地中海食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地中海食
Gazpacho ingredients.jpg
野菜、オリーブオイル、バルサミコ酢
登録基準 R1, R2, R3, R4, R5 [1]
参照 884
登録史
登録年 2013

地中海食(ちちゅうかいしょく、Mediterranean diet)とは、イタリア料理スペイン料理ギリシア料理など地中海沿岸諸国の料理である。記憶能力および健康に対する良好な研究結果が繰り返し報告されている。

地中海食という料理はなく、地中海沿岸諸国の伝統的な食事のことである[2]オリーブオイル全粒穀物、野菜、果物、豆、ナッツが豊富で、チーズとヨーグルトは頻繁に食され、魚も食されるが、肉、鳥、卵、菓子の消費は控えめである[2]。また赤ワインも適度に飲まれる[2]オリーブオイル魚介類には多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれる。

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、2013年に地中海食を、フランス、モロッコ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、キプロス、クロアチアの無形文化遺産として登録した。

健康との関連[編集]

地中海沿岸諸国では、イギリスドイツ北欧などに比べて、狭心症心筋梗塞といった虚血性心疾患が少ないことから、食生活にその一因を求める考えがあった。アメリカ合衆国ミネソタ大学アンセル・キーズ英語版博士を中心に、日本、アメリカ合衆国、フィンランドオランダイタリアユーゴスラビアギリシャの7カ国で食事の違いと虚血性心疾患の疫学研究を行った。これは世界七カ国共同研究英語版[3]と呼ばれた。この研究により血清コレステロール値と心筋梗塞・冠動脈疾患死に関連があること、同程度の高脂肪食を食べても地中海沿岸諸国では冠動脈疾患が少ないことが判明した。

研究結果から近代の西洋的な食事よりも、全死亡率、心血管疾患、がん死亡率、がん、パーキンソン病、アルツハイマー病のリスクが低く、喘息、慢性関節リウマチの症状を改善するとみられている[2]

地中海食は低脂肪食に比べ、心血管疾患を抑制する[4]。肥満の抑制にも有用である可能性が示唆されている[5]

前向きコホート研究で、地中海食が糖尿病リスクを減少させると報告された[6]。2014年には、エキストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルを摂取した地中海食で、有意に糖尿病発症が少ないと報告された[7]。地中海食が子宮癌(子宮内膜癌)のリスク低下に有用である可能性が報告された[8]

オリーブオイルを多く含む地中海食、ナッツ類を多く含む地中海食、通常の低脂肪食の3群では、骨形成マーカー(オステオカルシンP1NP)がオリーブオイル地中海食群のみ改善していた。他の2群では有意差がみられなかった。[9]

健康な女性4676人において、地中海食と老化の指標であるテロメア長は有意に関連した[10]

地中海沿岸諸国の食事では、鳥と卵がほとんど使われることはない[2]が、ハーバード大学医学院では、それでも、の消費を推奨している[11][12]

小麦グルテン[編集]

地中海食は、パンやパスタのように小麦のタンパク質のグルテンを含むので、グルテン関連障害の発症リスクが高まる可能性がある[13]

低炭水化物食との比較[編集]

低脂肪食低炭水化物食と地中海食で体重変化を比較したところ、地中海食と低炭水化物食は同程度の減量がみられ、これらは低脂肪食よりも有意に有効であった。[14]短期的には低炭水化物食での体重減少幅が大きいがリバウンドがみられ、中長期的には地中海食と低炭水化物食には有意差が無かった。

歴史[編集]

地中海食の概念は、1960年代初頭にギリシャのクレタ島南イタリアの食品摂取型を反映して開発された[15]。当初、1975年にアメリカの生物学者のアンセル・キーズ英語版と化学者マーガレット(妻)によって公表された[16]。しかし広く認知されることはなかった。健康的であることを示したデータは、ナポリとマドリードでの疫学研究である[17]7カ国共同研究英語版が実施され、1970年に公表され[18]、1980年に長い文章の書籍となり[19]。一般に普及した地中海食の説明は、1990年代半ばにハーバード大学ハーバード公衆衛生大学院英語版ウォルター・ウィレットによって提示されたものである[20][21][22][23][24]

地中海食は当時主流の栄養学の観点から矛盾(パラドックス)をはらんでいる。それは地中海沿岸諸国の人々は比較的豊富に脂肪を消費しているが、アメリカ合衆国における同様に消費する州よりも心血管疾患のリスクが低いというということで、フレンチパラドックスとして知られる。[25]

出典[編集]

  1. ^ Decision (unesco)
  2. ^ a b c d e Skerrett PJ, Willett WC (2010). “Essentials of healthy eating: a guide”. J Midwifery Womens Health 55 (6): 492–501. doi:10.1016/j.jmwh.2010.06.019. PMC 3471136. PMID 20974411. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3471136/. 
  3. ^ 世界七カ国共同研究 50周年記念シンポジウム
  4. ^ Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet (PREDIMED Study), N Engl J Med 2013; 368:1279-1290.
  5. ^ Tognon G, et al. Mediterranean diet, overweight and body composition in children from eight European countries: Cross-sectional and prospective results from the IDEFICS study. Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2014; 24:205-213.
  6. ^ Martinez-Gonzalez MA, et al. Adherence to Mediterranean dietand risk of developing diabetes: prospective cohort study. BMJ. 2008; 336:1348-1351.
  7. ^ Salas-Salvadó J et al. Prevention of diabetes with Mediterranean diets: A subgroup analysis of a randomized trial. Ann Intern Med 2014 Jan 7; 160:1. doi:10.7326/M13-1725
  8. ^ Filomeno M, et al. Br J Cancer. 2015;112(11):1816-21. Epub 2015 May 12. doi:10.1038/bjc.2015.153
  9. ^ Fernandez-Real JM, et al. A mediterranean diet enriched with olive oil is associated with higher serum total osteocalcin levels in elderly men at high cardiovascular risk. J Clin Endocrinol Metab. 2012; 97:3792-3798.
  10. ^ Crous-Bou M, et al. Mediterranean diet and telomere length in Nurses' Health Study: population based cohort study. BMJ 2014 Dec 2; 349: g6674.
  11. ^ “Ask the doctor: Why is poultry a protein on your Healthy Eating Plate?”. Harvard Health Publishing. (2011年12月). オリジナル2011年12月時点によるアーカイブ。. https://www.health.harvard.edu/newsletters/harvard_health_letter/2011/december 
  12. ^ “Eggs and your health”. Harvard Men's Health Watch. (2014年12月). オリジナル2015年1月時点によるアーカイブ。. https://www.health.harvard.edu/newsletters/harvard_mens_health_watch/2015/january 
  13. ^ “Non-celiac gluten sensitivity: questions still to be answered despite increasing awareness”. Cellular and Molecular Immunology 10 (5): 383–392. (2013). doi:10.1038/cmi.2013.28. ISSN 1672-7681. PMC 4003198. PMID 23934026. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4003198. "Many factors have contributed to the development of gluten-related pathology, starting with the worldwide spread of the Mediterranean diet, which is based on a high intake of gluten-containing foods." 
  14. ^ Shai I et al. Weight Loss with a Low-Carbohydrate, Mediterranean, or Low-Fat Diet. N Engl J Med 2008; 359:229-241. doi:10.1056/NEJMoa0708681
  15. ^ Willett WC; Sacks, F; Trichopoulou, A; Drescher, G; Ferro-Luzzi, A; Helsing, E; Trichopoulos, D (June 1, 1995). “Mediterranean diet pyramid: a cultural model for healthy eating”. American Journal of Clinical Nutrition 61 (6): 1402S–6S. PMID 7754995. http://www.ajcn.org/cgi/content/abstract/61/6/1402S. 
  16. ^ Ancel Keys, Margaret Keys, How to eat well and stay well the Mediterranean way, Doubleday, 1975
  17. ^ * António José Marques da Silva, La diète méditerranéenne. Discours et pratiques alimentaires en Méditerranée (vol. 2), L'Harmattan, Paris, 2015 978-2-343-06151-1, pp. 52-54
  18. ^ Ancel Keys, ed (April 1970). “Coronary heart disease in seven countries”. Circulation 41 (4 Suppl): I1–211. doi:10.1161/01.CIR.41.4S1.I-1. PMID 5442782. 
  19. ^ Ancel Keys (ed), Seven Countries: A multivariate analysis of death and coronary heart disease, 1980. 0-674-80237-3.
  20. ^ Burros, Marian (1995年3月29日). “Eating Well”. The New York Times. オリジナル2008年4月7日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5WuCqjqyn?url=http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990CEFD81438F93AA15750C0A963958260&sec=&spon=&pagewanted=all 
  21. ^ “Health implications of Mediterranean diets in light of contemporary knowledge. 1. Plant foods and dairy products”. Am. J. Clin. Nutr. 61: 1407S–1415S. (1995). PMID 7754996. 
  22. ^ “Health implications of Mediterranean diets in light of contemporary knowledge. 2. Meat, wine, fats, and oils”. Am. J. Clin. Nutr. 61: 1416S–1427S. (1995). PMID 7754997. 
  23. ^ Willett WC (2006). “The Mediterranean diet: science and practice”. Public Health Nutr 9: 105–10. PMID 16512956. 
  24. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』光文社、2003年5月。ISBN 4-334-97396-5Eat, Drink, and Be Healthy, 2001.
  25. ^ Bruno Simini (1 January 2000) "Serge Renaud: from French paradox to Cretan miracle" The Lancet 355:9197:48 doi:10.1016/S0140-6736(05)71990-5

関連項目[編集]