望海風斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のぞみ ふうと
望海 風斗
生年月日 10月19日
出生地 神奈川県横浜市
身長 169 cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2014年雪組へ異動
2017年:雪組トップスター就任
公式サイト 望海風斗 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ベルサイユのばら
エリザベート
ルパン三世
星逢一夜
ひかりふる路

望海 風斗(のぞみ ふうと、10月19日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組トップスター。

神奈川県横浜市[1]法政大学女子高等学校出身[1]。身長169cm[1]。愛称は「だいもん」、「ふうと」、「のぞ」[1]

来歴[編集]

2001年4月、宝塚音楽学校入学。同期には現花組トップスター明日海りお美弥るりか七海ひろき純矢ちとせ凪七瑠海OGに元星組トップ娘役夢咲ねね壱城あずさ蓮城まこと白華れみらがいる。

2003年3月、宝塚歌劇団に89期生として入団。入団時の成績は2番。月組公演「花の宝塚風土記シニョール・ドン・ファン」で初舞台。その後、花組に配属。

2009年、「太王四神記」で、新人公演初主演。同年、「外伝ベルサイユのばらアンドレ編-」で、新人公演主演。

2012年、ショー「カノン」で、初のエトワールを務める。同年、「Victrian Jazz」で、バウホール初主演。

2013年、「New Wave!-花-」(バウホール公演)に、メインキャストとして出演。

2014年、明日海りお大劇場お披露目となる「エリザベート」では、大役ルキーニに抜擢。同年11月17日付で、雪組へ組替え。

2015年、「アル・カポネ」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、主演[2]。新生雪組の2番手となる[2]

2016年、「井上芳雄シングスディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!~」大阪公演にゲストとして外部出演[3]。同年、龍真咲の退団に伴い、かんぽ生命かんぽドリームシアターのナビゲーターに就任[4]

2017年7月24日付で、早霧せいなの後任として、雪組トップスターに就任。同年、相手役に真彩希帆を迎え、「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」(全国ツアー)で、プレトップお披露目。『ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-』マクシミリアン・ロベスピエール役が大劇場お披露目公演となる。

人物[編集]

天海祐希の熱烈なファンであり、幼少期には天海祐希へ語りかける形式(天海さんもそんな事ある?)の日記をつけていたことを「Brilliant Dreams+NEXT」で明かしている。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2003年4月~5月、月組『花の宝塚風土記(ふどき)-春の踊り-/シニョール ドン・ファン』(宝塚大劇場のみ)

花組時代[編集]

  • 2004年1月、『天使の季節』大使、新人公演:ジョルジュ(本役:蘭寿とむ)/『アプローズ・タカラヅカ! -ゴールデン90-』
  • 2004年8月、『La Esperanza-いつか叶う-』新人公演:トム(本役:蘭寿とむ) /『TAKARAZUKA舞夢!』
  • 2005年1月、『くらわんか』(バウ)貧乏神/徳兵衛
  • 2005年3月、『マラケシュ・紅の墓標』警官アンリ、新人公演:クリフォード(本役:彩吹真央)/『エンター・ザ・レビュー
  • 2005年9月、『Ernest in Love』(日生)ロンドン市民(1幕)/農民・召使い(2幕)
  • 2005年11月、『落陽のパレルモ』新人公演:リカルド(本役:愛音羽麗)/『ASIAN WINDS!-アジアの風-』
  • 2006年3月、『スカウト』(バウ)グリフィン
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Station!』
  • 2006年5月、『エンカレッジ・コンサート』(バウ)
  • 2006年6月、『ファントム』従者、 新人公演:セルジョ(本役:愛音羽麗)
  • 2006年11月、『MIND TRAVELLAR -記憶の旅人-』(シアタードラマシティ・東京特別)エディ
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-』三村、新人公演:寺坂(本役:愛音羽麗)/『TUXEDO JAZZ』
  • 2007年7月、『ハロー!ダンシング』(バウワークショップ)
  • 2007年9月、『アデュー・マルセイユ』ジェラール(少年時代)、新人公演:シモン(本役:真飛聖)/『ラブ・シンフォニー』
  • 2008年3月、『蒼いくちづけ』(バウ)ヘルシング教授/デイヴ
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア』ヤシム、新人公演:イブラヒム(本役:大空祐飛)/『Red Hot Sea』
  • 2008年10月、『銀ちゃんの恋』(シアタードラマシティ・東京特別)ジミー
  • 2009年1月、『太王四神記-チュシンの星のもとに-』ヒョンミョン、新人公演:タムドク(本役:真飛聖) *新人公演初主演
  • 2009年5月、『哀しみのコルドバ』パコ/『Red Hot Sea II』(全国ツアー)
  • 2009年7月、『フィフティ・フィフティ』(バウ)カーク
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-』ヴェール、新人公演:アンドレ(本役:真飛聖)/『EXCITER!!』 *新人公演主演
  • 2010年1月、『BUND/NEON 上海 -深緋(こきあけ)の嘆きの河(コキュートス)-』(バウ)劉衛強
  • 2010年3月、『虞美人』桃娘
  • 2010年4月、桜乃彩音ミュージック・サロン『Ever Green -春風のように-』
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ』フランク/『EXCITER!!』
  • 2010年11月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウ・日本青年館)ハル
  • 2011年2月、『愛のプレリュード』ゲイリー・ミラー/『Le Paradis!! -聖なる時間ー』
  • 2011年3月、真飛聖ディナーショー『For YOU』
  • 2011年6月~9月、『ファントム』リシャール
  • 2011年10月~11月、『小さな花がひらいた山本周五郎作「ちいさこべ」より-/ル・ポァゾン 愛の媚薬Ⅱ』(全国ツアー)大六
  • 2012年1月~3月、『復活-恋が終わり、愛が残った-/カノン-Our Melody-』ミハイロフ警備隊長 *初エトワール
  • 2012年4月~5月、『長い春の果てに/カノン-Our Melody-』(全国ツアー)ブリス *エトワール
  • 2012年7月~10月、『サン=テグジュペリ-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-CONGA(コンガ)!!』ホルスト
  • 2012年11月、『Victorian Jazz(ヴィクトリアン ジャズ)』(バウホール)ナイジェル・カニンガム *バウ初主演
  • 2013年2月~5月、『オーシャンズ11』テリー・ベネディクト
  • 2013年6月~7月、『戦国BASARA真田幸村編-』(東急シアターオーブ)猿飛佐助
  • 2013年8月~11月、『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!』フランソワ・ド・パンジュ侯爵
  • 2013年12月、『New Wave!-花-』(バウホール) *メインキャスト
  • 2014年2月~5月、『ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA∞夢眩』ブロンソン・スミス
  • 2014年6月、『ベルサイユのばらフェルゼンマリー・アントワネット編-』(中日劇場)アンドレ
  • 2014年8月~11月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』ルイジ・ルキーニ

雪組時代[編集]

雪組トップスター時代[編集]

広告[編集]

  • 2016年 - 、かんぽ生命「かんぽドリームシアター」

受賞歴[編集]

  • 2010年、「宝塚歌劇団年度賞」2009年度新人賞
  • 2015年、「宝塚歌劇団年度賞」2014年度努力賞
  • 2017年、「宝塚歌劇団年度賞」2016年度努力賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年4月14日、76頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 望海風斗の圧倒的な歌唱力が光る異色作『アル・カポネ』宝塚ジャーナル
  3. ^ 井上芳雄 シングスディズニー~ドリーム・ゴーズ・オン!~』第2回ゲスト:望海風斗さんオモシィより
  4. ^ かんぽドリームシアターかんぽ生命

外部リンク[編集]