プチ鹿島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プチ鹿島
本名 鹿島智広
生年月日 (1970-05-23) 1970年5月23日(49歳)
血液型 O型
身長 157 cm
言語 日本語
最終学歴 大阪芸術大学放送学科
出身 日本の旗 日本 長野県千曲市
コンビ名 骨太熱
鹿島商業
第三勢力
俺のバカ
(いずれも解散)
芸風 漫談
事務所 ワタナベエンターテインメント
現在の代表番組

サンデーステーション

水曜日のニュース・ロバートソン
配偶者 既婚
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

プチ鹿島(プチかしま、1970年5月23日 - )は、日本お笑いタレントコラムニスト。本名:鹿島 智広(かしま ともひろ)。ワタナベエンターテインメント所属。

来歴[編集]

長野県千曲市出身。高田文夫に憧れて、高田と同じ日本大学芸術学部に進学したいと思っていたが、大阪芸術大学の推薦入試合格の方が先に決まっていた。大阪芸術大学放送学科卒業。

大学時代、友達とラップグループ『イエローモンキークルー』を結成し、第二回チェック・ユア・マイク・コンテスト(ECD主催)で優勝。CDを発売している[1]。そして、大学卒業後、高田の番組を聴きたいという一心で上京した[2]

「骨太熱」、「鹿島商業」、「第三勢力」というお笑いグループでの活動を経て、2003年にバカ野坂と『俺のバカ』を結成。俺のバカ時代はツッコミ役を務め、チョビ髭がトレードマークとし、バカ野坂の“調教師”という設定として、いつも(というよりは縄跳び跳び縄を改造したようなもの)を持ったネタなどを披露していた。2007年9月に野坂が脱退したことに伴い、ピン芸人として活動を開始。時事ネタを得意としており、“時事芸人”を自称している[3]

大川興業、エーライフプロダクツ、ニチエンプロダクションを得て、2011年4月より、芸人活動に絞る為に再度フリーに転向。2012年5月よりオフィス北野に所属。

2018年4月23日、所属していたオフィス北野のマネジメント問題から、出演している『東京ポッド許可局』(TBSラジオ)の東京ポッド許可局局員(米粒写経居島一平サンキュータツオ)、マキタスポーツ)で、フリーエージェント宣言を行った[4]。その後、同年6月18日放送分の同番組内にてワタナベエンターテインメントへ所属する事を発表した[5][6]

人物[編集]

著作[編集]

出演番組[編集]

俺のバカ#出演の節も参照。

テレビ[編集]

ドラマ
その他

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

連載[編集]

メールマガジン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸よりヒクソン・グレーシー来たる。”. プチ鹿島ブログ「俺のバカ」 (2007年11月10日). 2013年12月16日閲覧。
  2. ^ a b ラジオライフ三才ブックス)2014年1月号「プチ鹿島 DJ interview」より。
  3. ^ プチ鹿島のプロフィール より。
  4. ^ “マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経が語るオフィス北野FA宣言の真意 たけしの助言を胸に新たな一歩”. ORICON NEWS. (2018年4月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2110082/full/ 2018年4月28日閲覧。 
  5. ^ “マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経がワタナベエンタ入り発表!”. スポーツ報知. (2018年6月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180618-OHT1T50212.html 2018年6月19日閲覧。 
  6. ^ ““FA宣言”のマキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経、オフィス北野からワタナベエンタに移籍”. ORICON NEWS. (2018年6月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2113889/full/ 2018年6月19日閲覧。 
  7. ^ 『プロ野球ネットワーク』の枠外であるが、2017年5月4日21:00-22:00に関東地区ローカルでも放送された。

外部リンク[編集]