi:10.11477/mf.1542101224
  5. ^ 小林義典、「咬合・咀嚼が創る健康長寿 日本補綴歯科学会誌 Vol.3 (2011) No.3 P.189-219, doi:10.2186/ajps.3.189

関連項目[編集]

外部リンク[編集]