四千頭身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四千頭身
YONSENTOUSHIN
メンバー 後藤拓実
都築拓紀
石橋遼大
結成年 2015年[1]
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2015年 -
出身 ワタナベコメディスクール22期生
出会い ワタナベコメディスクールの同期生
現在の活動状況 ライブ・テレビ・ラジオ
芸種 主に 漫才
ネタ作成者 後藤拓実
現在の代表番組 四千ミルク、四千頭身のオールナイトニッポン0(ZERO)
過去の代表番組 AI-TV、新しい波24
同期 丸山礼森山あすか新作のハーモニカフースーヤなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴

ワタナベお笑いNo.1決定戦2018 準優勝
お笑いハーベスト大賞2018 準優勝

BSフジ 第1回 冗-1グランプリ 優勝
テンプレートを表示

四千頭身(よんせんとうしん)は、日本お笑いトリオ。所属事務所はワタナベエンターテインメント

メンバー[編集]

  • 石橋 遼大(いしばし りょうだい  (1996-09-13) 1996年9月13日(22歳) - )
    ボケ担当[1]。立ち位置は向かって右。
    東京都出身
    身長170cm
    特技は、スラムダンクの漫画単行本全31巻のサブタイトルが言えること。15秒間の中で自分の頭を立ったまま30回蹴れること、うつ伏せの状態から跳ね上がることが出来る[4]。他に好きな漫画は、ONE PIECE、ドラゴンボール、NARUTO[5]
    NMB48小田和正ファン[8]。アイドルでは48グループのことに詳しい[5]
    趣味は大相撲観戦[8]。相撲にも詳しい[5]
    小学1年生から高校3年生までサッカーをやっていた[12]
    幼稚園児の頃にSMAP×SMAPフジテレビ系)でのSMAPのコントを視てバラエティにハマったことが、芸人を目指すようになったきっかけ[1]

来歴・芸風[編集]

ワタナベコメディスクール22期生(2015年4月入学、2016年3月卒業)[13]として3人が出会う。スクール時代はそれぞれ別のグループで活動していたが、秋になってからほぼ同時期に解散し、面白いと評判があった後藤に都築と石橋が別々に声をかけたため、トリオとして結成。同スクール卒業後、ワタナベエンターテインメント所属となる。トリオ名は、ワタナベコメディスクール時代に写真でボケる練習の「写真で一言」で、石橋が後藤のスマートフォンに「ドラゴンボール」の神龍の画像を送ったところ、後藤から返って来た「(神龍は)四千頭身」という答えが印象に残っていたということに由来する[10]2016年12月27日放送『新しい波24』(フジテレビ)のスペシャルで地上波テレビ初出演[7]

芸風は主に漫才。後藤がネタ作成を担当[14]。都築と石橋の天真爛漫なボケに後藤がローテンションにツッコミを入れながらグダグダした会話を回してゆくスタイルで、脱力系漫才と言われる[10]。トリオ結成後に最初に作ったネタは、しりとりをヒントにして逆の頭取り(あたまとり)をテーマにした「頭取りゲーム」。テレビ初出演となった『新しい波24』(フジテレビ)でこのネタを披露し、話題となった[1]。後藤が作ったネタだったが、「つまらないことをいかに面白くするか」と思ってしりとりを基にやっていったら出来たという[1]。この初出演の際に後藤がたまたま体調が悪く、元気が出ない状態でネタをしたところ大ウケしたことで脱力系の芸風となった(前述の通り、収録後に心筋炎であったことが判明[7])。ネタによっては後藤と都築だけでほぼ全て進行し、石橋の台詞が極端に少ないことがある。

あらゆる賞レースでハナコに負け、準優勝止まり。

ハナコと四千頭身は因縁深いが、仲がいい為、「ハナ頭身」というライブもしている。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ
  • 夜明けの流星群(2017年8月3日・8月4日、東京・表参道GROUND)[19]
  • OVER DRIVE(2018年3月31日・4月1日、東京・表参道GROUND)[20]
  • 四千頭身のプチ単独ライブ(プチ単独の方が箱デカいんかいライブ)(2018年5月1日、東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール) ※本人たちは「単独ではなく、あくまでもプチ単独」と話している。過去2回の単独ライブよりも会場が大きい所であることで話題になった[20]

賞レース等の出場・実績[編集]

  • 2016年 M-1グランプリ 一回戦出場[21]
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出[21][22]
  • 2018年 ワタナベお笑いNo.1決定戦2018 準優勝
  • 2018年 お笑いハーベスト大賞 決勝進出
  • 2018年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2018年 M-1グランプリ 準々決勝進出

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(248)】デビュー1年目、新成人の漫才(1/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月13日). 2017年6月8日閲覧。
  2. ^ a b 四千頭身が初単独ライブ「普段あまりやらないコントもご用意してます」”. お笑いナタリー (2017年6月7日). 2017年6月8日閲覧。
  3. ^ 四千頭身 後藤拓実twitter 自己紹介
  4. ^ a b c d 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年6月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年6月8日閲覧。
  6. ^ a b 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(248)】デビュー1年目、新成人の漫才(2/2)”. サンケイスポーツ (2017年1月13日). 2017年6月8日閲覧。
  7. ^ a b c d 結成3年目「四千頭身」“生き急ぐ”ツッコミの後藤、生命線が2センチ!?”. スポーツニッポン (2018年11月14日). 2017年6月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年6月8日閲覧。
  9. ^ a b つづきひろき 四千頭身twitter 自己紹介
  10. ^ a b c 東京新聞 2018年5月2日 14面「笑う神拾う神」
  11. ^ 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年6月8日閲覧。
  12. ^ スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年6月8日閲覧。
  13. ^ ワタナベコメディスクール公式Facebook 2015年11月11日
  14. ^ FLASHスペシャル 2018新春号 p.96 - 97
  15. ^ 「ウチのガヤ」にミキや四千頭身ら、相席ケイは福士蒼汰に手料理振る舞う”. お笑いナタリー (2017年5月22日). 2017年6月8日閲覧。
  16. ^ TBS. “オールスター後夜祭” (日本語). TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  17. ^ サンドウィッチマンの天使のつくり笑い 2017年4月18日”. NHK (2017年4月18日). 2017年6月8日閲覧。
  18. ^ 四千頭身の冠ラジオ番組がスタート、投稿コーナーありの2時間生放送”. お笑いナタリー (2018年3月15日). 2018年4月16日閲覧。
  19. ^ 本編は10分で終了、まさかの構成で観客を翻弄し続けた四千頭身の初単独”. お笑いナタリー (2017年8月5日). 2017年8月5日閲覧。
  20. ^ a b 四千頭身、単独ライブより大きい会場で“プチ単独ライブ””. お笑いナタリー (2018年3月16日). 2018年5月6日閲覧。
  21. ^ a b M-1グランプリ公式サイト コンビ情報 四千頭身”. 2017年12月8日閲覧。
  22. ^ “三四郎、アルピー、とろサ、四千頭身、アイデンティティら「M-1」準々決勝へ”. お笑いナタリー. (2017年10月24日). https://natalie.mu/owarai/news/253940 2017年12月8日閲覧。 

外部リンク[編集]