グレート義太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレート義太夫
本名 鈴木 正之
ニックネーム たけし軍団弁慶
生年月日 1958年12月26日(57歳)
出身地 東京都板橋区
血液型 B型[1]
最終学歴 亜細亜大学中退
師匠 ビートたけし
グループ名 たけし軍団
芸風 音楽演奏、ギター漫談
事務所 オフィス北野
活動時期 1982年 -
過去の代表番組 オレたちひょうきん族
足立区のたけし、世界の北野
痛快なりゆき番組 風雲!たけし城
他の活動 ミュージシャン、作家
配偶者  独身(離婚歴あり)
親族 小結國登國生(叔父)
公式サイト 義太夫の部屋

グレート義太夫( - ぎだゆう、本名:鈴木 正之(すずき まさゆき)、1958年12月26日 - )は、日本お笑いタレントミュージシャンである。

東京都板橋区出身。オフィス北野所属。京華高等学校卒業、亜細亜大学中退。

プロフィール[ソースを編集]

大学時代、音楽系サークルでドラマーとして活動しているうちに、プロミュージシャンを目指すようになる。バンド『雷神』を組み、アマチュアとして活動していた。

ビートたけしのオールナイトニッポン』のリスナーであった義太夫は、ビートたけしのファンとなり弟子志願をするが、その際ドラムが特技であることを披瀝し、当時のたけしのバックバンド『シークレット・ポリス』に加入することになった。しかし実際には先にレギュラーメンバーのドラマーがいたため、パーカッションとして参加。その後たけし軍団が8人編成から10人編成へ移行する際、井手らっきょとともにたけし軍団に正式加入。ただし特徴のあるキャラクターからか、実際には10人編成の時期より以前に、『オレたちひょうきん族』や一連のバラエティ黄金期の番組に既に出演していた。

名前の由来は、当時プロレスで“毒霧”を吹く謎のレスラーザ・グレート・カブキを揶揄して、風貌が太った体型でだらりとした長髪であったことも共通していたため、“歌舞伎”を“義太夫”と洒落て命名された。

『シークレット・ポリス』時代は、楽曲『浅草キッド』の作曲時にたけしにアドバイザーとして関わり、またライブアルバム『野戦病院〜ビートたけし&たけし軍団ライブ』(1985年7月5日発売)収録の楽曲『バラード』の作詞作曲を行っており、陰のたけしの音楽ブレーンとしての存在面があった。ただしこれらの印税は太田プロサイドの判断で本人には振り込まれていない。

その後たけしらとともに雑誌社フライデー襲撃事件にも参加した。その際、消火器を持って大暴れし、「たけし軍団の弁慶」とネタにされた。

一時期、顔が麻原彰晃に似ていたため「麻原彰晃の弟ではないか」と都市伝説になったこともある。

かなりの好きである。元 小結國登國生は叔父にあたる。

ミュージシャン活動としては 1992年にたけしと宮沢りえが共演したエースコックスーパーカップのCMソングの作詞、作曲を担当した。その他にも細川ふみえ『ポチにやつあたり』、中條かな子『ことばさがして』、日高のり子『十年後の私』などを作曲した。また『亀有ブラザース』では演奏を担当した。

近年は蜷川幸雄演出作品の常連。コメディ・リリーフとして重宝されている。2006年、『タイタス・アンドロニカス』の再演では、イギリスのロイヤル・シェイクスピア・シアターでの公演も経験。道化役を演じ、観客の爆笑を取っていた。

事務所の後輩マキタスポーツのバンド『マキタ学級』のサポートギタリストでもあり、そのブルージーなギターサウンドはファンも多い。アルバム『金もうけ』では、スケジュールの関係でレコーディングにあまり参加出来ず、コーラスと『NEWS』という曲のギターのみとなっている。

2002年に長年の同棲相手と結婚したが、2006年に離婚している。

2009年6月、自らの糖尿病生活を綴ったエッセイ「糖尿だよ、おっ母さん!」を発表。

現在は週数回の人工透析が欠かせない状態であるが、舞台出演のほか、落語、ギター漫談にも取り組んでいる。たけしが大会最高顧問を担当する「THE MANZAI2014」では、オープニングで、ドラム演奏を披露している。

出演作品[ソースを編集]

テレビ番組[ソースを編集]

ラジオ番組[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

コンピュータゲーム[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ グレート義太夫のプロフィール”. グレート義太夫オフィシャルブログ 糖尿ちょっとチョコ喰う. 2014年10月4日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]