こたけ正義感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こたけ正義感
本名 小竹克明(こたけかつあき)
別名義 小竹正義感(2017年 - 2019年)
生年月日 (1986-05-12) 1986年5月12日(36歳)
出身地 京都府
身長 177cm
最終学歴 立命館大学法科大学院
出身 ワタナベコメディスクール24期
コンビ名 ほどよし(2017年 - 2019年)
芸風 めくり芸
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2017年 -
同期 Gパンパンダ
リンダカラー
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

こたけ 正義感(こたけ せいぎかん、1986年5月12日[1] - )は日本のお笑い芸人弁護士ワタナベエンターテインメント所属。本名・小竹克明(こたけ かつあき)。

経歴[編集]

京都府出身。2009年香川大学法学部を卒業後、立命館大学法科大学院を修了し、愛媛県での司法修習を経て、2012年東京弁護士会に登録。都内の法律事務所に勤務。社会人コースのあるワタナベコメディスクールに24期生として入学し[2]2017年に同期の木田雄貴(現在は「うに桜」として吉本興業に所属)とお笑いコンビ「ほどよし」を結成。

同期にはGパンパンダリンダカラーなど。主に漫才を演じ、ボケを担当した。当時の芸名は漢字で小竹正義感であった。

現役弁護士芸人というプロフィールで、デビュー直後より「ウチのガヤがすみません!」などのテレビ番組に出演するが、2019年にコンビ解散。以降は現在の芸名に改め、ピン芸人として活動している。

M-1グランプリ2021ではワタリ119とのユニット「ワタリ正義感」として出場し、3回戦に進出した[3]R-1グランプリ2022では準々決勝に進出。

ワタナベお笑いNo.1決定戦2022では法律を題材としたフリップ芸で最終決戦に進出し、準優勝。最終結果発表の際に審査員の加地倫三小松純也に称賛され、優勝を逃したにも関わらず嬉しさのあまり号泣してしまうというシーンもあった。

人物[編集]

  • 既婚者で、妻も弁護士。アメリカGoogle本社に国際弁護士として勤務している[4]
  • お笑いへの情熱が強く、事務所から文化人枠への所属変更を打診されたことがあるが断った[4]

賞レース成績[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ほどよし | コンビ情報 | M-1グランプリ 公式サイト”. M-1グランプリ 公式サイト. 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ P10.pdf (PDF)”. 香川大学. 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ ワタリ正義感 | コンビ情報 | M-1グランプリ 公式サイト”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年11月8日閲覧。
  4. ^ a b 現役弁護士芸人「ゴッドタン」出演に歓喜 鬼越に「守秘義務守れませんでした」(デイリースポーツ)”. Yahoo!ニュース (2022年6月26日). 2022年7月1日閲覧。
  5. ^ 「第43回ABCお笑いグランプリ」決勝進出12組発表 4度目決勝のカベポスター「今度こそ」(日刊スポーツ)”. Yahoo!ニュース. 2022年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]