Portal:宇宙開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Portal:宇宙開発宇宙開発分野のポータルです。

姉妹プロジェクトの類似カテゴリ:
Shuttle.svg


宇宙開発(うちゅうかいはつ、space development)は、宇宙空間人間の社会的な営みに役立てるため、あるいは人間の探求心を満たすために、宇宙に各種機器を送り出したり、さらには人間自身が宇宙に出て行くための活動全般をいう...[全文を読む]

特集項目
Voyager spacecraft.jpg

ボイジャー計画(ボイジャーけいかく、: Voyager program)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)による太陽系外惑星および太陽系外の探査計画。2機の無人惑星探査機ボイジャー(Voyager)を用いた探査計画であり、1977年に打ち上げられた。惑星配置の関係により、木星土星天王星海王星を連続的に探査することが可能であった機会を利用して打ち上げられている。1号・2号とも外惑星の鮮明な映像撮影に成功し、新衛星など多数の発見に貢献した。

2機の探査機の仕様は双方とも重量721.9kg、出力420Wとほぼ同じであるが、2号のほうが容量の大きい電源を搭載している。当初の予定では...

--全文を読む


ニュース

最近の出来事


時事特集

ISRO's GSLV at SHAR entrance 1.jpg

GSLVとはインド宇宙研究機関(ISRO)が開発した使い捨て型の静止衛星打ち上げロケットである。PSLVをベースとして、液体燃料ブースターを追加し、上段を極低温エンジンに換装した3段式ロケットで、地球低軌道 (LEO)に5,000 kg静止トランスファー軌道 (GTO)に2,200 kgのペイロードを投入できる。

GSLV計画は1990年に静止衛星の打ち上げ能力の獲得を目的として開始された。インドはそれまではソビエト連邦に大型衛星の打ち上げを依存していた。GSLVの主要な構成要素はS125/S139固体燃料ロケットブースターやヴィカース-4液体燃料エンジン等をPSLVから受け継いだ。最初のGSLV Mk I (GSLV-D1)の打ち上げは2001年4月18日だった。

GSLV-MkIはロシア製の液体水素エンジンを第3段に搭載していたが、GSLV-MkIIはインドが開発したエンジンに換えられた。当初ロシアから液体水素エンジンに関する技術を導入する予定だったが、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)に基づきアメリカ合衆国がロシアからのインドへの技術移転に異議を唱えた為、GSLV-MkIIへの技術導入は中止された。

2014年1月5日、国産の最新型極低温ロケットGSLV-MkIIで衛星打ち上げに成功した。インドは長年、独自の極低温液体燃料ロケットエンジンの開発に取り組んできた。このロケットは、地上約3万6000キロの高高度の軌道に重量がこれまでより大きい衛星を投入するように設計されている。...

--全文を読む


お知らせ
  • ウィキプロジェクト 宇宙開発を立ち上げました。よろしければご参加ください。 -2010年6月25日 (金) 11:33 (UTC)
  • このたび正式リリースとなりました。これからもポータルの発展にご協力をお願いします。- 2010年2月6日 (土) 17:01 (UTC)追加
特集画像
Blue hazes over backlit Pluto.jpg

ニュー・ホライズンズが撮影した大気で青く霞む冥王星

新着項目

探す

新規記事作成後は索引にも追加してください。

日付は初版の投稿日時で、UTCで表示。


主要項目

宇宙利用

宇宙飛行

宇宙技術

宇宙探査

宇宙機関

地上設備

宇宙政策

関連分野

各種依頼

執筆依頼

参考:Wikipedia:多数の言語版にあるが日本語版にない記事/天文

加筆依頼

参考:宇宙開発関連のスタブ項目

画像提供依頼

参考:宇宙開発(随時募集中の画像)
  • H-IIAロケット - 3-10号機の打ち上げ時の写真がありません。画像をお持ちの方、画像の提供をお願いします。--Su2365会話|投稿記録 ) 2011年1月15日 (土) 08:04 (UTC)


主要カテゴリ
関連ポータル
関連項目

ウィキメディア姉妹プロジェクトで「宇宙開発」を調べることができます:

コモンズ
メディア

ウィキニュース 
ニュース

ウィキクォート 
引用句

ウィキソース 
原文献

ウィキボヤージュ 
旅行ガイド

ウィキデータ 
データベース

編集方法
このウィキポータルでは宇宙開発全般を扱っています。参加を歓迎します。
  • ノート: このウィキポータルに関する質問、提案がありましたらどうぞ。
  • 特集項目: 定期更新。ある程度充実した項目を任意に紹介。
  • 新着項目: 関連の新着項目があったときに更新。自分で投稿した場合も自由に追加してください。
  • 主要項目: 基本的な項目へのリンクです。大幅な変更を加える場合は事前にノートで相談してください。
  • ウィキプロジェクト宇宙開発で宇宙開発関連記事の執筆支援も行っております。
  • 「宇宙開発」に関する編集なら、他ポータルと重複してもかまいません。
  • P:SPACEショートカットとして利用できます
キャッシュをクリアする ←ページ変更が反映されない場合|