こたけ正義感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こたけ正義感せいぎかん
本名 小竹 克明(こたけ かつあき)[1]
別名義 小竹 正義感(2017年 - 2019年)
生年月日 (1986-05-12) 1986年5月12日(37歳)
出身地 日本の旗 日本京都府
身長 177cm
最終学歴 立命館大学法科大学院
出身 ワタナベコメディスクール24期
コンビ名 ほどよし(2017年 - 2019年)
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2017年 -
同期 Gパンパンダ
リンダカラー
他の活動 弁護士
配偶者 あり
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示
こたけ正義感
YouTube
チャンネル
活動期間 ギルティー 2022年 -
TV 2020年 - 2021年
登録者数 ギルティー 10.1万人
TV 7千人
総再生回数 ギルティー 1540万回
TV 113万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年3月14日時点。
テンプレートを表示

こたけ 正義感(こたけ せいぎかん、1986年5月12日[2] - )は、京都府出身の日本お笑い芸人弁護士ワタナベエンターテインメント所属。本名は小竹 克明(こたけ かつあき)[1]

経歴[編集]

2005年、京都府立山城高等学校卒業。2009年香川大学法学部を卒業後、立命館大学法科大学院を修了し、愛媛県での司法修習を経て2012年東京弁護士会に登録。都内の法律事務所に勤務し、社会人コースのあるワタナベコメディスクールに24期生として入学[1]2017年に同期の木田雄貴(現在は「うに桜」として吉本興業に所属)とお笑いコンビ「ほどよし」を結成する。

同期にはGパンパンダリンダカラーなど。主に漫才を演じボケを担当した。当時の芸名は漢字で小竹正義感であった。

現役弁護士芸人というプロフィールで、デビュー直後より『ウチのガヤがすみません!』などのテレビ番組に出演するが、2019年にコンビも解散となった。以降は現在の芸名に改め、ピン芸人として活動している。

M-1グランプリ2021ではワタリ119とのユニット「ワタリ正義感」として出場し、3回戦に進出した[3]R-1グランプリ2022では準々決勝に進出。

ワタナベお笑いNo.1決定戦2022では、法律を題材としたフリップ芸で最終決戦に進出し準優勝。最終結果発表の際に審査員の加地倫三小松純也に称賛され、優勝を逃したにもかかわらず嬉しさのあまり号泣してしまうというシーンもあった。

R-1グランプリ2023では敗者復活戦をアピールするための宣伝カーを自費で作成し、東京都内を走らせて話題を呼んだ[4]。その努力が功を奏し、復活ステージではインターネット投票第一位に選ばれファイナリスト入りした[5][6]

2022年3月からYouTubeチャンネル「こたけ正義感のギルティーチャンネル」でも活動。のちに番組オープニング曲とエンディング曲に、こたけのラジオリスナーでもある作曲家・若林タカツグによるものが採用されている[注 1]。2023年6月からは法廷バトルアドベンチャーゲーム逆転裁判』シリーズのゲーム実況動画の公開を開始。動画公開後はお笑いファンやゲームファンのみならず、各界の著名人からも大きな反響を得る[7][8]。2024年1月にはカプコン公式YouTube配信「カプコンTV!!」に出演し狩野英孝と共にゲームをプレイする。他にはお笑い賞レース終了後に、その参加者のネタに好意的な感想を述べつつ、ネタ内に犯罪や不法行為が含まれていると難癖をつけて失格と斬る「○○のネタ全組リーガルチェックしてみた」動画を公開することが定番化している[9]

人物[編集]

  • 既婚者で、妻はこたけと同期の弁護士で、グーグル米国本社の専属弁護士として勤務している[10]
  • 兄の小竹佑典吉本興業所属の俳優である。
  • お笑いへの情熱が強く、事務所から文化人枠への所属変更を打診されたことがあるが断った[11]

芸風[編集]

フリップ芸で、「弁護士ですら理解の及ばない法律」と称して、変わった法律を紹介している[11]

出囃子[編集]

菅野よう子×石毛輝 from the telephones「Guilty」[注 2]

賞レース成績[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

2022年[編集]

2023年[編集]

2024年[編集]

ラジオ[編集]

2022年[編集]

2023年[編集]

2024年[編集]

ライブ・舞台[編集]

新聞・書籍[編集]

  • 愛する家族と別居してでも...弁護士芸人・こたけ正義感が「お笑いを続ける理由」[26]-THE21(ザニジュウイチ)7月号(2023年6月6日、PHP研究所
  • ウケるなら大声も出すし、叫びながら転がったっていい-THE21(ザニジュウイチ)10月号(2023年9月6日、PHP研究所
  • anan[27](2023年10月11日、マガジンハウス
  • 失敗も人生の「フリ」 弁護士芸人・こたけ正義感が受験で得た心持(2023年12月28日、朝日新聞デジタル

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2023年12月8日公開の第63回ギルティーラジオにて若林タカツグ氏作曲のオープニングとエンディング曲が公開される。若林タカツグ氏はこたけ正義感のファンであり、自ら進んで該当曲を作曲しラジオへ贈呈した。
  2. ^ こたけ正義感のギルティーチャンネルのラジオ番組『ギルティーラジオ』にてリスナーの推薦から選出された経緯がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c "KAGAWA UNIVERSITY'S ALUMNI 弁護士×お笑い芸人「ほどよし」 小竹 克明氏" (PDF). かがアド 第29号 (PDF). Vol. 2018 WINTER. 香川大学. 2018年. pp. 17–18. 2023年9月7日閲覧
  2. ^ ほどよし - コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ ワタリ正義感 - コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年11月8日閲覧。
  4. ^ 現役弁護士芸人、衝撃の行動力に「ハンパじゃない」「面白すぎ」と爆笑 ド派手“R-1宣伝カー”を自作”. ENCOUNT. Creative2 (2023年3月3日). 2023年9月7日閲覧。
  5. ^ 【R-1グランプリ】復活ステージの勝者はこたけ正義感、昨年は準々決勝で敗退”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2023年3月4日). 2023年9月7日閲覧。
  6. ^ こたけ正義感が復活ステージ勝ち上がり「R-1グランプリ2023」決勝へ”. お笑いナタリー. ナターシャ (2023年3月4日). 2023年9月7日閲覧。
  7. ^ 荒川真輝 (2023年7月16日). “R-1決勝進出、芸人こたけ正義感の『逆転裁判』ツッコミゲーム実況が爆笑必至”. KAI-YOU.net. KAI-YOU. 2023年9月7日閲覧。
  8. ^ 「『異議あり!』の使い方が違う」 芸人・こたけ正義感が『逆転裁判』に弁護士による容赦ないツッコミで応戦”. リアルサウンド. 2023年8月26日閲覧。
  9. ^ 新越谷ノリヲ「『キングオブコント』は違法行為で全組失格!? 弁護士芸人・こたけ正義感の審判」『日刊サイゾー』2023年10月30日。2024年3月14日閲覧
  10. ^ 弁護士芸人「グーグルで…」妻の経歴も凄かった!共演者驚嘆「かなり優秀」「スーパーエリート」」『Sponichi Annex』2023年8月31日。2024年3月14日閲覧
  11. ^ a b 現役弁護士芸人「ゴッドタン」出演に歓喜 鬼越に「守秘義務守れませんでした」”. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2022年6月26日). 2022年7月1日閲覧。
  12. ^ 「第43回ABCお笑いグランプリ」決勝進出12組発表 4度目決勝のカベポスター「今度こそ」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2022年6月24日). 2022年6月24日閲覧。
  13. ^ 「ワタナベお笑いNo.1決定戦」決勝12組が決定、ちゃんぴおんず&こたけ正義感が敗者復活”. お笑いナタリー. ナターシャ (2023年3月26日). 2023年9月7日閲覧。
  14. ^ 「第44回ABCお笑いグランプリ」天才ピアニスト、こたけ正義感、ヨネダ2000ら決勝進出12組&決勝戦のブロック分け決定”. Webザ・テレビジョン. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ 準決勝進出者が決定しました!|R-1グランプリ”. note(ノート) (2024年2月7日). 2024年2月11日閲覧。
  16. ^ こたけ正義感「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」全問正解で300万円獲得!「7月に子どもが生まれるんで、出産費用と育児の費用に」”. 日本テレビ. 日本テレビ放送網 (2023年6月16日). 2023年9月7日閲覧。
  17. ^ 北村晴男&こたけ正義感が共演 かまいたち「弁護士と弁護士、すごい組み合わせ」”. マイナビニュース. 2023年8月23日閲覧。
  18. ^ 「フットンダ王決定戦」こたけ正義感と村田大樹がワイルドカードで地上波へ!予選会ライブ白熱”. お笑いナタリー編集部. 2023年12月23日閲覧。
  19. ^ 2022年05月20日(金)放送”. TBSラジオ. 2023年3月4日閲覧。ママ
  20. ^ 2022年12月09日(金)放送”. TBSラジオ. 2023年3月4日閲覧。ママ
  21. ^ 2022.11.28 石井亮次と福島暢啓のフダンギダンギ。Withこたけ正義感(アフター映像付き) (YouTube配信). MBS1179RADIO. 2022年12月1日. 2023年9月7日閲覧
  22. ^ こたけ正義感 意義あり!? おもしろい法律の話”. NHK. 2023年9月29日閲覧。
  23. ^ ロビンソンズ きたざわひとし [@kitazawa1104] (2023年2月27日). "【ゲスト】リニア、サンシャイン、こたけ正義感". X(旧Twitter)より2023年9月7日閲覧
  24. ^ ロビンソンズ 山﨑のぼる [@noboruyamazaki] (2023年2月28日). "『ロビンソンズのふわふわもふもふvol.2』ありがとうございました!月末にもかかわらずお越しくださったお客様、そしてゲストのリニア、サンシャイン、こたけ正義感、スタッフさんありがとう!". X(旧Twitter)より2023年9月7日閲覧
  25. ^ こたけ正義感 [@kotake_seigikan] (2023年2月26日). "火曜日はこちらのライブに出させてもらいます!!優しき先輩!ロビンソンズさんの主催ライブ!". X(旧Twitter)より2023年9月7日閲覧
  26. ^ 愛する家族と別居してでも...弁護士芸人・こたけ正義感が「お笑いを続ける理由」”. PHPオンライン. 2023年10月5日閲覧。
  27. ^ anan No. 2367”. anan. 2023年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]