Portal:ロシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メインページ   新着記事   各種依頼
Flag-map of Russia.svg
ウィキポータルロシアへようこそ
ロシアに関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。
Vista-xmag.png特集記事
S. V. Ivanov. Yuri's Day. (1908).jpg

ロシアの農奴制」(ロシア の のうどせい、ロシア語: Крепостное право в России)では、モスクワ大公国の時代から帝政ロシアにかけてつづいたロシア農奴制の特徴と展開について説明する。

中世ロシア社会では、収穫を終えた「聖ユーリーの日」の前後に農民の移動の自由が認められていた。ただし、みずからの領主に対して負債のある場合には移動の権利を行使できなかったため、実際には、多数の農民が土地に拘束されていた。15世紀に入ると、富裕な領主が負債を肩代わりする代償として農民を自己の領地へ引きぬく行為が増加しており、このことは中小領主の農地経営をむしろ圧迫した。15世紀末、リューリク朝モスクワ大公で「全ルーシの君主」を称したイヴァン3世が農民の移動を制限する「1497年法典(スヂェブニク)」を定めた。これにより、農民の移動は「聖ユーリーの日」の前後それぞれ1週間(計2週間)に制限されることとなった。

イヴァン3世の孫で初めて「ツァーリ」の称号を公式に採用してロシア・ツァーリ国を建てたイヴァン4世(「イヴァン雷帝」)もまた1550年に同様の法典を定めた。これは、1497年法典に改正を加えたもので、中小領主である士族層の経済的安定を図る一方で修道院貴族層の土地所有制限条項をふくみ、また、代官への監督強化を盛り込んだ、全体としては中央集権化の方向性を示した法令であったが、農民の移動における「聖ユーリーの日」にかかわる規定については、前代をほぼ踏襲した。イヴァン4世統治下のロシアは、コサック(カザーク)の頭領イェルマークの遠征などにより、その版図をシベリアに広げたが、このような外的な発展は内的にはむしろ農奴制への傾斜をもたらした。

……もっと読む

特集記事一覧

Camera-photo.svg抜粋画像
St Basils Cathedral-500px.jpg

モスクワ聖ワシリイ大聖堂イワン雷帝がカザン・ハーンのとの戦いの勝利を記念して建設した。

抜粋画像一覧

Stock volume.svgお知らせ

Portal:ロシアへようこそ! ここはロシアに関連した項目への入口です。このページはどなたでも編集できます。Category:ロシアウィキプロジェクト 東ヨーロッパもあわせてご利用下さい。

  • 2014年12月27日 - Portal:ロシア(ドラフト版)が作成されました。
Noia 64 apps kdict.pngカテゴリ
Icon of three people in different shades of grey.svg関連ポータル
Icon of three people in different shades of grey.svgこのポータルについて

このポータルへの参加を歓迎します。ご要望、ご提案はノートへ。

  • 特集記事: 不定期更新。今のところ選出方法は決まっておらず、ある程度充実した項目を任意に紹介します。
  • 抜粋画像: 不定期更新。今のところ選出方法は決まっておらず、ある程度充実した項目を任意に紹介します。
  • 新着記事: 新着記事があったときに更新します。自分で投稿した場合や見落としがあった場合はどうぞご自由に追加してください。ここに掲載するかどうかは、各一覧を見て載せるのが適切か否かを判断して下さい。