コカドケンタロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コカド ケンタロウ
本名 小門 建太郎(読み同じ)
ニックネーム けんちゃん、コカド、こっかん
生年月日 (1978-08-08) 1978年8月8日(43歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 A型
身長 175cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 大阪府立東住吉高等学校
出身 NSC大阪校14期
コンビ名 市川塾(1995年 - 1998年)
ロッチ(2005年 - )
トリオ名 サタディサンディ
→ジャムパン
→ギャルソンズ(2000年 - 2003年)
相方 吉良博之、高山和也(ギャルソンズ)
中岡創一(ロッチ)
芸風 コント(ツッコミ)
立ち位置
事務所 吉本興業
プロダクション人力舎
ワタナベエンターテインメント
活動時期 1995年 -
同期 フットボールアワー
国崎恵美など
現在の代表番組 爆笑レッドシアターなど
配偶者 未婚
テンプレートを表示

コカド ケンタロウ(本名:小門 建太郎(読み同じ)、1978年8月8日 - )は、日本お笑い芸人。お笑いコンビ・ロッチのツッコミ、ネタ作り担当。相方は中岡創一。立ち位置は向かって左。ワタナベエンターテインメント所属。大阪NSC14期生。大阪府大阪市出身。A型。身長175cm。体重65kg。

経歴[編集]

1994年10月、大阪NSCへ14期生として入学。卒業後は「市川塾」というコンビで活動(当時は吉本興業所属、1998年解散)。

その後、元「レトロマニア」の吉良博之、元「デモしかし」の高山和也とトリオ「サタディサンディ」を結成(当初は吉本興業(baseよしもと)所属)。その後「ジャムパン」と改名し、2000年プロダクション人力舎へ移籍。その後「ギャルソンズ」と改名し、ワタナベエンターテインメントへ移籍。2001年に高山が脱退し(その後「超新塾」の結成を経て、作家に転身)、以降はコンビとして活動。2003年解散。

2005年、元3児の中岡創一と「ロッチ」を結成。ネタ作成を担当している。現在の相方である中岡とは、友達を含めた沖縄旅行をきっかけに意気投合した。

2014年、かねてから悩んでいた滑舌の悪さを改善するための手術を受けたが[1]、そこまで劇的な改善は見られず、未だに滑舌の悪さを弄られている。

人物[編集]

相方である中岡のポンコツキャラに対して「しっかりした方」と見られることも多いが、コカド本人も天然ボケである。

35歳頃まで、デザートを「ゼザート」と言っていたが、滑舌の悪さも相まって誰にも指摘されずに勘違いしたまま過ごしていた。中岡に指摘されたことでようやく勘違いに気づいたという。反対に、中岡が台風を「だいふう」(濁音)と読んでいることをコカドが指摘した。

出演[編集]

※コンビでの出演作はロッチの項を参照のこと。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “ロッチ・コカド、舌の手術で滑舌やや改善?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年6月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2038592/full/ 2021年10月3日閲覧。 
  2. ^ ドラマ「おしゃ家ソムリエおしゃ子!2」伊藤あさひ・SWAYら男性ゲスト一挙10人発表”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年9月22日). 2021年11月20日閲覧。
  3. ^ “松坂桃李「あの頃。」に仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月1日). https://natalie.mu/eiga/news/398648 2021年10月3日閲覧。 
  4. ^ “「綾鷹 特選茶」リニューアル、吉岡里帆&コカドケンタロウで新CM”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴジェイピー). (2020年3月30日). https://news.dwango.jp/tv/47906-2003 2021年10月3日閲覧。 
  5. ^ “「綾鷹 特選茶」リニューアル 製品リリース”. コカ・コーラ・ジャパン. https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20200330-11 2021年10月3日閲覧。 
  6. ^ おかんの結婚 僕の結婚”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2021年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]