小泉孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こいずみ こうたろう
小泉 孝太郎
生年月日 (1978-07-10) 1978年7月10日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
身長 177 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優タレント司会者
ジャンル 映画テレビドラマCMバラエティ
活動期間 2001年 -
著名な家族 小泉由兵衛(高祖父)
小泉又次郎(曾祖父)
泰道照山(曾祖父)
小泉純也(祖父)
小泉芳江(祖母)
小泉純一郎(父)
小泉進次郎(弟)
事務所 イザワオフィス
公式サイト IZAWA OFFICE 小泉孝太郎
主な作品
テレビドラマ
波の塔
ハケンの品格
コールセンターの恋人
魔性の群像 刑事・森崎慎平シリーズ
杉村三郎シリーズ
ミステリー作家・朝比奈耕作シリーズ
警視庁ゼロ係
ブラックペアン
グッドワイフ

小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう、1978年7月10日[2] - )は、日本俳優タレント司会者神奈川県横須賀市出身[1]イザワオフィス所属[2][3]

父は第878889内閣総理大臣小泉純一郎、弟は政治家小泉進次郎[1]

略歴[編集]

神奈川県横須賀市生まれ[1]

関東学院六浦小学校[4]関東学院六浦中学校[4]関東学院六浦高等学校卒業[5]。高校時代は野球部に所属し甲子園を目指していたが、3年生の地方大会のときに腰を痛め、ベンチに入れず応援する側に回った[6]。チームは地方大会の1回戦で敗退し、本人も野球の道を断念した[6]

父に政治家への道を反対され、「ほかに夢中になれることを探せ」という一言から俳優を志す[7]

2000年に開催された「21世紀石原裕次郎を捜せ」オーディションに応募するも身長が180cmに満たなかったために二次審査で落選[1]。しかし翌年の2001年に父・純一郎が内閣総理大臣になると複数の芸能事務所から声がかかり、芸能界入りが決定[1]。同じ事務所の先輩であるいかりや長介に師事した[1]。デビューとなるCMの出演依頼は15社にものぼった[8]

2002年、テレビドラマ『初体験』で俳優デビュー[9]

人物[編集]

仲の良い芸能人は、細川茂樹[10]ムロツヨシ[7][11]などがいる。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

  • Antenna K(2005年 - 、bayfm

朗読オーディオブック[編集]

WEB[編集]

CM[編集]

雑誌連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 小泉孝太郎 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ a b IZAWA OFFICE >> 小泉孝太郎”. イザワオフィス. 2018年8月15日閲覧。
  3. ^ バーニング系列のプロダクションオーロラが一部介入。
  4. ^ a b 関東学院六浦中学校・高等学校 トップページ”. 関東学院六浦中学校・高等学校 (2007年8月6日). 2007年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月14日閲覧。関東六浦トピックス バックナンバー 2007.08.06「竹中直人さん、小泉孝太郎さんが母校を訪問しました。お二人にインタビューを敢行しました。」の本人の発言より。
  5. ^ 竹中直人さん(22回卒)小泉孝太郎さん(45回卒)が母校で撮影「ボクらの学校」(日テレ 8/11) (PDF)”. 六葉会会報vol.19. 関東学院六葉会. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 浅原奈美 (2008年7月8日). “今夏の高校野球の"顔"小泉孝太郎が叫ぶ - 「今からでも甲子園に出たい!」”. マイナビニュース. マイナビ. 2018年8月15日閲覧。
  7. ^ a b “「政治家の道、反対された」首相一家の絆を語る・俳優の小泉孝太郎さん”. 神奈川新聞ニュース. (2018年11月17日). https://www.kanaloco.jp/article/372540/ 2018年11月23日閲覧。 
  8. ^ a b “小泉孝太郎サントリーの顔に 10月発売発泡酒CM決定”. スポーツ報知. (2001年8月31日). オリジナルの2001年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011006104525/http:/www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20010831_10.htm 2018年11月23日閲覧。 
  9. ^ “孝太郎 水野美紀の弟役 フジ系ドラマ「初体験(仮)」”. スポーツ報知. (2001年11月15日). オリジナルの2001年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011121044014/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20011115_80.htm 2019年7月4日閲覧。 
  10. ^ “細川茂樹:“家電俳優”改め“住宅展示場俳優”に 小泉孝太郎と濃密“男子トーク””. MANTANWEB. (2011年8月6日). https://mantan-web.jp/article/20110805dog00m200032000c.html 2018年8月15日閲覧。 
  11. ^ 小泉孝太郎、ムロツヨシ愛を告白「自分よりムロさんの成功の方が嬉しかった」”. テレビドガッチ (2018年7月18日). 2018年8月15日閲覧。
  12. ^ テレ東・船越英一郎主演「刑事吉永誠一」シリーズ、12・28完結へ”. ORICON STYLE. オリコン (2016年12月9日). 2016年12月15日閲覧。
  13. ^ 【お知らせ】”. おわこんTV. NHK (2014年10月2日). 2014年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月4日閲覧。
  14. ^ 小泉孝太郎&武田鉄矢が初共演!臓器売買の闇と医療倫理に迫る”. シネマトゥデイ (2015年5月19日). 2015年5月19日閲覧。
  15. ^ 小泉孝太郎「プライベートの予定キャンセルした」 『下町ロケット』出演に歓喜”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。
  16. ^ 小泉孝太郎、KY刑事役で新境地なるか 父譲り(!?)の“変人”ぶりに期待”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月23日). 2015年11月24日閲覧。
  17. ^ “小泉孝太郎“KY刑事”再び テレ東「警視庁ゼロ係」7月スタート”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/16/kiji/20170515s00041000334000c.html 2017年5月16日閲覧。 
  18. ^ “小泉孝太郎主演ドラマ、シリーズ第3弾が7月放送へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806070000869.html 2018年6月8日閲覧。 
  19. ^ “小泉孝太郎&松下由樹「警視庁ゼロ係」がシーズン4へ突入!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月26日). https://thetv.jp/news/detail/188170/ 2019年4月26日閲覧。 
  20. ^ WOWOW『沈まぬ太陽』 キャスト追加発表&5・8スタート”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月13日). 2016年3月25日閲覧。
  21. ^ 小泉孝太郎、NHKドラマ初主演 “落ちこぼれJK”川口春奈と東大目指す「完全燃焼させます!」”. オリコン (2016年5月20日). 2016年5月20日閲覧。
  22. ^ “小泉孝太郎主演の新ミステリーシリーズ。「これまでにない2時間ドラマになった」”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2016年5月9日). https://www.tvguide.or.jp/news/20160509/02.html 2019年4月26日閲覧。 
  23. ^ “小泉孝太郎がミステリー小説家役!島を舞台にした毒殺事件の真相に迫る”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2018年3月12日). https://dogatch.jp/news/tbs/52801/detail/ 2019年4月26日閲覧。 
  24. ^ 出演者紹介”. 24時間テレビドラマスペシャル. 日本テレビ (2016年). 2019年1月6日閲覧。
  25. ^ 小泉孝太郎、天海祐希と4年半ぶり共演 “対立関係”に「バチバチとやり合いたいORICON NEWS”. オリコン (2016年9月12日). 2017年9月18日閲覧。
  26. ^ 向井理×斎藤工W主演『アキラとあきら』に小泉孝太郎、田中麗奈、松重豊ら”. CINRA.NET (2017年4月20日). 2017年9月18日閲覧。
  27. ^ “二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」に竹内涼真、葵わかなが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月21日). https://natalie.mu/eiga/news/270366 2018年2月21日閲覧。 
  28. ^ 小泉孝太郎、絶妙なネタバレ回避 上川隆也も感心「僕も同じシーンを言おうと思った」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年8月31日). 2018年10月11日閲覧。
  29. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  30. ^ 「ミキモト」の真珠作りの秘密とは!? 製作現場に潜入取材”. テレビドガッチ (2017年3月14日). 2018年11月23日閲覧。
  31. ^ “小泉孝太郎、フジ系水10でレギュラーバラエティー番組初司会!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年3月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160304/geo16030405030011-n1.html 2016年3月4日閲覧。 
  32. ^ “小泉孝太郎 テレ東の五輪キャスターに”. デイリースポーツ. (2016年3月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/03/25/0008924647.shtml 2016年3月25日閲覧。 
  33. ^ “菅野美穂&小泉孝太郎、役柄に共感 ディズニー映画『ベイマックス』”. ORICON NEWS. (2014年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2046228/full/ 2017年2月16日閲覧。 
  34. ^ 『鈍感力』渡辺淳一×小泉孝太郎”. e-Spirit Books. 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月3日閲覧。
  35. ^ “小泉孝太郎、爆笑問題と共演”. スポーツ報知. (2001年11月29日). オリジナルの2001年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011217225833/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20011129_130.htm 2019年7月4日閲覧。 
  36. ^ “小泉孝太郎、結婚し40代でマイホームを”. デイリースポーツ. (2016年4月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/28/0009032348.shtml 2016年4月28日閲覧。 
  37. ^ 渋谷恭太郎 (2018年10月6日). “話題沸騰、「ハズキルーペ」CMの意外な裏側”. 東洋経済ONLINE. 東洋経済新報社. 2018年10月11日閲覧。
  38. ^ <“\「ジャン 焼肉の生だれ」発売40周年/ 小泉孝太郎さん主演「ジャン」TVCM放映” (プレスリリース), モランボン, (2019年4月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000225.000005331.html 2019年6月13日閲覧。 
  39. ^ 「Domani Column Buffet 新連載 小泉孝太郎の38歳の“独り”ごと」『Domani』2016年12月号、小学館、2016年11月1日、 262頁。

外部リンク[編集]