SF作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SF作家(エスエフさっか)とはサイエンス・フィクション(SF)を主として著す小説家のことである。

代表作がSF作品であったり、SF雑誌やSFの新人賞、同人誌からデビューした作家はSF作家と見なされる。SFファンの作家が誇りを込めてSF作家と自ら名乗ることもある。様々なジャンルを扱うライトノベルの作家の中でも、主にSFを扱う作家はSF作家とされる。SFとその他のジャンルの作品の線引きが明確でないため、SF作家かどうか議論が分かれる作家もいる。

SF作家の特徴の1つとしてファンとの距離の近さが挙げられる。SF作家がデビュー後も同人誌に携わったり、SF大会に参加するなどファン活動を続けることも多い。また、ハードSFを中心として科学者、技術者出身の作家も多い。

代表的なSF作家[編集]

日本[編集]

1900年代の押川春浪や1930年代の海野十三は日本のSF作家の草分け的な存在とされる。[1]戦後に翻訳中心だった日本のSFを変化させた星新一小松左京筒井康隆は日本SFの御三家と呼ばれ、古典とされる名作を残している。

欧米[編集]

アーサー・C・クラークアイザック・アシモフロバート・A・ハインラインは御三家(ビッグ・スリー)と呼ばれ、古典とされる名作を残している。[要出典]

組織[編集]

アメリカでは一定の条件[2]を満たしたプロ作家だけが加入できるアメリカSFファンタジー作家協会 (SFWA)が存在する。SFWAは会員の投票によって優れた作品を選び、ネビュラ賞を授与している。[3]日本では1963年に設立された日本SF作家クラブが存在し、多くの日本のSF作家が所属している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川喬司 『SFの時代』 双葉社<双葉文庫>、1996年、pp.128-132.。ISBN 4-575-65833-2
  2. ^ SFWA Membership Requirements
  3. ^ SFWA Awards Rules (2005/1/1時点)

外部リンク[編集]