シャーベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イチゴ味のシャーベット

シャーベット: sherbet イギリス英語アメリカ英語同じ)は、氷菓(ひょうか)(アメリカ合衆国)あるいははじけるキャンディー(イギリスニュージーランドオーストラリア)のことである。オーストラリア英語ニュージーランド英語ではシャーバートsherbert)と呼ばれることがあり、しばしばアメリカでもシャーバートと誤認されている。シャーベットは、古くは発泡性または氷で冷やしたフルーツがベースの飲料であったが、イギリス、アメリカ、オセアニアで異なるものを意味するように変化していくに連れ、その意味(及びスペルと発音)は、三つの英語圏の国の間で分離していった。

イギリスでは、アメリカのシャーベットに近い氷菓をフランス語からの借用語を用いsorbet(ソルベ)と呼ぶが、発音はむしろ英語風になるため「ソーベイ」に近い。

語源と起源[編集]

シャーベット及びソルベはどちらも、果物などから作ったシロップを水で薄め、砕いた氷を入れて冷やした飲料を意味するアラビア語: شربات‎(「シャルバート」アラビア語で飲み物、ジュースを表す)または、トルコ語: şerbat(「シェルバット」)に由来している。「シャルバット」の語源はアラビア語: شرب‎(シャリバ 「飲む」)である。

9世紀シチリアを征服したアラブ人が持ち込んだシャルバートが氷菓グラニタの原型になったのではないかと考えられているが、古代ギリシア古代ローマにはすでに、高山から採集したワインを冷やす習慣があった。一方、東アジアにも古くから氷菓を楽しむ習慣があり、『東方見聞録』に氷菓が登場することから、マルコ・ポーロ中国からソルベに似た氷菓を持ち帰ったともいわれている。アラビア文化圏の「シャルバート」がシルクロードを経て、中国にもたらされたという元の記録がある。 大元帝国を建国したクビライ汗(12151294年)は、かつての病を癒したイスラムの妙薬を求め、それがサマルカンドの「舎里八」で、各種の果汁に砂糖を混ぜ、バラの香りを付けた水、龍涎香などで風味付けし雪や氷で冷やしたものだった。 クビライは「舎里八」のあまりのおいしさに驚嘆したと伝えられ、調合した医師サルギスを仕官させ厚遇したと言う。「舎里八」は「シャルバート」の漢字訳。1533年フィレンツェカテリーナ・デ・メディチオルレアン公アンリ・ド・ヴァロワのもとに輿入れした時連れていったイタリアの料理人の中にはシチリア人の氷菓職人が含まれており、フランスの宮廷に氷菓が伝わった。17世紀末までにはソルベがパリの町中で売られるようになり、ヨーロッパ中に広がっていった。

米国[編集]

シャーベットは甘くしたフルーツジュースまたはフルーツのピューレを凍らせて作る氷菓である。普通はシャーベットはソルベよりも材料が多く、普通、牛乳卵白およびゼラチンのようなものを含んでいる。米国で言うシャーベットは乳脂肪分を1ないし2パーセント含んでいなければならない。また、アイスクリームよりも甘味料がわずかに多く含まれていなければならない。もしそうでなければ、乳脂肪分が多いか甘味料が少なければアイスクリーム、乳脂肪分と甘味料が少なければアイスミルク、もしくは牛乳がまったく含まれていないならばソルベとして販売されなければならない。米国のシャーベットは少なくとも1ガロン当たり6ポンド(720 g/L)の密度があり、フルーツなどの味がついている。

普通はシャーベットもソルベも、レシピとしては入れ替えることができるが、シャーベットには牛乳が入っているため、凍るのも溶けるのも遅い。ソルベはフランスで完成された氷菓であり、米国で有名になったのは割と最近のことである。ソルベの持つイメージにはシャーベットに無い高級感があるため、高級レストランのメニューにソルベはあってもシャーベットはまず無い。

ソルベを作る過程で、ソルベが完全に凍る前に溶き卵と低脂肪乳を加えるとシャーベットができる。

シャーベットはしばしば、低脂肪性の代替物としてアイスクリームと並べて売られている。

英国、オーストラリア及びカナダ[編集]

英国でのシャーベットは、はじけるパウダーの一種である。日本駄菓子として売られている「粉ジュース」に近い。

重曹酒石酸砂糖などからできていて、通常はクリームソーダ味かフルーツ味がついており、ジュース唾液の水分と反応して塩基反応を起こす。市販品の炭酸飲料を買うよりも家で作ることが多かった頃は、粉末レモネードからレモネードを作るのと同じ方法でさまざまな飲み物に混ぜて炭酸飲料を作るのにシャーベットが使われた。

シャーベットをボール紙の筒に入れ、リコリス菓子でできたストローを添えたものはリコリスフォンテインという名前で売られている。シャーベットの粉をリコリス菓子のストローで吸うことを想定しているのだが実際にはうまく行かないため、シャーベットを口に流し込んでおいて、リコリス菓子は別に食べることが多い。

袋に密封された棒付きキャンディーにシャーベットの小袋がついてくるシャーベットディップもよく知られている。棒付きキャンディーを舐めたらそれをシャーベットの中へ漬け、シャーベットを舐め取るようになっている。棒付きキャンディーにシャーベットを乗せて口へ運んでもよい。小袋が3つか4つの部分に分かれていて、小袋のひとつにキャンディーでできた食べられる棒、残りの小袋にイチゴ味、オレンジ味、コーラ味など違う味のシャーベットが入っているシャーベットディップもあり、味の違うシャーベットが一度に楽しめる。

シャーベットを食べるときにくしゃみをすると、シャーベットが鼻に入って痛い思いをしたり、シャーベットの粉末が部屋中に撒き散らされるため、注意が必要である。

シャーベットは他の駄菓子と組み合わせられることもある。例をあげれば、の中の詰め物として使われたり(シャーベットレモンなど)、食べられる紙の容器に包まれたもの(フライングソーサーなど)がある。

英国、オーストラリア、カナダで通常手に入る氷菓は、アイスクリーム、フローズンヨーグルト、およびソルベである。米国でシャーベットと呼ばれるものは、ソルベの一種と考えられている。

スラング[編集]

ビールまたはアルコール飲料[編集]

英国及びオーストラリアの一部ではシャーベットはアルコール飲料、特にビールを指すスラングとして使われてきた。シャーベットはフルーツジュースで作った冷やす東洋の飲み物の名前で、これのヨーロッパ版のものの名前でもある。ヨーロッパのものは、しばしばシャーベット粉末を混ぜて発泡性にした。

ビールを指すスラングとしての使用は、1890年代初期のスラング辞典に記されているが、今日でもスラングの一覧に載っている(特にオーストラリアのスラングの一覧として)

麻薬[編集]

ショービズシャーベットと言えば、英国のスラングではコカインを指す。

タクシー[編集]

1990年代ロンドンでは、シャーベットまたはシャーベットダブ(sherbet dab)が、タクシー(cab)を指す押韻スラング(Cockney Rhyming Slang)として使われ始めた。(押韻スラングについては、「コックニー」の頁を参照。)

関連項目[編集]