宮崎秋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやざき しゅうと
宮崎 秋人
本名 宮﨑秋人
生年月日 (1990-09-03) 1990年9月3日(26歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 174cm[1]
血液型 O型[1]
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2011年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
舞台
ミュージカル 薄桜鬼
弱虫ペダル

宮崎 秋人(みやざき しゅうと、1990年9月3日 - )は、日本俳優東京都出身[1]ワタナベエンターテインメント所属。身長174cm、靴のサイズは27.5cm[2]。特技・趣味はバスケットボールビーチボールバレー(都大会3位)・ギター[2]。お雑煮を食べること。

略歴[編集]

2013年10月、同事務所の若手俳優・アーティスト育成システムのグループ「p.o.t challenge」[1]を卒業[3]

2015年10月4日、ソロイベントにてD-BOYSに加入が発表される[4]

2016年5月25日、松田凌北村諒の3人で結成したユニット「Unknown Number!!!」が、シングル「キボウノヒカリ」で歌手デビュー[5]

出演[編集]

舞台[編集]

  • ROMEO×JULIET〜legend of painful heart(2011年3月、キンケロ・シアター)
  • THE BUTTERFLY EFFECT CHRONICLE『Blood Heaven〜第七天国〜』(2011年6月、キンケロ・シアター) - ラッジ 役
  • ベニバラ兎団 Vol.9『Mr.教授の危険なマスカレイド』(2012年1月、青山円形劇場
  • ミュージカル『薄桜鬼』 - 永倉新八
    • 斎藤一篇(2012年4-5月、サンシャイン劇場
    • 沖田総司篇(2013年3月、サンシャイン劇場
    • 土方歳三篇(2013年10月、日本青年館大ホール)
    • HAKU-MYU LIVE(2014年1月、日本青年館 大ホール)
    • 風間千景篇(2014年5-6月、新神戸オリエンタル劇場/シアター1010)
    • 藤堂平助篇(2015年1月、京都劇場/六本木ブルーシアター)
  • abc★赤坂ボーイズキャバレー3回表!〜自分に喝を入れて勝つ!〜(2012年8-9月、赤坂ACTシアター/シアターBRAVA!) - 木戸輝明 役
  • 舞台版「殿といっしょ」(2012年11月、前進座劇場) - 伊達政宗[6]
  • 舞台『弱虫ペダル』- 新開隼人 役
    • 箱根学園篇 〜眠れる直線鬼〜(主演、2013年1-2月、紀伊國屋サザンシアター
    • インターハイ篇 The First Result(2013年8-9月、サンシャイン劇場/シアターBRAVA!)
    • インターハイ篇 The Second Order(2014年3月、天王洲銀河劇場/埼玉県熊谷会館/シアターBRAVA!)
    • 箱根学園篇 ~野獣覚醒~(2014年10-11月、シアターBRAVA!/六本木ブルーシアター)
    • インターハイ篇 The WINNER(2015年3月、日本青年館 大ホール/シアターBRAVA!/キャナルシティ劇場)
    • 箱根学園新世代、始動(2016年9-10月、TOKYO DOME CITY HALL/オリックス劇場)
  • 東京サンダンス(2013年12月、劇場MOMO) - 圭三 役
  • あの頃僕らはペニーレインで(2014年5月、日本橋三井ホール)- アキラ 役
  • 少年社中『ネバーランド』(2014年7月、青山円形劇場)- カビー 役
  • Messiah メサイア -紫微ノ章-(2014年8月、サンシャイン劇場) - 高野優太 役
  • 朗読劇『私の玉の輿計画!』(2014年11月、横浜赤レンガ倉庫)- オルス 役
  • 本格文學朗読劇「極上文學」『走れメロス』(2014年12月3日・5-7日、草月ホール) - 主演 メロス 役
  • 舞台『BOYS★TALK』 第二弾(2014年12月25-28日、新宿FACE)- じゅーと 役
  • 舞台 『東京喰種』(2015年7月、AiiA 2.5 Theater Tokyo/京都劇場) - 永近英良 役
  • 朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』(2015年8月5日 - 7日、天王洲銀河劇場) - 石田三成/徳川家康 役
  • 朗読劇『俺とおまえの夏の陣』(2015年8月8日 - 9日、天王洲銀河劇場) - 徳川家康/豊臣秀吉 他 役
  • Messiah メサイア -鋼ノ章-(2015年9月、シアターGロッソ/新神戸オリエンタル劇場) - 高野優太 役
  • Dステ17th『夕陽伝』(2015年10月22日 - 11月1日、サンシャイン劇場/森ノ宮ピロティホール)- 都月 役
  • AGAPE store『七つの秘密』(2016年1月、紀伊國屋ホール/近鉄アート館)- 鈴木 役
  • つかこうへい七回忌特別公演『引退屋リリー』(2016年2月18日 - 3月7日、紀伊國屋ホール)- マコト 役
  • 舞台『FAIRY TAIL』(2016年4月30日 - 5月9日、サンシャイン劇場) - 主演 ナツ・ドラグニル 役[7]
  • 舞台『青の祓魔師』京都紅蓮篇(2016年8月、Zeppブルーシアター六本木) - 奥村雪男 役
  • bpm EXTRA STAGE 『ESORA』(新宿 全労済ホール/スペース・ゼロ)-ウォルト・バートン 役
  • Dステ20th『柔道少年』(2017年2月6日-2月26日、ザ・スズナリ/ABCホール) - 主演
  • 男水!(2017年5月) - 篠塚大樹 役[8]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

テレビアニメ[編集]

その他[編集]

  • SONY PCL 3Dショートムービー「Belivers」 - 英治 役

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d WE!マイページ p.o.t challenge
  2. ^ a b スタープロフィール|宮崎秋人”. Web版TVスター名鑑. 2013年3月24日閲覧。
  3. ^ “p.o.t challenge卒業のお知らせ”. ワタナベエンターテインメント. (2013年10月1日). http://www.pot-web.com/2013/10/pot_challenge.php 
  4. ^ 宮崎秋人、D-BOYSへの加入を発表「自分にもホームが出来た」”. ORICON STYLE (2015年10月4日). 2015年10月4日閲覧。
  5. ^ “宮崎秋人×松田凌×北村諒ユニット、前山田健一プロデュース曲でデビュー”. 音楽ナタリー. (2016年5月21日). http://natalie.mu/music/news/188067 2016年5月23日閲覧。 
  6. ^ “舞台「殿といっしょ」最終オーディションに観客涙!政宗、家康、義元、氏康が決定”. 芸能ニュースラウンジ. (2012年9月30日). http://newslounge.net/archives/42550 
  7. ^ 「FAIRY TAIL」舞台化!主演はD-BOYSの宮崎秋人、脚本・演出は児玉明子”. コミックナタリー (2015年12月4日). 2015年12月18日閲覧。
  8. ^ a b “「男水!」がドラマ&舞台化!松田凌や宮崎秋人が高校生スイマーに”. コミックナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/comic/news/205719 2016年10月17日閲覧。 
  9. ^ “出”. p.o.t challenge:宮崎秋人 アーカイブ(宮崎秋人オフィシャルブログ). (2013年1月3日). http://blog.watanabepro.co.jp/potchallenge/archives/2013/01/post_547.html 
  10. ^ “愛”. p.o.t challenge:宮崎秋人 アーカイブ(宮崎秋人オフィシャルブログ). (2013年4月26日). http://blog.watanabepro.co.jp/potchallenge/archives/2013/04/post_791.html 
  11. ^ “誘”. 宮﨑秋人オフィシャルブログ. (2013年6月7日). http://blog.watanabepro.co.jp/potchallenge/archives/2013/06/post_870.html 
  12. ^ ドラマ「弱虫ペダル」に小越勇輝、鈴木拡樹、馬場良馬ら舞台版キャスト多数”. ステージナタリー (2016年6月9日). 2016年6月9日閲覧。
  13. ^ 「ミュージカル『薄桜鬼』〜斎藤一篇〜」パンフレットより。

外部リンク[編集]