魔法使い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔女とも魔術師とも呼ばれる。

魔法使い(まほうつかい)とは、魔法妖術幻術呪術などを使う者たちの総称である。民話神話にしばしば登場し、幻想文学ゲーム等でも素材として用いられる。歴史上の魔法使いについては、魔術師の一覧を参照。

語義[編集]

日本語の「魔法使い」という語は、英語でいうところのMagic User、WizardWitchSorcererWarlockなど様々な意味を含んでおり、厳密に定義することは難しい。一般的な訳語としては、Wizard=魔術師、Witch=魔女(しばしば女性に使われるものの、元来は性別を分けない。例:witchcraft=(一般に)魔術、Witch-king of Angmar=アングマールの魔王ファンタジー小説の登場人物で男性)、Sorcerer(フランス語『魔女の鉄槌』では妖術師の意味sorcierが起源。この女性形Sorcièreは後に魔女を意味することになった。男性の魔女、魔法使い・魔術師はSorcier)=文化人類学でいう妖術師、Warlock=(男性)魔術師をあてるが、英語の意味するニュアンスと日本語の訳語の意味するニュアンスには、かなりのずれがある。

魔法使いのうちでも、とくに賢明で思慮深く、魔法を正義及び善なる事のために使う者を「魔術師」(ウィザード)といい、「賢者」(ワイズマン)と同義であるとする作品もある。また日本語に翻訳した作品によっては訳者独自の訳語をたて、独立して自らの意思で魔法を使う者や導師的立場の者を「魔導師」、王侯などの命令で魔法を使う者や修行中の者を「魔導士」「魔道士」(団精二の訳語)というように表記を使い分けているものもある。

また、日本のネットスラングにおいては一定の年齢に達した童貞を指す。この場合、社会的逸脱性が魔法などの特殊能力にたとえられている。

民話や創作での描かれ方[編集]

魔法使いは、主人公の援助者として、あるいは敵対者として民話童話にしばしば登場する。特定の名前は与えられていない事が多い。シンデレラでは、典型的な主人公を援助する役割として、ヘンゼルとグレーテルでは、典型的な敵役として登場している。元型としては前者はオールドワイズマン(老賢者)やトリックスター、後者はグレートマザー(太母)があてはまる。白雪姫眠りの森の美女などのように、敵としても味方としても物語に登場する話も数多い。人魚姫のように、敵とも味方とも付かない役割を演じることもあるが、いずれにせよ人知を超えた力をもつため、物語の転換地点で大きな役割を果たすことが多い。

魔法使いは魔法が使える以外に、豊富な知識を蓄えているとされるのが一般的である。また正邪のどちらか、または両方の知識に通じており、これは登場人物としての性格と関連する。その知識は天文学、古語、薬学本草学錬金術数学文学政治などさまざまである。アーサー王の宮廷魔術師として召し抱えられたマーリンのような魔法使いもいる。フィンランドカレワラにも多くの魔法を使うものが姿を見せる。

ファンタジー(幻想文学)等の架空世界の設定では、魔法使いは非力であるとされることが多い。これには、魔法の習得には膨大な時間が必要となるため、高名な魔法使いは結果として必然的に年老いているという考え方や、また学究的な人物は身体的修練に時間を割いていないといった説明がなされている。しかしながら、魔法使いであると同時に剣士でもあるという例外も多く、例えばベルガリアード物語に登場するベルガリオンやドラゴンクエストシリーズの勇者のように主人公になることもある。ゲームの場合ならば、万能のキャラクターを登場させてゲームバランスを崩すわけにいかないという現実的な理由から魔法使いを非力に設定することも多い。この場合魔法戦士、乃至は魔法剣士というキャラクターを認めるにせよ、強くなりすぎないように何らかの形で制限が加えられることが多い。主に魔法戦士、魔法剣士はいわゆる「器用貧乏」なキャラクターとして扱われる。

以上、多作品に共通する魔法使いについて述べたが、その定義や線引きは作品によって異なり、かなりの差がある。 例えばハリー・ポッターシリーズでは魔法使い・魔女は人間の一種族「魔法族」とされ、魔法を使えない人間を「マグル」と呼んで区別するが、マグル生まれでも魔法を学べば魔法族になることができる。またゲド戦記のアースシー世界では魔法使いは称号と認められている。

魔法使いの一覧[編集]

小説[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

アニメに登場する魔法使いは多い。特に日本では、魔法少女アニメとしてひとつのジャンルを形成する。魔法使いが多数登場する作品は主人公(魔法使いの場合のみ)、最主要人物のみを上げる。

などの魔法少女アニメは、前述の該当項目を参照のこと。

マンガ[編集]

電子マンガ[編集]

特撮番組[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]