Portal:スペキュレイティブ・フィクション

ナビゲーションに移動 検索に移動
Speculative-fiction-portal-logo-v2-Japanese.png
ギャラクシーの絵

スペキュレイティブ・フィクション (Speculative fiction) とは、さまざまな点で現実世界と異なった世界を推測、追求して執筆された小説などの作品を指す語。フィクションの複数のジャンルにまたがって使用される。

発生当初は、「サイエンス・フィクションは大衆的で浅薄である」という偏見に対抗する意味も込めて、空想科学小説に哲学的要素を持ち込んだものを指していたため、日本語では思弁小説(しべんしょうせつ)、思弁的小説と訳された。スペキュレイティ・フィクションの表記もある。

一般に、サイエンス・フィクション、ファンタジーホラースーパーヒーローもの、ユートピアディストピアもの、破滅もの仮想歴史ものマジックリアリズムの小説群などが含まれる。

スペキュレイティブ・フィクションの略語としては「spec-fic」「specfic」「S-F」「SF」「sf」などの表記が用いられる(最後の3つは、サイエンス・フィクションの略語としても用いられるため、混乱を招くこともある)。

キャッシュをクリアする ←ページ変更が反映されない場合、クリック。
編集  

人物紹介

ジュール・ヴェルヌ
ジュール・ヴェルヌJules Verne, 1828年2月8日 - 1905年3月24日)は、フランスの小説家H・G・ウェルズとともにSFの開祖として知られ、SFの父とも呼ばれる。ヴェルヌの日本への紹介は、1878年(明治11年)、川島忠之助が『八十日間世界一周』の前編を翻訳刊行したのが最初である(標題は『新説八十日間世界一周』。後編は1880年(明治13年)に刊行)。同書はまた、日本における最初のフランス語原典からの翻訳書であった。

1883年(明治16年)には、黒岩涙香が『月世界旅行』を翻案(翻案途上で中断、出版もされていないという説がある)。1896年(明治29年)、森田思軒が英訳からの重訳であったが『二年間の休暇』を翻訳して「十五少年」という標題で雑誌『少年世界』に連載し、単行書として刊行した。同書は、少年文学の傑作として評価され、多くの読者を獲得した。翻訳されたヴェルヌの作品は、翻訳文学史において大きな位置を占めた。

ヴェルヌの作品の多くは、子供用の物語として書き直されたり、映画やアニメのような映像作品の原作になったりと、広い人気を誇る。これは21世紀にまで続いており、ヴェルヌ作品は一種の共通認識になっていると言っても良い。

編集  

カテゴリ

編集  

予定されているSF大会

Stock volume.svg依頼
  • ウェブサイト
編集  

スペキュレイティブ・フィクションの主要項目

サイエンス・フィクション
クリエイター 作家 (一覧) - 漫画家 - 映画監督
メディア 小説 - 映画 (一覧) - アニメ - 漫画 (作品 - グラフィックノベル - コミックストリップ)
サブジャンル ハード - ソフト - ニュー・ウェーブ - スペースオペラ - サイバーパンク - (派生
関連ジャンル ファンタジー - (サイエンス・ファンタジー - ヒロイック・ファンタジー) - ミステリー - ホラー - スペキュレイティブ
テーマ別 宇宙 - 宇宙人 (ファーストコンタクト) - フローティングシティ - 惑星 - ロボット - 歴史改変 - 終末もの - シュリンカー - タイムトラベル - 未来史 - パラレルワールド - ミリタリー - ディストピア - 超能力
サブカルチャー ファンダムSF大会 - 組織 - ファンジン
国別 オーストラリア - カナダ - 中国 - クロアチア - チェコ - フランス - 日本 - ノルウェイ - ポーランド - ルーマニア - ロシア/ソ連 - セルビア
ヒューゴー賞 - ネビュラ賞 - ローカス賞 - 星雲賞
ファンタジー
クリエイター 作家
メディア 映画 - 漫画 - ロールプレイングゲーム
サブジャンル ダーク - ハイ - ヒロイック
決り文句 幻獣 - 魔術師魔法使い - 魔女)- カニングフォーク
ホラー
クリエイター 作家一覧
メディア 小説ゴシック)- 映画 - ドラマ - アニメ - ゲーム - ジャッロ - グラン・ギニョール
サブジャンル ダーク・ファンタジー - エログロ - ゴシック小説 - スプラッター映画 - サバイバルホラー - ゾンビによる世界の終末
関連ジャンル ミステリー - スペキュレイティブ - スリラー
編集  

類ウィキポータル

編集  

因みなコンテンツ

— — —
ウィキポータルとは?
キャッシュをクリアする ←ページ変更が反映されない場合、クリック。