カリオストロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリオストロ伯爵

アレッサンドロ・ディ・カリオストロ(Alessandro di Cagliostro、1743年6月2日 - 1795年8月26日)は、稀代の詐欺師として名が広まったメイソン、オカルティスト。本名はジュゼッペ・バルサーモ(Giuseppe Balsamo)。

人物[編集]

カリオストロは医師錬金術師、山師、など多くの肩書きを持っており、上流階級のなかに紛れ込み、低い身分から機会を見てのし上がろうとし、アヴァンチュリエ[1]山師)と呼ばれていたという。

稀代の詐欺師として特徴づけられているカリオストロだが、壮年時期には愉快犯の色合いが強く、また、富裕層からまき上げたカネを貧民層に分け与えていた[2]

生涯[編集]

1743年、シチリア島パレルモ生まれといわれる。少年時代に修道院を追放されたあと、ギリシャ人錬金術師アルトタスの弟子となる(これはカリオストロ本人による回想録によるもので、アルトタスなる人物が実在したか否かは不明)。

彼はヨーロッパ中を旅し、多くの偽名を使って各国の社交界に潜り込み、胡散臭い商売を繰り返したという。その後、1777年、フランマソヌリ(英語ではフリーメイソンリー)に参入し、フランマソン(フリーメイソン)になった。後にフランマソンのエジプト起源説を唱え、自ら分派「エジプト・メイソンリー」を結成した。

その後、ロシア宮廷でのスキャンダルや、マリー・アントワネットを巻き込んだ有名な詐欺事件「首飾り事件」(1785年)によって名声を失った。

1789年、カリオストロは教皇庁管轄のローマでエジプト・メイソンリーのロッジを開いたことをとがめられ、逮捕された。宗教裁判にかけられた彼は、1791年終身刑を言い渡され、1795年に獄死した。

エジプト・メイソンリー[編集]

1777年、カリオストロはロンドンにてメイソンリーの参入秘儀を経て、メイソンになった。その後、フランスのリヨンにわたり、分派エジプト・メイソンリーを創立した。

エジプト・メイソンリーの会合では、少年少女を霊媒に降霊術をとり行ったという。カリオストロは各地で降霊術を披露した。その現象に触発させ、ゲーテやシラーは、彼の降霊術を題材に作品を発表した。

関連書籍[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ アヴァンチュリエ(aventurier)は冒険者(術策家)という意味のフランス語だが、イタリア語ではアヴェントゥリエーロ(avventuriero)。色事師のカサノヴァなどだけでなく、コルシカ国王テオドール一世を称したケルンのテオドール・フォン・ノイホフ(英語版)や、中南米でコンキスタドーレスとして活躍した有名なピサロコルテスソトらもこの同類。
  2. ^ 真説 フリーメイソン大百科(上巻)

関連項目[編集]